NEWS物件・店舗工事に関する「今」知りたい情報

2019.06.03|店舗運営ノウハウ

店舗集客のために利用すべき!コンサルの特徴まとめ

店舗集客のために利用すべき!コンサルの特徴まとめ

「店舗になかなか足を運んでもらえない」「効果的な集客方法がわからない」そんなときは、集客に特化したコンサルを受けるという方法があります。集客に特化したコンサルでは、店舗の抱える課題を明確にし、それに対する戦略を練っていきます。


店舗経営のプロフェッショナルによるコンサルを取り入れることで、効率よく利益を上げることが可能となるでしょう。ここでは、集客特化型のコンサルの特徴と、その魅力を紹介していきます。

店舗集客のコンサルって何?

コンサルとはコンサルティングの略称です。コンサルティングを行う専門家をコンサルタントと呼びます。扱う商品やサービスは、企業によって異なります。よって、コンサルタントはそれぞれの企業を診断・分析し、助言や指導を行っていくのがメインの業務です。


店舗集客コンサルは、店舗に人を呼び込むことに特化したコンサルタントのことです。コンサルタントは店舗集客のためのアドバイスや施策管理を行います。その目的は、企業の利潤最大化です。店舗集客の方法を見直し、最適化することで、無駄のない店舗経営を目指します。

店舗集客のためにコンサルを利用すべき理由

店舗集客のためにコンサルを利用すべき理由は、いくかあります。1つ目は、経営の現状を把握できていない場合に、それを明確化できるからです。商品がどのターゲット層にマッチしているかが不明確だと、適切な集客戦略を練ることができません。どれだけの予算を使って、どの層にアプローチしていくのかをコンサルによって決めていきます。


2つ目は、顧客目線で考えるのが容易ではない場合に、それを補うことができるからです。企業内にいると、どうしても開発者、販売者としての目線となってしまうため、コンサルを入れることで、顧客の視点に立ってニーズを掴むことが可能となります。


3つ目は、マーケティングに精通している人材が社内にいない場合でも、効率よく専門知識を得られるからです。マーケティングには専門知識が必要なため、一から勉強をするよりも、外部のプロフェッショナルにコンサルを依頼した方が、効率的です。


4つ目は、集客の具体的な行動の起こし方がわからない場合でも、ある程度の道筋を示せるからです。的外れな行動は時間の無駄になるため、ノウハウの豊富なコンサルを利用するべき大きな理由といえるでしょう。

店舗集客のコンサルの方法とは?

店舗集客に特化したコンサルには2種類の方法があります。1つ目は、費用対効果を改善するものです。具体的には、SEO対策、PPC広告、LPO、ホームページの改善、広告の反響率の改善などが挙げられます。集客のための対策をするだけで、その効果を測定していないケースは多く見られます。


その集客ツールがどれだけ売上に貢献しているかを見える化し、効果の低いものは見直していくことが重要です。2つ目は、モチベーションをアップさせるものです。具体的には、集客の行動促進セミナーを受けさせる、施策実行の回避を改善することが挙げられます。売り手の意識改革もコンサルが得意とする分野です。

コンサルを受ける場合の注意点

店舗集客のコンサルを受ける場合には、いくつか注意すべき点があります。1つ目は、集客とは異なるコンサルを提案されるケースです。営業戦略など、本来の目的とそぐわないコンサルでは高い集客効果は見込めません。


2つ目は、特定媒体のみのコンサルしか扱っていないケースです。ワードプレスやアプリなど、特定の媒体に特化したコンサルでは、思うような集客ができないケースがあります。ウェブ、紙媒体、SNSなどクロスメディア展開ができるコンサルサービスがよいでしょう。

店舗集客がしたいならコンサルを利用しよう!

効率よく店舗集客をしたいのであれば、ノウハウが蓄積されているコンサルの利用を検討してみましょう。せっかく魅力的な商品やサービスを生み出しても、それが認知されなければ意味がありません。


認知してもらうためには、マーケティングに関する知識と明確なターゲット層の設置が重要です。コンサルが入ることで、新しい気付きが生まれ、最適な集客方法が見つけられるはずです。コンサルタントの知識を活かし、利益アップを目指しましょう。

キーワード :

店舗を初めて出す方におすすめな情報2店舗目以降を出す方におすすめな情報
お気軽に見積依頼・ご相談ください 0120-390-865
店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする