NEWS物件・店舗・オフィス工事に関する「今」知りたい情報

2019.04.08|新規開業ノウハウ

内装工事を取り巻く業界動向と優良な業者を見つけるポイント

内装工事を取り巻く業界動向と優良な業者を見つけるポイント

店舗の内装は、店の印象を左右する重要な要素です。そのため、店舗を運営していくにあたり、内装業者選びは重要な工程だといえます。しかし、数多く存在する内装業者のなかから、最適な業者をどのように選択すればよいのか、悩む経営者も多いのではないでしょうか。


内装工事を業者に依頼する際には、業界の動向を押さえておくことも大切です。実際に内装業者を選ぶときには、どのような点に気をつけるべきなのか、見極めるポイントなども解説します。

内装工事業が担う仕事の範囲

内装工事業が行う仕事の範囲は「建築工事の最終的な工程」あり、空間・壁紙などの工事が挙げられます。また、店舗の内装工事だけではなく、外装の工事を行うケースも多いです。店舗やホテルの室内工事やオフィス内の仕上げ、マンションや一戸建てといった住宅の室内工事も行います。

内装工事業界を取り巻く状況

内装工事は、工事全体の最終工程であるため、建設市況に左右されることも多いです。そのため、工事代金にも差があります。また、ほかの工事業と比較して設備投資が少ないこともあり、新規参入が行いやすいという点が特徴です。新規参入のしやすさもあり、内装の仕上げを行う工事業の業者数は多い傾向にあります。

工事を直接受注をする業者も増えている

内装工事は、建設業者の下請となる場合が多いものの、業者のなかにはリフォームを直接受注するケースも増えています。ただし、それぞれの業者で専門領域は異なるため、技術力や提案力の違いが浮き彫りになりやすいといえるでしょう。そのため、業者の実績にも差が生じることが特徴です。

優良な内装業者を見極めるポイント

優良な内装業者を見極めるためには、業種に合わせた専門的な施工技術をもつ内装業者を選びましょう。例えば、小売店と飲食店では、欲しい機能や必要な設備は大きく異なります。そのため、それぞれの業界に対する専門性が高い内装業者を選ぶことが重要なのです。内装業者を選ぶ際には、ホームページなどに掲載されている、過去に手掛けた内装デザインを中心に確認するケースが多いでしょう。


しかし、機能性に対しても重視しなければなりません。そのため、過去の実績と合わせて、どの業態に特化しているか、これまでにどの業態の内装を請け負ってきたかなどもチェックすることが大切です。


万が一、お店をオープンしてから、導線が確保されていない、席数が少ないなど、使い勝手が悪く後悔しても、簡単には対処できません。補修工事をするにも費用がかかり、一旦お店を閉めなければならず、お客さんを失いかねないのです。


次に、対応の丁寧さも確認します。大きな費用を支払う内装工事には、見積もりや相談の段階で丁寧に対応してくれるスタッフがいる業者を選ぶことも重要です。分からないことには丁寧に回答してくれる、予算の相談や工事のスケジュールに関しても、依頼主の要望に細かく対応するなどの姿勢が見られるのであれば、安心して任せられます。


内装業者の対応につい関しては、実際に見積もりを依頼したり相談をしたりといった際にチェックすることが可能です。対応方法と同時に、インターネット上の口コミなども合わせて確認しましょう。


いずれにしても、まずは見積もりを取ってから、実際に依頼する内装業者を決定します。ただし、細かい予算の提示をしないまま、すぐに工事を行おうとする業者には注意が必要です。工事の内容を途中で追加するなど、予算を加算するトラブルが起こる可能性もあります。


また、予算に見合った内装業者を選ぶためにも、いくつかの業者に対して、しっかりと金額が書かれた見積書を出してもらうことがポイントです。なかには手抜き工事を行う悪徳業者も存在するため、内装業者を選ぶ際にはじっくりと時間をかけて見極めることが非常に重要になります。(※1)


※1.【店舗内装工事見積り比較.com】店舗の内装業者の選び方とポイント

業界の動向を把握して適切な業者を選ぼう

内装工事を請け負う業者は多いので、業界の動向を押さえながら優良な業者を選ぶことが大切です。店舗に合う内装業者に依頼をするためにも、見極めるためのポイントを押さえたうえで、予算が確認できる見積書を出してもらいましょう。

キーワード :

店舗を初めて出す方におすすめな情報2店舗目以降を出す方におすすめな情報
お気軽に見積依頼・ご相談ください 0120-390-865
店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする