NEWS物件・店舗・オフィス工事に関する「今」知りたい情報

2018.02.22|店舗運営ノウハウ

外装の店舗デザインのつくり方!集客効果を高めるコツまとめ

外装の店舗デザインのつくり方!集客効果を高めるコツまとめ

飲食店の外装デザインは、集客効果に大きく影響しています。そのため、意識的に集客効果を高める店舗デザインを実現することが必要です。飲食店のデザインは新規顧客の獲得、売り上げにも直接関係する問題であるため、じっくりと検討することが大切です。理想の飲食店を作って、たくさんの顧客にお店のファンになってもらうために、事前に外装づくりのコツをしっかりと押さえておきましょう。


今回は、店舗デザインの基本や外装の役割、こだわりの外装で売り上げアップを狙う秘訣などを中心に解説していきます。

店舗デザインの基本!外装の役割とは?

飲食店の外装は、まさに「お店の顔」となる部分です。外装を工夫することで、どのような業態の店舗なのかを伝えることができます。また、外装から店舗のコンセプトがはっきりと分かる場合もあります。店舗の業態やコンセプトが外装から把握できると、初めて利用する飲食店でも来店しやすいというメリットにつながります。


さらに、外装は店舗の雰囲気や魅力などを伝えるという役割を担っています。外から見ても、飲食店の雰囲気がよく、また店舗として魅力的であると、「一度利用してみよう」という気持ちになります。飲食店を開業するときは、内装デザインばかりを意識してしまうかもしれませんが、外装の役割を知っておくと、こだわりを持って外装デザインを手がけることができるでしょう。

新規顧客が獲得できる外装づくりのコツ

開業した飲食店を繁盛店にするためには、新規顧客を獲得し続けていくことが大切です。集客に効果的な外装のポイントを心得ておき、実際の店舗づくりに役立てていきましょう。まず、目に留まる看板を設置します。開業したばかりの飲食店は、知名度があまりないという問題があります。人の目を惹きつけるような看板を設置することで、お店をアピールしましょう。


次に、飲食店の入り口で商品やメニューの紹介をするのもおすすめです。お目当てのメニューがあれば、新規顧客の獲得につながります。また、外から店内を見やすくする工夫も必要です。店内の雰囲気が良い飲食店は、集客力もアップする可能性があります。

外装のデザインを考えるときの注意点

外装のデザインを考えるときには、どの方角から顧客が訪れるのかを意識することが大切です。顧客がやって来る方向を意識しなければ、どんなに優れた店舗デザインでも気づいてもらえない場合があります。


また、競合店とデザインの差別化をすることも重要です。飲食店を開業する前には、周囲にどのような店舗があるのかということをチェックしておきましょう。特に、競合店となり得る店舗とは、デザインで差別化を図ることが大切です。実際に競合店に足を運んでみるなどして、競合店の店舗デザインがどのようなものであるのかを知っておきましょう。

忘れてはならない素材へのこだわり

店舗デザインだけでなく素材にもこだわりを持つことで、店舗の独自性が生まれる可能性があります。外壁・看板・ドアなどの素材は検討を繰り返し、納得するまでこだわるようにしましょう。特に、外壁は木目・タイル・コンクリートなど、使用できる可能性がある素材が豊富にあります。


外壁にどの素材を使用するかによって、店舗の印象が大きく変わります。自分が理想とする店舗のイメージに合った素材が選択できるよう、外装の素材にもこだわりを持ちましょう。

凝った外装で店舗の売上アップを狙う

外装にこだわりを持つことで、まずは飲食店をより多くの人に知ってもらうことが大切です。そして、店舗の雰囲気を魅力的だと感じてもらい、一度来店してもらえるような外装を目指す必要があります。


内装と同様に、外装デザインに凝ることで集客効果が高まり、店舗の売り上げにも貢献できます。外装デザインだけでなく、外装の素材も飲食店のイメージに合ったものを選択することで店舗をアピールでき、顧客の獲得につながります。飲食店を繁盛させるためには、新規顧客を獲得し続けられるような、こだわりのある外装デザインを心がけることが重要です。

,
,
,
,
,


店舗を初めて出す方におすすめな情報2店舗目以降を出す方におすすめな情報
お気軽に見積依頼・ご相談ください 0120-390-865
店舗・オフィスづくり、集客の
無料見積もり・相談をする