NEWS物件・店舗工事に関する「今」知りたい情報

2017.06.28|店舗運営ノウハウ

心理学を応用した店舗づくり|照明と色彩が与える影響力

心理学を応用した店舗づくり|照明と色彩が与える影響力

お店では日々たくさんの人達が訪れ、働いています。多くの人達が滞在している店舗空間では人間に優しい空間作りも大切な要因のひとつです。人間が無意識の中で良いと思ったり、快適と感じることは心理学に基づいて作り上げることが出来ます。

 

人間の深層心理に訴えかける店舗設計によってリピーターが増えるきっかりになったり、従業員の作業効率が上がる効果も期待できます。

 

心理学を活用した照明テクニック

まず、店舗設計の中で最も人間の心理に影響を与えると言われているのが「照明」です。明るさを調整したり、色を変えたりと様々な演出が可能となります。物販店などでは店内を明るくする事で来店客アップが期待できます。人間は明るいところに引き付けられると言われているためです。


身近なもので言うと「コンビニ」がこの効果を活用していると言われています。この効果は「サバンナ効果」と言われており、コンビニだけでなく、飲食店などでも活用されています。アプローチがある料亭などでは、門の付近を薄暗くし、店内の入口辺りが明るくなっている場合が多く見られます。サバンナ効果の最大の効果は、明るさで人を引き付けると同時に安心感も与えられるというところです。


また、店内の照明テクニックもお客様に与える影響は大きくなります。高級フレンチレストランなどは比較的店内全体が明るいお店が多くあります。その理由としては、料理やお皿の色が「味」に影響していると言われているからです。シェフがこだわりを持って作った料理を存分に楽しんでもらうためには店内全体が明るく色の見分けが付きやすい明るさにするのがオススメです。


しかし店内が明るくなると隣のテーブル客の顔なども見えやすくなってしまうので、お客様にリラックスしてもらうためにもテーブル間隔に余裕を持たす必要があるでしょう。反対に料理よりもお酒をたくさん楽しんでもらい、注文数を増やしたいという場合には、店内を薄暗い雰囲気にするのがオススメです。


人は「暗いところの方が心を開きやすい」と言われています。心を開き会話が盛り上がると、グラスを傾ける回数も増え、お酒を飲むペースが早くなってきます。その中でも料理を楽しんでもらうために、テーブルを照らすようにスポットライトを取り付けると良いでしょう。そうすることで、お酒を楽しみながら料理も同時に楽しめるような空間が出来上がります。

 

性別の違いによって話しやすい空間の広さが違う?

客席は極力広くゆったりした方がお客様には良いと思われることが多いと思いますが、ターゲット層(特に性別の違い)やどんなシチュエーションで使って欲しいかなどによって変わってくると言われています。


男性グループをターゲットにしたい場合、比較的広く客席空間を取るのがオススメです。男性は広い空間の方が穏やかに会話ができ、グループ全体での会話が盛り上がりやすいと言われています。反対に女性グループをターゲットにする場合は、小さい個室や距離感が狭くなる空間の方が和やかな雰囲気で会話ができると言われています。

 

色彩が与える影響

この世の中にあるものほぼ全てに「色」は付いています。その「色」は人間に対して様々な影響を与えます。そのため、全国展開しているチェーン店などでは積極的に「色」をマーケティングなどにも活用しています。


ファストフード店などでは、赤などの暖色系が用いられることが多くみられます。その理由としては、赤や黄色、オレンジなどは食欲を刺激する色と言われており、お腹が減っている時はとても魅力的に感じられる色と言われています。また、精神的に興奮を与える影響もあるため、店内でリラックスしにくくなり、来店客の滞在時間が短くなる傾向にあり、回転率が上がり売上アップに繋がるとも言われています。


反対に、青などの寒色系の色は食欲を減衰させると言われており、飲食店には向かないと思われていますが、沈静効果があるため、お酒を飲んでリラックスするような場所では効果的と言えます。


カフェなどの日中に長時間滞在するような場所では、木目などのリラックスできる色味が好まれると言えるでしょう。店内の仕上げや装飾だけでなく、料理を提供する「お皿」の色も人間の心理大きな影響を与えると言われています。白いお皿は、どんな料理にも合い、シンプルな盛り付けでも料理を主役として引き立たせる効果があるため、様々な業態で活躍するでしょう。


反対に黒などの濃い色のお皿は「高級感」が演出されます。料理が明るめな色味をしている場合はコントラストがはっきりとして美しく見えるようになります。から揚げなどの茶色や濃い色の料理を黒いお皿で提供する際には、白い紙などの上に料理を乗せると高級感が出ると言われています。

 

まとめ

お店を作り上げる上で、装飾品や壁などの仕上材以外に「明るさ」や「色彩」にこだわることによって、伝えたいメッセージがよりお客様に伝わりやすくなります。どのようなお店にしたいかというコンセプトを明確にし、そのコンセプトを最大限に引き出せる店舗を作り上げてください。

 
,
,


店舗を初めて出す方におすすめな情報2店舗目以降を出す方におすすめな情報
お気軽に見積依頼・ご相談ください 0120-390-865
店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする