2021.07.19|店舗デザイン

敷地内が狭くてもカフェは開業できる!内装作りのノウハウを解説

敷地内が狭くてもカフェは開業できる!内装作りのノウハウを解説

「狭くてもカフェのようなおしゃれな内装にできますか?」
「小規模店舗の内装作りのコツを教えてほしいです」
というお客様への記事です。

この記事で伝えていること↓
・小規模カフェの内装作りのポイント
・よりカフェっぽくするためのポイント

これまで数多くのお店作りに携わった、IDEAL(の中の人)が、どこよりも分かりやすくお伝えしていきますね。

先に冒頭の質問にお答えしましょう。

これからお伝えする3つのポイントさえ押さえれば、たとえ小規模店舗だったとしても、カフェのような内装は実現できますよ。

「そんなに広いお店じゃないから……」と、諦める必要はありませんからね。

ここから先は『小規模カフェにおける内装作りのポイント』を解説していきます。
お客様には「小規模カフェにおける内装デザインの考え方について、きちんと理解している人」と、なっていただきますね。

狭いお店でもカフェのような内装デザインにするのは可能です

狭いお店でもカフェのような内装デザインにするのは可能です

「狭いから理想的なカフェにするのは無理」と、諦めなくても大丈夫です。

工夫次第で、狭いお店を広く見せることができますし、おしゃれな空間を演出することもできますよ。

それに、狭いお店と聞くとネガティブなイメージを抱きがち。

ですが、実際に訪れた人の声を聞くと
「アットホームな雰囲気が良い」
「こじんまりしている方が落ち着く」
といった、ポジティブな声もあるんですよ。

せっかくカフェをオープンさせるのです。

狭いカフェでしか味わえない雰囲気を、演出していこうではありませんか。

狭いお店の内装デザイン:カフェらしくする3つのポイント

狭いお店の内装デザイン:カフェらしくする3つのポイント

狭いカフェの内装デザインを考えるポイントをお伝えしていきます。

ポイントは3つです↓
・壁で演出する
・おしゃれな小ぶり照明
・フリースペースにアイテム

それぞれ詳しくお伝えしますね。

狭いカフェの内装①:壁で演出する

壁を有効活用しましょう。

狭いお店でカフェらしさを存分に演出するには、壁を活用していくのが実は賢明なんですよ。

たとえば壁に、
・レンガ
・黒板塗料
・サブウェイタイル
らを、取り入れてみましょう。

店内の雰囲気がガラリと変わります。
壁での演出力を高めるためにも、素材にこだわるのが一番良いですね。

ですが、予算的に厳しいのであれば、壁紙を使うと良いでしょう。
壁紙にも、タイル風、レンガ風など、バリエーションが豊富ですからね。

壁を変えるだけで、こなれたカフェに様変わりします。
ぜひ、壁を工夫して”お客様らしいカフェ”を演出してみてください。

狭いカフェの内装②:おしゃれな小ぶり照明で演出する

狭いカフェの内装②:おしゃれな小ぶり照明で演出する

おしゃれな照明を取り入れましょう。

オススメは小ぶりのペンダントライトです。
それも、多灯タイプが良いでしょう。

ダウンライトを使って、店内の一部分だけを照らすとおしゃれな雰囲気になります。

また、各テーブルを照らすように設置すると良いですね
天井から吊り下げるタイプの照明があるだけで、その場の雰囲気がグッとこなれたおしゃれ空間に変わります。

狭いカフェの内装③:フリースペースにアイテムを設けて演出する

フリースペースに小物アイテムを置いてみましょう。

たとえば、
・観葉植物
・ウッドラック
・ワイヤーラック
など。

テーブルやイスなどのインテリアに合わせたアイテムを取り入れましょう。
一貫性を感じさせるような空間を演出できますよ。

観葉植物はぜひ取り入れましょう。
緑があるだけで、その場の空間をおしゃれに見せてくれます。

また、ウッドラックやワイヤーラックを置いておくと良いのは、収納目的でありながらも、ちょっとした遊び心を演出するためです。

親近感が湧くような工夫もできるといいですね。

狭いお店の内装デザイン:よりカフェらしくするなら素材にこだわろう

狭いお店の内装デザイン:よりカフェらしくするなら素材にこだわろう

小規模ながらも、カフェらしさをより高く演出したいのであれば、やはり素材にこだわるのが近道です。

もし、予算に余裕があるなら、素材にこだわりましょう。

素材にこだわることで、色々なタイプのカフェを演出できますよ。

たとえば
・スケルトン風なおしゃれなカフェ
・ナチュラル風なおしゃれなカフェ
・レトロ風なおしゃれなカフェ
らが挙げられます。

それぞれ詳しくお伝えしていきましょう。

カフェの内装は素材にこだわろう①:スケルトン風なおしゃれカフェ

スケルトン風は、あえてむき出しにして、おしゃれを演出したデザインスタイルです。

むき出しにするものは、たとえば
・梁
・配管
・コンクリート
など。

建物の素材を、丸見えにするのが基本ですね。
天井をスケルトンにすることで、天井裏のデッドスペースがなくなります。

そのため、店内の高さが上がるため、狭いカフェの中でも開放感を得られますよ。

カフェの内装は素材にこだわろう②:ナチュラル風なおしゃれカフェ

自然素材を豊富に取り入れて、ナチュラル風なカフェにするのも良いでしょう。

天然木にこだわったインテリアを取り入れるのも良いですし、観葉植物を工夫しながら豊富に設置して、隠れ家的なカフェにするのも良いですね。

こじんまりとしたカフェだからこそ、実現できるデザインスタイルでもあります。

もし、お客様のカフェが、表通りではなく、人通りの少ない路地裏にオープンするのでしたら、相性が非常に良いデザインスタイルです。

”自然豊かな隠れ家カフェ”といったようなコンセプトにすることもできるでしょう。

特別感を味わえるカフェとして、人々に愛されるようになるかもしれませんね。

カフェの内装は素材にこだわろう③:レトロ風なおしゃれなカフェ

レトロ風なおしゃれさも、小規模なカフェとの相性が良いですね。

レトロ風は、クラシカルな洋風タイプか、あるいは哀愁漂う昭和な雰囲気かで、分かれるでしょう。
どちらのタイプにするかは、お客様のコンセプト次第です。

レトロ風な内装にするとしたら、インテリアはアンティークかヴィンテージものが良いでしょう。
使い古した味わいあるのテーブルやイスを使用することで、哀愁漂う雰囲気がより際立ちます。

狭いお店は内装デザインばかりでなく”清潔感”も重要です

狭いお店は内装デザインばかりでなく”清潔感”も重要です

小規模カフェにおけるおしゃれな内装についてお伝えしていきましたが、前提として清潔感を維持することを忘れずに。

いくらおしゃれなカフェでも、ゴミだらけ、ホコリだらけで不衛生な店内では、評価が下がってしまいます。

客席だけでなく、お店の出入り口付近、お店の周り、トイレ、キッチンなど、すべての箇所をこまめに掃除しましょう。

清潔な空間は、おしゃれである以前に重要な要素ですからね。

まとめ:狭いカフェでもおしゃれな内装にできます

まとめ:狭いカフェでもおしゃれな内装にできます

「カフェを開業したい。せまくてもおしゃれな内装にしたい」というお客様へ、内装作りにおけるポイントについてお伝えしました。

小規模カフェの内装を考えるときは『その場でしか味わえない特別なことはなにか』をイメージすると良いですよ。
たとえば、写真映え、インスタ映えするような内装デザインを目指してみてください。

小規模なため、店内でゆったりと過ごせないかもしれません。
が、普段味わえない、ウキウキするような空間を目指して、デザインしてみると良いでしょう。

とは言いましても、まずは、よくコンセプトを練られることをオススメいたします。

お客様の理想とするカフェを作り上げるには「理想とするカフェ」が何なのかを、具体化しないといけないからです。

具体化する方法が、コンセプト決めでもあります。

そしてもし、コンセプトを決めた上で「どうしてもカフェのレイアウトが決められない!」ということであれば、飲食店に強いデザイン施工会社に相談する、というのも一つの手です。

中でもIDEALであれば、お客様の「こんなお店にしたい」という考えを、ひとつひとつ汲み取ってデザインに落とし込むことができます。

お客様の考えを汲みとれる理由は、これまで多くの飲食店オープンに携わってきたからです。
これから初めてお店を作り上げるのに、しっかりとデザインを考えるのは簡単なことではありません。

ですが「こんな風にしたい」というお考えがあるのは理解できます。
IDEALは、その「こんな風にしたい」を、再現できるのです。

ぜひ一度、相談されてはいかがでしょう。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする