2020.09.01|店舗デザイン

店舗のデザインが従業員や顧客に与える影響

店舗のデザインが従業員や顧客に与える影響

店舗を運営して事業をおこなっている法人にとって、事業の成果に大きな影響を与えるのが店舗のデザインです。

店舗のデザインによって利用客の数が大きく変化する可能性があるだけでなく、店舗で働いている従業員にもデザインは大きな影響を与えます。

そのために、店舗のデザインの影響力を正確に知っておくことは、店舗の効率的な運営に役立つのですが、ここでは店舗のデザインが与える各種の影響について、詳しく紹介します。

店舗のレイアウトと従業員のモチベーション

店舗のレイアウトと従業員のモチベーション

店舗のデザインが事業に与える影響の中でも、事業の成果にプラスの効果をもたらす可能性があるのが、従業員のモチベーションの変化です。

店舗が採用しているデザインによって、従業員の労働意欲を大きく向上させることができる場合があり、従業員に働きたいと自然に感じさせることができるようなデザインが、優れたデザインの特徴です。

店舗のデザインによって、従業員に働くことの安心感を与えることも可能で、安心して働くことができる職場だと感じることで、さらなる労働意欲の向上にもつなげることができます。

店舗のデザインを専門におこなっている企業でも、このような従業員のモチベーションの向上という目的を考慮しながら、オフィスのデザインをおこなっています。

企業の生産能力を向上させるためには、従業員のモチベーションの上昇は不可欠な要素であり、従業員が働きやすく、なおかつ働きたいと自然に思えるような店舗のデザインが、多くの企業に求められている理想のデザインです。

店舗を従業員にとって働きやすい空間にレイアウトする場合に、注意しなければいけないのは、仕事の効率性にばかりこだわっていると、逆に従業員の労働意欲が大きく減少してしまう場合があることです。

効率を最優先して店舗のレイアウトをすると、無駄なものを極力排除していく結果、従業員が働くためのモチベーションを維持するうえで役立つものまで、排除してしまうことがあります。

事業の効率性という観点からは不要に思えるような設備であっても、従業員の労働意欲を向上させるために大きく役立っているような場合もあり、

生産性とモチベーションという両方の観点から、店舗のレイアウトを検討する必要があります。

店舗内の動線が重要

店舗内の動線が重要

店舗内に自由に移動できる空間を広めにレイアウトすることでも、従業員の働きやすさを向上できる可能性は高いです。

店舗内の空間が狭いと、移動にも何かと不便であり、従業員の労働意欲を継続的に減少させる場合もあります。

従業員がストレスを感じないような十分な広さのスペースを確保したほうが、従業員も仕事がしやすくなり、モチベーションの上昇にもつながります。

現在の店舗では従業員が快適に働くことができる十分なスペースが確保できない場合には、従業員がより働きやすくなるような広い場所に、店舗を移転する方法で改善することもできます。

店舗をより広い場所に移すことによって、従業員もゆとりを持って働きやすくなることから、生産性を上昇する目的を同時に果たすことが期待できます。

事業内容と店舗デザインの関係性

事業内容と店舗デザインの関係性

店舗のデザインをレイアウトする場合に、考慮しなければいけないのは、店舗内でおこっている事業内容の再検討です。

店舗でおこなう事業に必要な従業員の労働などもしっかりと確認して、どうすれば従業員がより働きやすい環境にできるかを考えながらレイアウトを進めることで、事業の内容に合った合理的な店舗のデザインがしやすくなります。

同じような内容の仕事であっても、働く環境によって従業員の能率に大きな差が出る場合もあるので、従業員が働く場所としての店舗のデザインをすることには、店舗の運営そのものを大きく左右する影響力があります。

現在の店舗に足りないものがある場合には、どうすればそれを補うことができるのかを検討しながらレイアウトを進めるのが最適な方法で、必要なものを見つけ出していくことで、店舗の新しいデザインも自然に決定していきます。

コミュニケーションの向上と店舗デザイン

コミュニケーションの向上と店舗デザイン

個々の従業員のモチベーションを上昇するための店舗デザインと同じくらい重要になるのが、従業員同士のコミュニケーションを活発にさせるための店舗デザインです。

組織としての活力のある店舗は、従業員同士のコミュニケーションもしっかりとおこなわれていて、従業員が自然に交流ができるような環境を店舗のデザインによって作り出すことが可能です。

店舗で事業を運営するにあたって、従業員の円滑なコミュニケーションはさまざまな場面で役立てることができます。

業務を運営するために欠かせない業務連絡も、従業員同士のコミュニケーションが活発ならば、滞りなく進めることができ、組織的な店舗運営が可能になります。

また従業員同士の仲が良いことは、業務の運営においてもチームワークを向上させることができるメリットがあり、売り上げの向上という一つの目的に向かって、従業員が一丸となって努力することができます。

従業員同士のコミュニケーションも店舗レイアウトで改善

従業員同士のコミュニケーションも店舗レイアウトで改善

こうした高度な団結力を実現するために役立つのが、従業員同士が日常のコミュニケーションをとることができる小スペースです。

店舗内に従業員が集まって会話ができるような場所を設置しておくことで、従業員同士の親睦を自然に深めることができる働きがあります。

こうした目的のスペースを店舗内に設置する場合には、スペースに設置するインテリアなどにもこだわることで、さらに従業員同士が自然に話しやすくなる空間を作ることができます。

従業員が気軽に利用できるようなテーブルがあれば、従業員同士の会話もはずみやすくなり、互いのことをより深く理解するための手助けになります。

店舗デザインは見た目だけではなく従業員のリラックススペースも忘れない

店舗デザインは見た目だけではなく従業員のリラックススペースも忘れない

仕事で疲れた従業員の心をなごませることができるようなインテリアを置くことも効果的な方法で、

気持ちをリラックスできる空間で仕事の合間に休憩をとることで、仕事へのモチベーションをもう一度回復させることができます。

人が多く集まる場所に、ちょっとした設備を作っておくことでも、従業員同士の親睦を深めることができる働きがあり、椅子などを設置しておけば、従業員が気軽に休憩をとりながら会話ができます。

店舗の運営に役立つこともある効果的なレイアウト

店舗を運営して事業をおこっている法人の場合、店舗が従業員にとって気持ちよく働くことができる場所かどうかも、事業の成果に大きな影響を与えることがあります。

店舗のデザインによって、従業員の働くためのモチベーションを向上させることもでき、従業員同士のコミュニケーションも、店舗のデザイン次第で活発になります。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする