2020.07.07|店舗運営ノウハウ

飲食店の店舗運営に欠かせないWebサイトと集客効果

飲食店の店舗運営に欠かせないWebサイトと集客効果

店舗の運営に欠かせないのが安定した集客ですが、利用客にお店まで足を運んでもらうためには、店舗の存在をより多くの人に知ってもらうことも不可欠です。

飲食店は特に安定した集客が欠かせない業種ですが、人気のある多くの飲食店でも利用されているのが、Webサイトを利用した集客です。

Webサイトがあれば、さまざまな点において、店舗の運営にメリットがありますが、ここでは、飲食店がWebサイトを運営することの必要性と、Webサイトを利用した効果的な集客方法について、詳しく紹介します。

アクセス方法を知るために必要な飲食店のWebサイト

アクセス方法を知るために必要な飲食店のWebサイト

利用者が飲食店のサイトにアクセスする理由

飲食店の経営においてWebサイトの運営が必要不可欠なのは、お店のことに興味を持っている人が、サイトを閲覧するだけで、お店の情報を総合的に知ることができるからです。

お店に足を運んでもらうためには、利用者にお店のことをできるだけ詳しく知ってもらう必要がありますが、お店の公式サイトがあれば、来店をするために必要な情報を、利用者が簡単に入手できます。

利用者が、飲食店のWebサイトにアクセスする目的として特に多いのが、お店のある場所をサイトで確認することです。お店で食事をしたいと思う利用者がいたとしても、住所を確認できるようなWebサイトがなければ、簡単にお店に来てもらえなくなるので、お店側にとっても、貴重な機会を無駄に損失していることになります。

サイトで確認できると便利な最寄り駅の情報

そのような場合でもお店のWebサイトがあれば、サイトにアクセスするだけで、お店がどこにあるか簡単にわかるため、効果的な集客が可能になります。

お店まで足を運んでもらうためには、来店するための情報をできるだけ詳しくサイトで紹介しておいたほうが、店舗に来て食事をしてもらいやすくなります。

駅の近くにある飲食店の場合には、最寄り駅の情報をサイトに記載しておくのが、特に効果的な集客のための情報です。路線と駅の名前のほかに、最寄り駅から徒歩何分で行けるのかを、具体的な情報としてサイト内に掲載しておけば、利用者がお店を訪れるための計画を立てやすくなるので、より確実に集客につなげることができます。

駅からお店までの道のりがわかりにくい場合には、地図を一緒に掲載するのも効果的な集客方法です。地図を無料で利用できるサイトもありますが、外部の地図を利用するとサイトが重くなる場合もあるので、自分で地図を書いて文章と一緒に載せるのも、見やすいWebサイトを作るための一つの方法です。

店舗に来店しやすくなる具体的なルートの説明

利用者にお店まで足を運んでもらうためには、駅から店舗までの具体的なルートをサイトで説明するのも効果的な方法です。

例えば、「駅の東口を出て、通りを直進して3つ目の交差点で右折して、進行方向の右手側に店舗がある」、というようにわかりやすく説明すれば、

利用者がお店を訪れる具体的なイメージをつかむことができます。地図を一緒に掲載する場合でも、お店までのルートを補足するような形でわかりやすくイラストにすれば、駅から少し離れた場所にある飲食店でも、利用者がお店を訪れやすくなります。

自動車で店舗に来店する人のための情報

店舗の情報をWebサイトに記載する場合には、自動車で来店を希望する利用者のための情報を記載しておくことも不可欠です。専用の駐車場がある飲食店の場合には、何台分の車を駐車できるスペースがあるのかを掲載しておけば、

利用者が自動車を使用して来店しやすいかどうかの目安にできます。専用の駐車場がない飲食店の場合でも、お店の近くにある有料の駐車場の情報をWebサイトに掲載することで、利用者が自家用車でお店に来店しやすくなります。

お店から少し離れた場所に有料駐車場がある場合には、駐車場までの道を地図や文章で説明しておけば、自動車での来店がさらにしやすくなります。

遠方からお店に来店する人のための情報

自動車で飲食店に来店する利用者のために、Webサイトに記載しておいたほうが良いのが、高速道路を利用してお店を訪れる方法です。インターネットで飲食店の情報を知った利用者の中には、

店舗がある場所から遠く離れた地域から来店する人もいるために、最寄りの高速道路のインターチェンジから、お店までのルートをサイトに掲載しておけば、長距離での車の移動もしやすくなります。

飲食店の利用客を確実に増加させるためには、こうした遠方からの利用客を増やすことも非常に重要な要素になるので、できるだけわかりやすくWebサイトで説明したほうが、効果的な集客に役立てることができます。

必ず記載しておくべき営業日と営業時間

Webサイトに飲食店の情報を記載する場合に、忘れてはいけないのが営業日と営業時間です。特定の曜日が休業日になっている場合でも、

Webサイトで事前に確認できるようになっていれば、せっかくお店を訪れてくれた利用客が無駄足を踏むようなこともなくなります。

曜日によって営業時間が異なっているような飲食店の場合には、そうした情報を細かく記載しておくことでも、初めてお店を訪れる利用者にとっては非常に参考になります。

飲食店の場合には閉店時間とオーダーストップの時間が違っている場合も多いですが、注文できる時間に関する情報も、お店を利用したい人にとっては、来店前に知っておきたい情報です。

メニューを知るために必要な飲食店のWebサイト

メニューを知るために必要な飲食店のWebサイト

Webサイトにアクセスするもう一つの理由

利用者が飲食店のWebサイトにアクセスするもう一つの主な理由は、どのようなメニューがあるのかを確認するためです。メニューの内容だけでなく、料金を確認することも、利用者が飲食店のWebサイトにアクセスする大きな目的で、

料金が予算内でおさまるかどうかによっても、サイトにアクセスした人が、お店を訪れてくれるかどうかが決まります。そのために、飲食店のWebサイトでは、お店のメニューと金額をできるだけ詳しく紹介したほうが、サイトを訪れた人にとって有意義な情報を提供することができます。

メニューの名前だけではどのような料理かわかりにくいような場合でも、写真を一緒にWebサイトに掲載することで、閲覧者の興味をひくことができるので、一定の集客効果があります。

Webサイトで伝えられるメニューの魅力

飲食店がWebサイトにメニューの情報を記載する場合に、さらなる集客効果が期待できるのが、メニューに関するこだわりのポイントを記載する方法です。

特別な材料を使用して作られているメニューの場合には、そうした材料の写真や説明などもWebサイトに記載しておくことで、閲覧者がメニューの魅力を、具体的にイメージしやすくなります。

材料はありふれたものであっても、生産地にこだわって使用しているお店の場合には、そうした情報をWebサイトに記載することでも、集客に役立てることができます。

材料の鮮度にこだわっている飲食店の場合には、鮮度を保つためにおこなっている具体的な工夫をサイトに記載しておくことで、味に対するお店のこだわりを利用者に知ってもらうことができます。

集客につながるサイドメニューやセットメニューの情報

Webサイトにメニューを掲載する場合には、サイドメニューの情報などもできるだけ詳しく掲載しておいたほうが、来店を真剣に考えているサイトの閲覧者にとっても非常に役立ちます。

アルコールやソフトドリンクなどのメニューもWebサイトに一通り掲載しておけば、お酒を飲む人もお酒を飲まない人も、食事のメニューが組み立てやすくなります。

利用客を増加させるためには、予算に合わせて食事が楽しめることをWebサイトで紹介するのも効果的な方法です。低予算でも楽しめるメニューから高級メニューまで、

幅広い内容の料理を食べられるお店であることを、サイトの閲覧者に知ってもらうことで、より幅広い集客が期待できます。セットメニューを販売している飲食店の場合には、Webサイトにもセットの情報を掲載しておけば、お店に興味を持っているサイトの閲覧者が、来店をするきっかけになる場合があります。

飲食店の集客に役立つお店のWebサイト

飲食店の安定した運営を実現するために効果的なのが、Webサイトを利用した集客です。実際に多くの人気飲食店でもWebサイトを運営して、効果的な集客をおこなっています。

お店に興味を持っている人がWebサイトを訪れる主な理由は、店舗までのアクセス方法と具体的なメニューの内容を知ることですが、この2つの情報を特に、Webサイトで詳細に紹介することで、

集客に直接つなげることができます。Webサイトに関する知識がない人でも、Webサイトの制作を専門におこなっている企業に依頼することで、集客に役立つサイトを運営することができます。

Webサイト制作・Webサイトマーケティングのご相談はこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする