2021.06.04|新規開業ノウハウ

ミニマルデザインの店舗が増えている理由を解説します

ミニマルデザインの店舗が増えている理由を解説します

「ミニマルデザインってなんですか」
「ミニマルデザインがこんなに流行っている理由ってなんでしょう」
というお客様への記事です。

この記事で伝えていること↓
・ミニマルデザインの概要
・ミニマルデザインが増えた理由
・ミニマルデザインにぴったりなお店

これまで数多くのお店作りに携わった、IDEAL(の中の人)が、どこよりも分かりやすくお伝えしていきますね。

「シンプルとは”豊かさ”である」

こちら↑のフレーズ、聞いたことありませんか?
デザイン業界でよく言われているフレーズなんです。

ミニマルデザインとは、シンプルなデザインスタイルであり、かつメッセージ性の強いデザインスタイルを指します。

伝えるメッセージに対し、邪魔になる要素をできるだけ排除しているのが特徴です。

ここから先は『ミニマルデザインが、人々のニーズに合っている理由』を解説していきますよ。

お客様には「ミニマルデザインの良し悪しを理解し、店舗デザインへの活かし方がちゃんと分かっている人」と、なっていただきますね。

店舗にとってミニマルデザインは”シンプルな豊かさ”である

店舗にとってミニマルデザインは”シンプルな豊かさ”である

ミニマルデザインは、シンプルな中に、強いメッセージ性があるデザインを指します。

装飾が多すぎると、
・美しさがなくなる
・何を伝えたいのか分かりにくい
・目立たせたいことが目立たなくなる
といったネガティブな印象を与えかねません。

かと言って極端に簡素化しすぎると、ただの殺風景なデザインになってしまいます。

ミニマルデザインの難しいところは”そこ”なんです。

ミニマルデザインでは、
・カラー
・レイアウト
・タイポグラフィー(文字デザイン)
などの要素に、一切のズレを生じさせてはいけません。

色や文字デザインに、少しでも違和感を感じてしまうと、すべてがダサくなってしまいます。

だからこそ『ミニマルデザイン=難易度が高い』のです。
ですが、難易度が高いからこそ、ミニマルデザインが生み出すメリットが大きいとも言えます。

せっかくなので以下の言葉を覚えておいてください↓
◇Less is more : 少ないことは、より豊かなことである
◇Everything you need, nothing you don’t : 必要なものだけ、他はいらない
◇Perfection is achieved when there is nothing to take away : 完璧=これ以上削れない状態のこと

これらの言葉は、デザインの世界でよく言われているフレーズです。

「シンプルである事がいかに重要か」を表現した言葉ですよね。

なぜミニマルデザインの店舗が増えてきているのか

なぜミニマルデザインの店舗が増えてきているのか

なぜ、ミニマルデザインのお店が増えてきたのか。

その理由は『人が求めるものが、モノから”コト”に変わってきた』からです。

『シンプルだけども、メッセージ性の強いお店』

そんなミニマルデザインなお店の方が「わたしのためのお店だ」と感じる人が多くなってきました。

そのような人が増えてきた理由は、”多様化”にあります。

ライフスタイルの多様化が広がり、個人を尊重する社会へと変化してきました。

「みんなが持っているから欲しい」

ではなく、
「身の丈に合った、自分にとってちょうど良いモノが欲しい」
と変わってきたということです。

「心が豊かになることに価値があるのだ」と、人々の価値観が変わってきたんですね。

ミニマルデザインはどんな業種に適しているか

結論、どんな業種にもミニマルデザインは適しています。

たとえば、
・カフェ
・小売店
・アパレル
・美容サロン
・エステサロン
などが挙げられますね。

飲食店から小売店まで、幅広い業種でミニマルデザインがトレンドなのですよ。

ミニマルデザインを店舗に取り入れるメリット&デメリット

ミニマルデザインを店舗に取り入れるメリット&デメリット

魅力的に感じるミニマルデザインですが、ネガティブな部分もありますからね。

それが下記のとおりです↓

[デメリット]
・差別化が難しい
・何のお店か分かりにくい

合わせてメリットも把握しておきましょう↓

[メリット]
・強い印象を残せる
・商品の魅力をダイレクトに伝えられる

それぞれ詳しくお伝えしていきますね。

デメリット①差別化がむずかしい

デメリット1つ目は、他店との差別化がむずかしい、という点です。

ミニマルデザインは、シンプルを突き詰めたデザインです。
それだけに、似たデザインの他店と、違いを出すことが難しいとも言えます。

とは言っても、大前提として、近隣付近にデザインが似ているお店があってはいけませんよね。
ですから、ミニマルデザインが流行っているからといって、安易に取り入れてしまうのは避けましょう。

競合調査をよく行った上で、他のお店と被らないようであれば、ミニマルデザインを取り入れましょうね。

デメリット②何のお店かわかりにくい

デメリット②何のお店かわかりにくい

デメリット2つ目は、何のお店かわかりにくい、という点です。

「そのお店をパッと見たときに、何のお店なのかがわからない」
実はこれ↑が、一番ありがちな問題点です。

たとえば
「おしゃれな雑貨屋かと思ったらケーキ屋さんだった」
「コーヒーを売っているお店かと思ったらインテリア店だった」
など。

少し極端な例えでしたが、ゼロではないんですよ?

ここをクリアするには、いかにメッセージ性を店舗デザインに持たせるか、にかかっています。

メリット①強い印象を残せる

ミニマルデザインのメリットを把握していきましょう。

メリット1つ目は、顧客に強い印象を残せる、という点です。

色々な装飾でごちゃごちゃとしたお店よりも、洗練されたクリアなお店の方が、顧客に好印象を与えます。
理由は、目に入る情報量が少ないからです。

装飾が豊富なお店だと、色や形などの情報が多いですよね。
ミニマルデザインなら、目に入る情報がごく少なく済みます。

できるだけ装飾を抑え、かつ、お店の「これを伝えたい!」というメッセージを前面に押し出す。
そうすることでスッキリした印象を与え、顧客の記憶に残りやすくなるのです。

メリット②商品の魅力をダイレクトに伝えられる

メリット②商品の魅力をダイレクトに伝えられる

メリット2つ目は、商品の魅力を直接伝えやすくなる、です。

お店の空間を無彩色(白、黒、グレー)で囲うことで、商品の魅力やメッセージ性をダイレクトに伝えられます。

人は、シンプルで洗練された空間の中にいると「商品への見方が変わる」と言われているんですよ。

まるで、”美術館にある作品を、じっくり鑑賞しているかのような気分”になるのです。

そうなる理由は、商品の周りに邪魔な要素がない(あるいは少ない)からなんですね。

代わりに、商品のクオリティにごまかしが効かなくなる、とも言えますよ。

お店をミニマルデザイン化するということは「よりハイクオリティな商品の提供が求められる」と理解しましょう。

まとめ:店舗のミニマルデザイン化=難易度が高くメリットが大きい

まとめ:店舗のミニマルデザイン化=難易度が高くメリットが大きい

「店舗をミニマルデザインにするのってどうなの」というお客様へ、ミニマルデザイン化するコツとメリット&デメリットをお伝えしてきました。

ミニマルデザインについて色々とお伝えしてきましたが、まずはお店のコンセプトをよく練ることをオススメいたします。

お客様の理想とするお店が出来上がるには、必要なステップだからです。

もし「どうしてもお店のレイアウトが決められない!」ということであれば、お店作りに強いデザイン施行会社に相談する、というのも一つの手です。

中でもIDEALであれば、お客様の「こんなお店にしたい」という考えを、ひとつひとつ汲み取ってデザインに落とし込むことができます。

理由は、これまでさまざまなジャンルのお店のオープンに携わってきたからです。

これから初めてお店を作り上げるのに、しっかりとデザインを考えるのは簡単なことではありません。
ですが「こんな風にしたい」というお考えがあるのは理解できます。

IDEALは、その「こんな風にしたい」を、再現できるのです。
ぜひ一度、相談されてはいかがでしょう。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする