2020.07.22|店舗デザイン

店舗デザインはビジネスを成功に導くために重要なポイント

店舗デザインはビジネスを成功に導くために重要なポイント

新しい店舗をオープンしたり、既存の店舗をリニューアルしたりする場合には、店舗デザインをしっかりと考える必要があります。

顧客を惹きつけられる魅力あるデザインを実現できれば、それだけで売り上げ拡大が見込めますので、たかがデザインといって侮ってはなりません。

以下では、店舗デザインがいかに重要であるかが理解できるよう、その効果に加えて、来店者に与える印象や店舗のブランディングへの影響について見ていきます。

店舗デザインとは何か

店舗デザインとは何か

店舗デザインといっても、具体的にどのようなものをいうのかよく分からないという方は少なくないのではないでしょうか。店舗デザインというのは、一般的には店舗の設計を意味します。

店舗を新設したり、改良したりする場合には、はじめにどのような雰囲気のお店にしたいかを整理したうえで、それに合うように内部の壁のカラーや、どこにどういった設備を設置するかといった設計を固めていく必要があります。

そのようにして固まった設計内容は、設計書として書面に落とし込むことによって、目に見えるようになるのですが、広い意味での店舗デザインという場合には、それだけに留まりません。

というのも、設計書だけでは、文字通り、絵に描いた餅であり、その内容を基に実際に工事を行って店舗を作り上げていく必要があるのです。

そのため、広い意味で店舗デザインという場合には、設計段階から、それを基にして行う工事に至るまでの一連のすべてのプロセスを含みます。

なぜ店舗デザインにこだわるべきなのか

なぜ店舗デザインにこだわるべきなのか

では次に、なぜ店舗を作り上げるうえで店舗デザインはそれほど重要であるといえるのかについて、その理由を3つ紹介します。まず一つ目の理由は、店舗デザイン次第で高い集客効果を得られるからです。

店舗に入ってきた顧客が真っ先に印象に残るのは、その店舗の外装や内装のデザインです。第一印象が人間の好感度を左右するのと同じで、店舗の好感度も第一印象によって大きく影響を受けます。

デザインが顧客がその店舗に対して抱いていたイメージに合っているか、それよりも上回っている場合には、そのことが顧客の印象に強く残り、店舗に対してより良いイメージを持ってもらえるというわけです。

また、近年は若者を中心に訪れた店舗を写真に撮ってSNSなどに投稿するケースが増えています。

写真映えするデザインにしておけば、それだけ彼らを惹きつけられますし、投稿された写真を見て興味を持った人が店舗にやってきてくれる可能性も高まるでしょう。

新規の顧客を呼び込めるだけでなく、気に入った顧客をリピーターにすることもできますので、なるべく早く売り上げを拡大するためにも、店舗デザインを軽んじるべきではありません。

店舗デザインにこだわるべき二つ目の理由は、それによって顧客満足度を向上させられるからです。顧客満足度は、店舗と顧客との結びつきの強さを示す指標であり、それが高ければ高いほどリピーターの増加が期待できます。

また、高い満足度を得た顧客は、それを積極的にインターネットの掲示板やSNS上に書き込んでくれる傾向があるため、それによって店舗のネット上の評判を高めることができます。

高い顧客満足度を実現するための「店舗デザイン」とは

高い顧客満足度を実現するための「店舗デザイン」とは

では、高い顧客満足度を実現するために、どのような店舗デザインにすればよいのでしょうか。

これについては、決まった解があるわけではありませんが、一つ言えるのは、顧客が快適だと感じられれば満足度は向上するという点です。

いくら美味しい料理や良質のサービスを提供しても、店舗デザインが顧客の好みに合わずに居心地の悪さを感じさせてしまうと満足度は上昇しません。

逆に、顧客が心からリラックスしてくつろげるような快適な空間を演出できれば、それだけで顧客は十分な満足感を得られるのです。

高い満足度を感じた顧客は、家族や友人にもその店舗を紹介してくれるかもしれませんので、店舗デザインを工夫すれば、結果的に顧客のすそ野の拡大にも寄与するのです。

店舗デザインは店舗ブランディングを成功させる重要な要素

店舗デザインは店舗ブランディングを成功させる重要な要素

三つ目の理由は、店舗デザインは店舗ブランディングを成功させる重要な要素だからです。

この店舗ブランディングというのは、店舗そのもののブランドとしての価値を向上させることをいい、それに成功すれば、より多くの顧客をその店舗のファンとして定着させられるようになります。

ある程度のファンを獲得できれば、無理をして競合との顧客争奪戦に勝つために値下げを断行したりする必要がなくなりますので、安定して利益を生み出せる体質になれるのです。

この店舗ブランディングを成功させるためには、競合他社と差別化する必要があります。

そのためには、他にはない独自のサービスを提供したり、自らの店舗でしか販売されていないような商品を開発するというのも一つですが、それに加えてそこでしか見られない店舗デザインを施すというやり方もあります。

店舗デザインに優れているお店は、顧客にとって世界で唯一無二の存在です。多少他よりも価格が高かったり、待ち時間が長かったりしても、訪れたいと思ってもらえるようになれば、その店舗のブランドが確立できたと考えてよいでしょう。

店舗デザインについて知っておきたいこと

店舗デザインについて知っておきたいこと

店舗デザインを行うにあたっては、主に床、照明、家具の3つにこだわる必要があります。まず、床については、様々な素材が選べるわけですが、フローリングにするかフロアタイルにするかによって店内の雰囲気は大きく変わります。

ナチュラルテイストの店舗にしたい場合には明るめの色合いのフローリングを採用すべきですし、モダンでスタイリッシュなイメージにしたければ、無機質な感じがするモルタルを使うとよいでしょう。

エレガントな高級店のようなデザインを目指すのであれば、多少値は張りますがフロアタイルを選択するというのもおすすめです。また、同じ素材でも貼り方によって印象は大きく違ってきます。

そのため、床のデザインを決める際は、素材と貼り方の両方に気を配るべきでしょう。

店舗のイメージに合致する照明を選ぶ

店舗のイメージに合致する照明を選ぶ

次に、照明ですが、その種類はペンダントライトやスポットライト、シャンデリア、ダウンライトといったように実に多種多様です。

そのどれを選ぶかで店舗のイメージは全く異なってきますので、色々見比べて店舗のイメージに合致するものをチョイスする必要があります。

また、照明の形状だけでなく、演色性を意識するのも重要です。演色性というのは、事物を照明で照らした際の見え方で、演色性が100に近ければ近いほど、照らされた物は自然光の下で見えるのと同様の見え方になります。

レストランなどの飲食店では、演色性によって、顧客に提供する料理の見た目が大きく変わってきますので、もっとも料理がおいしく見える演色性を見つけ出すのが大切です。

最後に、家具については、ほとんどの店舗の必須アイテムである椅子やソファーのデザインに特にこだわるべきです。

それらのデザインが店舗の雰囲気に合っていないと、せっかく趣向を凝らした店舗デザインにしたにもかかわらず、全体の調和がとれていないアンバランスな空間になってしまうおそれがあります。

そのような事態に陥らないようにするために、家具のデザインは必ず店舗に合ったものにしなければなりません。

なかでも椅子の形状は、イージーチェアやロッキングチェア、アントチェア、ワイチェアというように非常に多様ですので、可能であれば一つ一つ実際に店舗内に設置してみてどれが一番雰囲気に合うか確かめてみるとよいでしょう。

店舗デザインを意識して集客力をアップさせよう

以上で見てきたように、店舗デザインが違うだけで、顧客が店舗に対して抱く印象は大きく変わってきます。

良い印象を与えられるデザインにすることができれば、顧客を増やせるだけでなく、常連客になってくれるコアなファン層の拡大にもつながります。

そのため、ビジネスを軌道に乗せるために集客力をアップさせたいという場合には、まずは店舗デザインにこだわるようにするとよいでしょう。

Webサイト制作・Webサイトマーケティングのご相談はこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする