2021.08.25|店舗運営ノウハウ

食事が美味しく見える色って知ってる?【飲食店オーナーの方必見です】

食事が美味しく見える色って知ってる?【飲食店オーナーの方必見です】

「飲食店を開業したいです。食事が美味しく見える色があると聞きましたが本当でしょうか?」
「食事が美味しく見える色は、どのようにして取り入れたら効果的でしょう?」
というお客様への記事です。

この記事で伝えていること↓
・食事がより美味しく見える色
・美味しく見える色の上手な取り入れ方

これまで数多くのお店作りに携わった、IDEAL(の中の人)が、どこよりも分かりやすくお伝えしていきますね。

先に冒頭の質問にお答えしましょう。

食事が美味しく見える色は、本当に存在しています。

結論を言うと、”暖色系”です。

ただし、ただ単に暖色系を内装に取り入れるだけでは不十分です。

食事をより美味しく見せるためのテクニックを、ここで知っておきましょう。

ここから先は『食事が美味しく見える色の上手な取り入れ方』について解説していきますね。

飲食店は知っておこう!食事が美味しくなる色は”暖色系”

飲食店は知っておこう!食事が美味しくなる色は”暖色系”

飲食店の内装には、ぜひ暖色系を取り入れましょう。

食欲をそそる色、つまり食事が美味しく見える色だからです。

具体的には
・赤
・黄色
・オレンジ
などが挙げられます。

たとえば、間接照明に近いオレンジ色の照明の下で照らされたお料理。

美味しそうに見えたことはありませんか。

それはオレンジが持つ心理的効果の現れなのです。

食欲が色によって増えたり減ったりするのって、なんだか不思議ですよね。

避けるべきは青系です

結論、飲食店を開業、経営していくのであれば、できるだけ青系を避けましょう。

食欲を減退させる効果があるからです。

本来、自然の食材の中には、青いものは非常に少ないですよね。

青魚といっても、捌けば中身はピンクや白ですし、ブルーベリーも少し赤みがかかった紫色です。

青いものを見て”青=食べられるもの”と、認識する人は多くないでしょう。

本能的に、”青=食べ物じゃない、美味しくない”と感じてしまうのです。

そのため、飲食店の内装は、できるだけ青系もとい寒色系の色は避けましょう。

飲食店の内装は『食事が美味しく見える色』を取り入れよう

飲食店の内装は『食事が美味しく見える色』を取り入れよう

食事を美味しく見せる色は、暖色系ですが、やみくもに店内全体を赤、オレンジなどで統一するのは避けましょう。

店内が単色で統一されると、バランスが悪くなるだけでなく、顧客が落ち着かなくなります。

暖色系を取り入れつつ、顧客にとって快適な空間を提供しましょう。

そのためのポイントは3つです↓

・統一感ある空間を演出する
・店内の上半分を明るくする
・自然素材で内装を引き立てる

それぞれ分かりやすくお伝えしますね。

ポイント①:暖色系で統一感ある空間を演出

統一感ある空間作りを心がけましょう。

インテリアや装飾などを通して統一感を持たせることで、心地の良い空間になります。

店内に暖色系を上手に盛り込むには、部分的に取り入れることです。

たとえば
・食器
・ナプキン
・テーブルクロス
などに、差し色として暖色系を取り入れてみましょう。

ポイント②:店内の上半分を明るくしよう

ポイント②:店内の上半分を明るくしよう

店内の照明を工夫しましょう。

店内の上半分を明るくし、下半分を手元が見えるくらいの明るさに調整すると良いですよ。

店内の下半分を暗めにすることで、落ち着き感ある空間を演出します。

その代わり、テーブルや手元を照らすように調整できるとベストです。

どうしても照明が選べないのであれば、白熱電球が良いのでは。

白熱電球の光にはリラックス効果があります。

暖かくも柔らかい光を発してくれるため、料理をおいしく感じさせる効果が期待できます。

ポイント③:内装に取り入れる素材でプラスの効果を

壁や天井、インテリアなどの素材を内装のアクセントにすることで、全体のバランスが良くなるでしょう。

顧客の印象を左右するのは、色や光の明るさだけではありません。

内装で使われている素材が出す味わいもまた、雰囲気を作り出してくれるのです。

たとえば、ナチュラルテイストがコンセプトなら、木の素材やレンガを取り入れるべきです。

木が放つぬくもりが、店内全体にリラックス効果をもたらすことでしょう。

また、レンガでおしゃれさがグンと上がります。

レンガの持つ色で、食事が美味しく見える効果も期待できますね。

あるいは、ガラスや大理石の素材もまた違う雰囲気を演出してくれます。

高級感や重厚感すらも感じさせることでしょう。

いずれにしても、暖色系を取り入れるやり方は1つだけではありません。

お店のコンセプトカラーにしてもい良いですし、部分的に取り入れるアクセントカラーとして活用しても良いのです。

飲食店を経営するなら、食事が美味しくなる器の色も知っておこう

飲食店を経営するなら、食事が美味しくなる器の色も知っておこう

これから飲食店を経営する方にぜひ知って欲しいのが、器の色です。

結論、食事が美味しく見える器の色は、おもに2つ挙げられます↓

・白い器
・アースカラーの器

食事がより美味しく見える色は、内装のみに当てはまるものではありません。

食事そのものを乗せる器の色にも、同様の効果が期待できるのです。

それぞれ見ていきましょう。

食事が美味しく見える器の色①:定番は白い器

1つ目は、白い器です。

白い器は万能です。

比較的どんな食事も映えて見えますよね。

お料理によっては、少しさみしい印象を与えることもあります。

お料理のタイプによって使い分けると良いでしょう。

食事が美味しく見える器の色②:差別化したいならアースカラーの器

食事が美味しく見える器の色②:差別化したいならアースカラーの器

2つ目に挙げるのは、アースカラーの器です。

「白い器だとさみしい、でもお料理を魅力的に見せたい」というときに、実はアースカラーがぴったりなのです。

アースカラーは、具体的には、以下を指します↓

・黒
・茶
・緑
・青
・紺

先程、青系は食欲減退の効果があるとお伝えしましたが、器として利用するには非常に相性が良いとされています。

特に藍色や水色の器を利用すると、見た目が夏らしいお料理にもなりますね。

また、お料理の色との組わせに注意しましょう。
茶色いお料理に茶色い器だと、却って目立たなくなります。

濃淡を意識するか、アースカラーの中でも緑などの違う色の器を使うと良いでしょう。

お料理の色味に合わせて使い分けましょう。

まとめ:飲食店を開業するなら食事が美味しく見える色を意識しよう

まとめ:飲食店を開業するなら食事が美味しく見える色を意識しよう

「食事が美味しく見える色ってどんな色?どうやって内装に取り入れたら良い?」というお客様へ、3つのポイントと、器の色についてもお伝えしました。

色には心理的効果があります。

これからお店を開きたいのであれば、色が持つ効果をよく把握しておきましょう。

いかにして顧客の食欲をそそらせられるか、が飲食店成功へのカギです。

ただ単に「おしゃれな内装のレストランにしたい」と考えるのではなく、どうしたら顧客に美味しく召し上がってもらえるか、という視点を持って内装を考えていきましょう。

色についてお伝えしてきましたが、まずはよくコンセプトを練られることをオススメいたします。

お客様の理想とする飲食店を作り上げるには、必要なステップだからです。

その上で「厨房や客席のデザインが決められない!」ということであれば、飲食店に強いデザイン施工会社に相談する、というのも一つの手です。

中でもIDEALであれば、お客様の「こんなお店にしたい」という考えを、ひとつひとつ汲み取ってデザインに落とし込むことができます。

お客様の考えを汲み取れる理由は、これまで多くの飲食店オープンに携わってきたから。

これから初めてお店を作り上げるのに、しっかりとデザインを考えるのは簡単なことではありません。

ですが「こんな風にしたい」というお考えがあるのは理解できます。

IDEALは、その「こんな風にしたい」を、再現できるのです。

ぜひ一度、相談されてはいかがでしょう。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする