2020.10.17|店舗デザイン

イタリアンレストランはおしゃれな内装が基本!

イタリアンレストランはおしゃれな内装が基本!

「おしゃれなイタリアンレストランを持ちたいがどんな内装にしたらいいのか」
というあなたの疑問を解決するための記事です。

結論から言いますと、イタリアンレストランを開業するのであれば、内装はおしゃれな印象を抱かせるよう設計しましょう。

そのためにはイタリアンレストランが持つイメージや特徴について細かく知る必要があります。
その上であなたのコンセプトやターゲットをしっかりと決めることで、お店の外観や内装デザインのイメージがつきやすくなります。

スムーズなイタリアンレストラン造りのために、少しでも知識を増やしていきましょう。

そこで今回の記事では、
・イタリアンレストランの持つイメージ
・イタリアンレストランの特徴
・イタリアンレストラン5種類

についてお伝えしていきます。

また、本記事の最後にIdealが施工を担当した事例をご紹介しております。

イタリアンレストランの内装デザインについて知識を身に着けられた後に事例をご覧いただけますと、より理解が深まります。
ぜひ参考してみて下さい。

イタリアンレストランのイメージ

イタリアンレストランのイメージ

イタリアンレストランと聞くと、おしゃれな印象を持たれます。

ファミレスやカフェと違って「イタリア料理に特化している飲食店」と、何となく”こだわりのあるワンランク上な印象”を抱きますね。
となりますと、
・料理
・お店の外装
・内装デザイン
・店内の雑貨
・食器

など、いたる箇所に気を配っている、こだわっているんだろうなと自然にイメージされます。

イタリアンだけではなく、フレンチレストランや中華料理店と聞くと、料理にこだわりのあるお店と印象付けられ、同時に『お店そのものも、きっとおしゃれだろうな』という印象を抱かれるものです。

日本人は欧州の雰囲気をおしゃれと感じる!?

日本人は欧州の雰囲気をおしゃれと感じる!?

日本人がセンスを感じられるものを見ると「おしゃれだな」と感じることが多いでしょう。

分かりやすいのが、ヨーロッパやアメリカンなどの欧州的テイストを網羅された建物、部屋を見た時。
その理由は、
・洗練された、垢抜けた印象
・非日常感を感じられる空間

と、普段いる環境と全く違う環境にいる、あるいは非日常的な空間を目にすることで、
・気持ちが高鳴る
・気持ちが盛り上がる

ような印象を抱きます。
その印象こそが、「おしゃれ」という言葉として表現されるのです。

そしてそれは、今回あなたが開業しようとしているイタリアンレストランにも同じことが言えます。
イタリアンレストランと聞いた人々が抱く印象と、目にした時の印象をマッチングさせることを心がけることが大切です。

イタリアンレストランの特徴

イタリアンレストランの特徴

はじめにイタリアンレストランの具体的な特徴についてお伝えしていきます。

特徴は以下の通りです。
①イタリアンな印象を持たせるよう工夫された外装
②イタリアの地域性を意識された内装や料理
③5種類のレストランに分けられる

それぞれの特徴を詳しく解説しますね。

特徴①イタリアンな印象を抱かせる外装

イタリアンレストランの特徴1つ目は、外装にあります。
ひと目で見て、そのお店がイタリアンレストランだと分かるよう工夫されているのが特徴です。

具体的には、
・イタリアの国旗を装飾に使用する
・イタリアにあるような建築物をイメージした造り
・開放感を感じさせ、気軽に入店できる雰囲気が印象的

などが挙げられます。
イタリアンレストランは、フレンチなどの高級感ある印象よりも、気軽に利用できるようなカジュアルさを演出するよう意識すると良いでしょう。

特徴②イタリアの地域性を意識された内装と料理

特徴②イタリアの地域性を意識された内装と料理

イタリア料理はイタリアの地方によって特色があります。

[北イタリアの特徴]
・乳製品やバターを多く使用
・ドリア、ラザニア、パスタが多め

アルプス山脈での酪農が盛んなことから、こうした料理が特徴。
海よりも、山、酪農をイメージさせるような内装にすると統一感があります。

[中部イタリア]
・肉料理が多め
・都会的な料理

北イタリアと南イタリアが融合された料理が特徴。
ローマなどの大都市があることかたモダン風な空間を演出すると良いでしょう。

[南部イタリア]
・ピザ、パスタがメイン
・魚料理も多く提供されている

日本でも馴染みのあるパスタやピザは、南イタリア料理のこと。
イタリアのイメージが強い、トマトやオリーブオイルもこの南イタリアが起点だと言われています。

内装デザインとしては、ナポリをイメージさせる海の魚や、フレッシュな野菜を提供するにふさわしい空間にすることを意識すると良いです。

特徴③5種類のスタイルに分けられる

”イタリアンレストラン”と、ひと括りにされがちですが、実は異なるスタイルがいくつかあります。

地域性や提供する料理の違いがあるのはもちろん、それぞれのスタイルに合わせて店内の造りにも違いがあるのが特徴です。

次の章にて詳しくお伝えします。

イタリアンレストランは5種類の食事提供スタイルがある

イタリアンレストランは5種類の食事提供スタイルがある

イタリアンレストランのスタイルは、以下の通り5種類に分けられます。

・リストランテ
・トラットリア
・オステリア
・バール
・ピッツェリア

順に詳しくお伝えしますね。

リストランテ

リストランテ

リストランテはいわゆる高級飲食店のことです。

[特徴]
・コース料理式
・マナーに厳しい
・ドレスコードあり
・高級感を感じられる内装デザイン

日本での「高級和亭」のような位置づけだとイメージすると分かりやすいでしょう。

トラットリア

トラットリア

トラットリアは、多少の高級感を感じることはありますがリストランテよりも気軽に利用できるレストランです。

[特徴]
・大衆向け
・家庭的な印象
・マナーはそこまで厳しくない
・ドレスコードがある場合とない場合がある

日本のイタリアンレストランの中でも、リストランテ並のコース料理やドレスコードのあるトラットリアもあります。
お店のコンセプトやオーナーが提供したいものによるのだと、柔軟に受け入れましょう。

オステリア

オステリア

オステリアは酒飲み場のこと。

[特徴]
・庶民的な印象
・ドレスコードはない
・楽しくお腹を満たせる場
・カジュアルさを感じさせる空間

バーのような大人な雰囲気ではなく、日本でいう居酒屋をイメージすると分かりやすいです。

バール

バール

バールは、日本におけるバーのことです。

[特徴]
・お酒が楽しめる飲食店
・バーのような落ち着いた空間

本場イタリアではカフェ的な存在です。

ピッツェリア

ピッツェリア

ピッツェリアは、ピザをメインとして提供するお店のこと。

[特徴]
・庶民的な印象
・気軽に手軽にピザを楽しめる空間

本場イタリアでは、日本におけるファストフードのようなポピュラーなお店です。
日本では、ピザだけを提供しているお店もあれば、パスタやデザートを提供しているお店もあります。

イタリアンレストラン=おしゃれは基本

イタリアンレストラン=おしゃれは基本

イタリアンレストランを持ちたいのであれば、内装や外装はおしゃれさを感じさせるよう設計にしましょう。

”イタリアンレストラン”という言葉に抱くイメージに合わせるようなデザインにすることが大前提です。

そのためには、あなたのコンセプト決めが鍵
あなたはどんなイタリアンレストランにしたいのですか?

・手軽に出来たて本格ピザを提供したい
・イタリア料理をカジュアルに楽しめる
・小さなお子様がいても気軽にイタリア料理を楽しめる
・本格的なイタリア料理をイタリア本場を感じさせる空間で楽しめる

など、コンセプトを細かく決まらなければ内装デザインも決まりません。
内装デザインが決まらなければあなたのイメージするイタリアンレストランは出来上がらないのです。

イタリアンレストランの概要を理解して内装デザインに活かそう

イタリアンレストラン=おしゃれは基本

新しくイタリアンレストランを開業したいあなたへ、内装デザイン案についてお伝えしました。
イタリアンレストランといっても様々で、食事の提供スタイルに合わせた内装デザインにすることが大切です。

同時に、あなたにしか提供できないものを形にすることで、他のお店と差別化することができます。
ですから、あなたのコンセプトからイメージするデザインを、惜しみなく内装工事業者に伝えるようにしましょう。

ここで、Idealが施行を担当しましたイタリアンレストランの事例を1つご紹介します。

Idealは、与えられた空間を存分に活かしつつ、あなたの提供したいものを丁寧に形にしていきます。

今回の事例の様に、あなたのコンセプトを根本から理解した上で、必要な手続きを含め、内装デザインから施行までを代行します。
イタリアンレストラン開業のために、あなたのコンセプトを細かく汲み取ることはもちろん、悩みや急な提案に臨機応変に対応することがIdealの強みです。

あなたが思い描いていたイタリアンレストランが出来上がるよう、丁寧に手助けをしてくれます。
まずは一度、ご相談してみて下さい。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする