NEWS物件・店舗・オフィス工事に関する「今」知りたい情報

2018.09.03|新規開業ノウハウ

パン屋を開業するためには何が必要?経営に失敗しないためのポイントとは?

パン屋を開業するためには何が必要?経営に失敗しないためのポイントとは?

パン屋を開業するためには技術や資金など、必要とされる要素がたくさんあります。特に、パン屋が密集しているエリアでは競い合いが激しいため、経営を安定的に維持し、店舗として成功させるポイントを押さえておくことが大切です。開業したパン屋を繁盛店に導きたいなら、必要な準備についての知識を備えておきましょう。


この記事では、パン屋を開業するにあたって欠かせない技術やノウハウなどの習得方法や、開業するときの注意点などについて紹介していきます。

技術とノウハウをどうやって習得するか?

パン屋を開業するためには、美味しいパンを作る技術とノウハウが必要とされることはいうまでもありません。パン屋にまつわる技術とノウハウを習得していくうえで、やはり独学で学びを続けていくことには限界があります。


そのため、自分のパン屋を開業したいのであれば、一度は別のパン屋で修行をするのがベストです。実際に経営を続けているパン屋で修行をすると、技術が身につくだけでなく、独学では得ることができない実店舗の経営の仕方についても肌で感じることができるというメリットがあります。

意外と大きい設備資金

パン屋を開業するためには、たくさんの設備が必要になります。具体的には、オーブンや業務用ミキサー、醗酵器、業務用冷蔵庫などです。趣味として個人的にパンを作って楽しむのと、パン屋を開業するのとでは、必要な設備が全く異なります。パン屋の開業にあたってパン作りに欠かせない設備をすべてそろえるとなると、意外と設備資金がかかるため、綿密な資金計画が必要といえるでしょう。


設備資金を抑えるためには、設備をすべて新品でそろえるのではなく、中古品での購入も検討してみることがポイントです。業務用冷蔵庫やオーブンなどは中古品でも比較的入手しやすいことから、資金計画の段階で中古品の購入も検討してみると良いでしょう。

独自性をどう打ち出すかがパン屋経営のポイント

競合が多い中で、自店のパン屋が他店と差別化を図るためには、自店ならではの独自性を打ち出すことが重要です。例えば、オリジナル性の高い商品をおすすめの商品として打ち出しているパン屋はたくさんあります。地域の特産品を活かしたパンや、希少価値の高い素材を使って作ったパンなど、商品のアイデアは豊富です。


このようなオリジナル性の高い商品を「お金を払ってでも食べたい」と思って、商圏外から多くの人が来店したり、ネット通販で購入しようと購買行動を起こしたりすると、売上アップにもつながります。ただし、特徴のある商品を開発するのにはある程度の時間がかかりますから、計画的に商品開発も行っていくことがポイントです。(※1)


※1.【菓子・パン経営支援室】パン屋・ケーキ屋の開業に欠かせない8つのポイント

フランチャイズを利用して開業する方法も

「パン屋を開業したい」と目標を持っていても、技術やノウハウに自信がないという人も実際にはいます。また、人によっては技術・ノウハウを取得するための時間が作れない場合もあるでしょう。このような状況でパン屋の開業を目指すなら、フランチャイズを利用して開業する方法も選択肢のひとつとして挙げられます。


フランチャイズに加盟すると、技術やノウハウの習得を短期間で終えることができます。(※2)


※2.【フランチャイズ比較.net】フランチャイズで実現できる「パン屋」開業についてご紹介します


また、フランチャイズであることから知名度もあるため、少ないリスクで開業できるというメリットもあります。

成功のためには職人視点と経営者視点の2つで見ることが大切

集客や売上アップのためには、「美味しいパンを作ろう」というように職人目線で物事を考えがちです。しかし、ただ単に美味しいパンを作っているだけでは集客も見込めず、経営を維持すること自体が困難となる可能性があります。店舗としての経営を成功させるうえでは、経営者の視点で物事を考えることも大切といえるでしょう。


パン屋を開業して成功するためには、職人視点と経営者視点のどちらの視点も欠くことができないといえます。職人視点・経営者視点の2つの視点で、自店について考えていきましょう。

,
,
,
,


店舗を初めて出す方におすすめな情報2店舗目以降を出す方におすすめな情報
お気軽に見積依頼・ご相談ください 0120-390-865
電話する