2021.09.02|店舗運営ノウハウ

美容クリニックの診療科は何があるの?

美容クリニックの診療科は何があるの?

「美容クリニックを開業したい。どんな診療科目にするべきでしょうか?」
「美容クリニックとして受けられる診療科目を教えてください」
というお客様への記事です。

この記事で伝えていること↓
・美容クリニックの診療科目
・美容クリニックで診療できる内容

これまで数多くのクリニック作りに携わった、IDEAL(の中の人)が、どこよりも分かりやすくお伝えしていきますね。

美容クリニックの開業が増えている中「具体的にどんな診療科目にするべき?」とお悩みの開業医も少なくありません。

ただ単に「あなたを美しくします」と謳うクリニックにするだけでは、他のクリニックと差別化しにくくなります。

そこで今回は『美容クリニックとしてできる診療科目』について解説していきますね。

美容クリニックの診療科は1つとは限らない

美容クリニックの診療科は1つとは限らない

結論、美容クリニックとして受けられる診療科目は1つとは限りません。

基本的に、美容医療を専門に扱う施設を『美容クリニック』と呼んでいます。

美容医療は、ケガや病気を治すための治療を行いません。
今以上に美しくなるために、医学的に正常な部分に対して処置、治療を行います。

そのため、保険適用外となり、患者の全額自己負担となるのです。

また、美容医療は、医療行為になります。
医療機器や成分濃度の高い薬剤を使用する他、手術も行います。

そのため、施術を行うのは医師免許を持った医師や看護師に限られます。

美容クリニックの診療科目:2つのタイプ

美容クリニックの診療科目:2つのタイプ

美容クリニックとして診療できる科目は、大きく分けて2つです↓

・美容外科
・美容皮膚科

それぞれ詳しくお伝えしていきますね。

美容クリニックの診療科目①:美容外科

美容外科で行われるのは、おもに『美容整形』が挙げられます。

具体的には、以下のような治療、処置をすることになります↓
・豊胸手術
・脂肪吸引
・顔面整形手術
・美白、二重手術、クマ改善
など。

美しくなるために、外科的手術を行うクリニックであれば、美容外科ができる旨をアピールしましょう。

美容クリニックの診療科目②:美容皮膚科

美容クリニックの診療科目②:美容皮膚科

美容皮膚科とは、簡単に言いますと、メスを使わない美容医療です。

たとえば、以下のような処置、治療を行います↓

・レーザー照射でシミ取り、肌質改善
・ヒアルロン酸の注入で、シワ、たるみ改善
など。

肌トラブルを治すだけでなく、さらなる美肌を目指す患者に対して診療、処置することになります。

美容クリニックを成功させるためのポイント

美容クリニックを成功させるためのポイント

美容クリニックは、診療科目を決めるだけでは成功するとは言えません。

集客力があって初めて、経営上クリニックとして成功したと言えます。

美容クリニックとして成功させるためには、少なくとも以下のポイントを押さえましょう↓

・コンセプトを決める
・内装、素材にこだわる
・最先端の美容機器を揃える

それぞれ詳しくお伝えしていきましょう。

美容クリニックを成功させるために①:コンセプトを決めよう

まずは、美容クリニックとしてのコンセプトをしっかり決めましょう。

土台となるコンセプトがしっかり決められていないと、効果的に集客できません。

・どんなクリニックなのか
・どんな人がターゲットなのか
・なぜこのクリニックでないといけないのか
・このクリニックを通してどんなことが得られるのか

といったように、クリニックとしてのビジョンを明確にすることが重要です。
コンセプトがしっかり決まれば、どんな人がターゲットとなるかが明確になります。

ターゲットが明確になることで「どんな空間にするべきか」が分かるようになります。

美容クリニックを成功させるために②:内装、素材にこだわろう

美容クリニックを成功させるために②:内装、素材にこだわろう

コンセプトが決まれば、内装にこだわりを持って設計していきましょう。

ターゲットが定まることで、理想とするべき内装が見えてきます。

その内装を実現するためにも、素材やデザインは手を抜いてはいけません。

美容クリニックは「もっと美しくなりたい」と、美意識の高い人が利用します。
そのため、清潔感や安心感を感じさせる空間を目指しましょう。

同時に「このクリニックなら、美しくなれるかも」と、抱かせるような洗練された空間作りを意識すると良いでしょう。

美容クリニックを成功させるために③:最先端の美容機器を揃えよう

美容クリニックは、できるだけ最先端の医療機器を揃えていきましょう。

美容医療の世界では、医療機器の進化のスピードが非常に早いからです。
最新の技術を取り入れているクリニックの方が、患者の信頼度も上がり、集客力が高まります。

患者から見て、このクリニックの何が魅力なのか。
魅力なのは、クリニックの外観や内装だけではありません。

医療機器の最新性も、魅力の1つなのだと理解しておきましょう。

美容クリニックの診療科目は、コンセプトに合わせて選ぼう

美容クリニックの診療科目は、コンセプトに合わせて選ぼう

美容クリニックの成功のカギは、患者の「この悩みはどのクリニックに行けば解決できるのか」にいかにしてアプローチできるか、がカギです。

そのためには、ターゲットを絞り、ターゲットの持つ悩みを訴求すること。

そして患者の悩みに対して「こんな風に解決できますよ」とアピールすることが重要です。

美容クリニックとして適切なアピールをするためには、

・どんな悩みを持った人がターゲットなのか
・どんな処置をするクリニックなのか
・どんな風に変わるのか
といったクリニックとしてのビジョンを明確に決めておく必要があります。

コンセプトという土台や軸がしっかり定まっていないと、ターゲットに訴求できるクリニックは実現しにくくなります。

集客力を上げたいのであれば、ターゲットはできるだけ絞ること。
そしてターゲットを絞るには、コンセプトをしっかり決めていくことです。

それほどまでに、コンセプト決めが重要なステップなのだと、ここで理解しましょう。

まとめ:美容クリニックの成功のカギは診療科目とターゲットのマッチ度次第

まとめ:美容クリニックの成功のカギは診療科目とターゲットのマッチ度

「美容クリニックの診療科目って、どう選んだら良い?」というお客様へ、診療科目の種類と、美容クリニックとして成功するためのポイントについてお伝えしてきました。

美容クリニックとして重要なのは、コンセプトをいかにして内装や空間で演出できるか、にあります。

お客様のコンセプトが上手に取り入れられた内装でなければ、ただの「クリニックっぽい」建物にすぎません。

そのため、飲食店やアパレルショップなどを含めた、施工事例が豊富な業者を選ぶと良いです。

なぜならその土地の特性、客層を見極められ、かつコンセプトを汲み取れるスキルが大いに期待できるからです。

いずれにしても、お客様の理想とするクリニックができあがるよう、よくコンセプトを練られることをオススメいたします。

その上で、クリニックや飲食店作りに強いデザイン施工会社に相談、すると良いでしょう。

中でもIDEALであれば、お客様の「こんなクリニックにしたい」という考えを、ひとつひとつ汲み取ってデザインに落とし込むことができます。

お客様の考えを汲み取れる理由は、これまで多くの飲食店、クリニックオープンに携わってきたからです。

これから初めてクリニックを作り上げるのに、しっかりとデザインを考えるのは簡単なことではありません。

ですが「こんな風にしたい」というお考えがあるのは理解できます。
IDEALは、その「こんな風にしたい」を、再現できるのです。

ぜひ一度、相談されてはいかがでしょう。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする