2021.04.27|店舗デザイン

“おしゃれな内装のカフェをつくる鍵は○○にあり!あなたが思う”おしゃれ”とは?”

“おしゃれな内装のカフェをつくる鍵は○○にあり!あなたが思う”おしゃれ”とは?”

「おしゃれなカフェを作りたい。どんな風に内装デザインを決めていけばいいのでしょう」
というお客様への記事です。

当記事は、実店舗をとおして”おしゃれ”な内装をつくるヒントをお伝えしていきます。

先に少しだけヒントをお伝えしますね。

カフェをおしゃれな内装にしたければ”手順”を踏むことです。

その手順とは
①「こんな風におしゃれにしたい」と具体的にイメージする
②イメージに近い店舗を見つけ、実際に見る、行く、感じる
③コンセプトを固めて、再現したいイメージとマッチングさせる

といったステップです。

初めてのカフェ開業で、デザインをサクッと決められる人は中々いません。

まずは「こんな雰囲気が良いな」と大枠を決めて、少しずつ、細かく決めていければOK。

そのための材料を集めるために、上のステップについて解説していきますね。

”おしゃれ”をより具体的にしましょう

”おしゃれ”をより具体的にしましょう

まずは”おしゃれ”を具体化しましょう。

おしゃれと感じる基準は人によって違います。

ですから、お客様が感じる”おしゃれ”を、まずは全て書き出してみるのです。

例えば「海外風のカフェっておしゃれに感じるよね」と思うなら
・赤い屋根に白いレンガでできた外観
・木の素材を活かしたテーブルやイス
・マットテイストなコーヒーカップやお皿
をイメージしてみる。

または「あえてクールでかっこいい雰囲気なカフェもおしゃれだよね」とするなら
・ビンテージ風のソファやイス
・ブリキやアイアン(鉄風)のアイテム
・観葉植物で緑とアースカラーを組み合わせる

といったように、ブルックリンスタイルな内装にすることもできます。

「こんなカフェにしたい」と考える前に、まずは”おしゃれだと感じる雰囲気やデザイン”を書き出してみましょう。

デザインを1つに絞るのは後々やっていけばいいのです。

実店舗をイメージとしてあげてみましょう

実店舗をイメージとしてあげてみましょう

”おしゃれ”を具体化できたら、実際にお店を見てイメージを固めていきましょう。

理想とするお店を
・見つけて
・見に行って
・雰囲気を感じる
というステップになります。

・スターバックス
・無印良品
・Egg's Things

を例にして挙げてみましょう。

あえてカフェ以外の店舗も紹介していきます。

それぞれの
・雰囲気
・内装の色合い
・BGM
・照明
・インテリアの配置
について、お伝えしていきますね。

"おしゃれ”を演出しているいい例①スターバックス

"おしゃれ”を演出しているいい例①スターバックス

まずはスターバックスです。

[雰囲気]
・落ち着ける
・センスが良い
・仕事がしやすい
・ゆったり過ごせる
・毎日来ても飽きない

[内装の色合い]
・木目を活かしている
・茶色やグレーなどのアースカラーが多い

[BGM]
・スローな洋楽が多い
・作業する人にとってホワイトノイズになりやすい曲

[照明]
・間接照明
・ダウンライト
・デザイン性の高い照明

[インテリアの配置]
・複雑な動線にならないよう配慮されている
・ソファーゾーンやデスクゾーンなどひと目みて分かりやすい

ご存知かもしれませんが、スターバックスの内装は統一されていません。

各店舗、それぞれの地域性を活かし、訪れるターゲットに合わせて作られています。

"おしゃれ”を演出しているいい例②無印良品

"おしゃれ”を演出しているいい例②無印良品

次に、無印良品の”おしゃれ”を分解してみましょう。
生活用品でお馴染みの無印良品ですが、おしゃれな空間作りのヒントがたくさん隠れているんですよ。

[雰囲気]
・落ち着ける
・”和”テイスト
・”自然体”を感じられる空間

[内装の色合い]
・明るめの木目でナチュラル感を演出
・コーポレートカラーの”エンジの色”を差し色にしている

[BGM]
・透明感ある曲
・リラックス効果のある曲
・水や風などの自然音と音楽が融合したようなやさしい曲

[照明]
・店内全体が見渡せるような明るさ
・商品が魅力的に見えるよう配置されている
・店内の入り口と壁の明るさをあえて強くしている

[インテリアの配置]
”無印のアイテムで生活している様子”をリアルに感じられるよう配置されている

"おしゃれ”を演出しているいい例③Eggs'n Things

"おしゃれ”を演出しているいい例③Eggs'n Things

最後にEggs'n Thingsです。

[雰囲気]
・”明るい素朴”な雰囲気
・アットホームさが感じられる
・ハワイの”ローカル感”を演出
・誰でも温かく出迎えてくれるような空間

[内装の色合い]
・全体的に”やさしい”色合い
・観葉植物で、緑を差し色にしている
・明るい木目と白いファブリックがベース

[BGM]
・ゆったり、くつろげるような優しい曲
・ウクレレの音やフラダンスを連想させるような曲

[照明]
健康的な明るめの照明

[インテリアの配置]
開放感が感じられる、余白を意識して配置されている

"おしゃれ"の定義が定まったら、開業したいカフェのコンセプトを考えてみましょう

"おしゃれ"の定義が定まったら、開業したいカフェのコンセプトを考えてみましょう

「こんなカフェにしたい」と少しずつ決めていければ、あとはコンセプト決めです。

コンセプトは「こんなカフェです」とアピールできる”軸”となる部分。

コンセプトが決まれば、カフェのデザインが自然に決まります。

なぜなら、カフェの内装を決めることは、すなわち「コンセプトを表現する」ことと同じだからです。

コンセプトを上手に表現できれば、それが『おしゃれなカフェ』になるのです。

まとめ:カフェの内装をおしゃれにするにはコンセプトがカギ

まとめ:カフェの内装をおしゃれにするにはコンセプトがカギ

カフェの内装が決められないお客様へ、おしゃれな内装にしていくためのヒントをお伝えしてきました。

カフェの内装をおしゃれにするには、手順を踏んで少しずつ決めていくことです。

その手順とは
①「こんな風におしゃれにしたい」と具体的にイメージする
②イメージに近い店舗を見つけ、実際に見る、行く、感じる
③コンセプトを固めて、再現したいイメージとマッチングさせる

といったステップだとお伝えしましたね。

お客様が”おしゃれ”だなと感じる要素をひとつずつ書き出し、具体化していきましょう。

そしてその要素を踏まえ、おしゃれだと感じるお店を実際に目で確かめましょう。

他のお店をリサーチする時は、
・「なぜ〇〇な雰囲気を感じるの?」
・「どうしてコレはオシャレに見えるの?」
・「どうやったらこんな風にできるのだろう?」
・「何がこんなにカッコよく感じさせてくれるの?」

など「何に魅力を感じているのか」「どこにインスピレーションを受けたのか」を意識しながらリサーチできるか、が重要です。

リサーチが済んだら、あとはコンセプトとマッチングさせていけばOKです。

カフェの内装は、コンセプトを表現したデザインにしていきましょう。

「ここはこんなカフェです」とメッセージ性をもたせた内装に仕上がれば、顧客がファンになり、リピーター獲得につながりやすくなりますよ。

「カフェの内装デザインを決めるコツはわかりました。ですが内装設計が上手くできるか不安です」

であれば、ぜひIDEALにご相談ください。

IDEALは、お客様が作り上げたいものを丁寧に形にしていきます。

与えられた空間を存分に活かすのはもちろん、お客様の希望や願いを根本から理解するのを前提に進めます。

また、お客様のタスクを最小限に抑えることが可能かもしれません。

『必要な手続き、内装デザイン設計、施工』までを代行することが可能だからです。

コンセプトを汲み取ることはもちろん、急な提案や変更にもできるだけ臨機応変に対応することがIDEALの強みです。

お客様の理想とする魅力的なカフェが出来上がるよう、悩みや疑問点をひとつひとつ丁寧に対応、解決させていただきます。

まずは一度、相談してみてはいかがでしょう。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

監修者

IDEAL編集部

日本全国の美容室・カフェ・スポーツジム等の実績多数!
店舗づくりをプロデュースする「IDEAL(イデアル)」が運営。
新規開業、店舗運営のお悩みや知りたい情報をわかりやすくお届けいたします。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする