NEWS物件・店舗工事に関する「今」知りたい情報

2019.04.29|店舗運営ノウハウ

店舗経営に不可欠のオンラインマーケティング!戦略的なマーケティング手法とは

店舗経営に不可欠のオンラインマーケティング!戦略的なマーケティング手法とは

世の中にはいろいろなマーケティング手法があります。インターネットの普及によって、簡単にマーケティングの手法の内容ややり方を知ることができる時代になりました。小規模事業者の中には、できるだけ少ないコストで高い効果が期待できるマーケティング手法について知りたいと思っている人もいるでしょう。


そこで、この記事では小規模事業者にとって利用価値が高いと注目を集めている戦略的なマーケティングの手法について紹介します。

まずはおさえておきたい従来型の手法「オフライン・マーケティング」

オフライン・マーケティングとは、実店舗やブチル的な手法で行う対人型のマーケティングのことをいいます。オフライン(Offline)とは、つまりインターネットを使用しないフェイス・トゥ・フェイスのマーケティングで、昔ながらの営業手法といえるでしょう。


インターネットやスマホの扱いが得意でない年代にも働きかけることができるのがメリットです。インターネットを使用したマーケティングと組み合わせて行っている企業も少なくありません。

SNSの特性を生かしてユーザー同士の拡散をねらう「バイラル・マーケティング」

バイラル・マーケティングとは、SNSを利用して商品やサービスを紹介してもらうマーケティング手法のことをいいます。バイラル(Viral)とは、ウイルスという意味で、短期間のうちにウイルスのように、人から人へと次々に商品やサービスの情報を広めてもらう手法です。


具体的には、利用者にSNSで商品やサービスを友達に紹介することで何か特典を与えるといったような方法で使われています。商品やサービスの利用者に宣伝者になってもらって、どんどん情報を拡散していってもらうやり方です。


販促に大きな効果を発揮する、口コミを最大限に活用した手法になります。

流入経路の分析に役立つ「オンライン・マーケティング」

オンラインマーケティングとは、ウェブを積極的に活用したマーケティング手法を総称していうものです。


オンラインマーケティングは、SNS、ディスプレイ広告、電子メール(ダイレクトメール)などを使って集めた情報をもとに、リスティングやリターゲティングなどを中心とした施策を行うマーケティング手法です。消費者の行動がパソコンやスマホなど、ウェブベースになってきていることからこの手法が生まれました。


リスティングは、ユーザーがあるキーワードで検索をかけたときに、そのキーワードに合わせて表示される広告です。リターゲティングは、検索などで1度サイトを訪れたユーザーに対して、その後の行動を追跡して、ユーザーが別のサイトを見ているときに再び広告を表示させるものです。思い出してもらうことで、購入につなげるやり方といえます。


オンラインマーケティングは、流入経路などのウェブ分析が可能になるため、コストが少なく、売上向上や新商品の開発にも役立てることができるのがメリットです。

口コミをバズらせる「バズ・マーケティング」

バズ・マーケティングというものもあります。これは、口コミの宣伝効果を活かして行われるもので、特定の口コミを意図的に広めることで話題性を高めるマーケティング手法です。消費者の間の口コミを利用して行うものなので、広告制作などに無駄な宣伝費用をかけずに済みます。


低コストで顧客にアプローチできるのが大きなメリットです。商品やサービスが口コミ、つまり人の話の話題になるほど、宣伝効果も上がることになります。

小規模事業者は「オンライン」「SNS」を使いこなそう

小規模事業者は、人手も資金も限られているので、一般大衆を相手に商品・サービスを展開することは現実的ではありません。「安さ」や「量産」の面では、どうしても大企業に勝ち目はありません。宣伝も、大々的な広告を作ったり、テレビCMを制作して流すようなことはできないでしょう。


小規模事業者は、今回紹介したようなコンパクトで高い効果が期待できるマーケティング手法を取るのがふさわしいといえます。いろいろな手法を自分のものにして、活用していくことが大切です。

キーワード :

店舗を初めて出す方におすすめな情報2店舗目以降を出す方におすすめな情報
お気軽に見積依頼・ご相談ください 0120-390-865
店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする