2020.12.30|店舗デザイン

小料理屋の開業に向けて内装と外観をデザインしよう

小料理屋の開業に向けて内装と外観をデザインしよう

「小料理店を開きたい。内装や外観のデザインはどうやって決めて行けばいい?」という疑問にお答えする記事です。

結論から言いますと、和風×モダンな内装、外観をイメージしてデザインを決めましょう。

なぜなら、人々が小料理屋に抱くイメージが”和風”だからです。
ただし、純和風にしてしまうと、厳格な印象が強くなってしま距離感を感じさせてしまう場合もあります。

バランスが非常に難しいのですが、上手にカバーできるデザインとして『和風×モダン』をベースにしましょう。

当記事では、
・和風×モダンが与える印象
・和風×モダンな外観にする考え方

を、お伝えしていきますね。

小料理屋のイメージは和モダンで統一しよう

小料理屋のイメージは和モダンで統一しよう

繰り返しますが、小料理屋のデザインは、和風と近代的な要素が融合した和モダンで統一しましょう。

なぜなら、和モダンは、男女ともに若い人から年配の方まで幅広い世代で受け入れられるスタイルだからです。

和風の要素とモダンな要素が人々に与える印象について、もう少し理解を深めていきましょう。
理解を深めれば、自然に内装、外観のデザインが決まっていきます。

和モダンの魅力①和風の要素

和風な要素は、人々に”奥ゆかしさ”や、”侘び寂び”を感じさせます。
”奥ゆかしさ”と”侘び寂び”そのものが「なんだか良い雰囲気…」と思わせる魅力なのです。

人々は、日本にいながらもあまり和の要素に触れる機会が多くありません。
だからこそ、和に触れたその瞬間に感動したり「良いな」と感じられるのです。

和モダンの魅力②近代的な要素

和モダンの魅力②近代的な要素

モダン的な要素は、今の時代を感じさせるような、安心感や安定感といった印象を人々に与えます。

純和風なお店もとても素敵です。
ですが、純和風なスタイルは、人々の中には距離感を感じてしまう場合もあるのです。

「厳格な印象がある」「敷居が高く感じてしまう…」など、一部マイナスな印象も中にはあります。
そんなマイナスな印象をカバーしてくれるのが、モダン的な要素なのです。

あまり威圧感や重厚感を与えすぎずも、程よく高級感を与えられるのが『和モダンスタイル』なのだと心得ましょう。

小料理屋は内装以外にもこだわろう

小料理屋は内装以外にもこだわろう

小料理屋の内装を和モダンで統一するのに、こだわるべき箇所は他にもあります。

それが、
・外観
・外観照明
・看板

です。順に詳しくお伝えしますね。

小料理屋を和モダンにする①外観

1つ目は、外観です。
小料理屋の外観は、配色を以下の様にすると和モダンな雰囲気が伝わります。

[和モダンな配色 例]
・木目×黒
・木目×グレー
・木目×アースカラー

和モダンな外観の特徴としては、
・基本的に洗練されたスッキリした印象
・”和”を天然木や、暗めの配色で感じさせる
・素材をタイルや土壁にすることで近代的な印象

が挙げられます。

小料理屋を和モダンにする②外観照明

小料理屋を和モダンにする②外観照明

2つ目は、外観照明です。

小料理屋の外観照明は、和モダンな印象を与えられるよう、

・温かみのある間接照明
・見た目がシンプルなフォーム

を抑えて取り入れるようにしましょう。

照明の配置としては、
・足元を照らすようにする
・生け簀や装飾部分を魅せるよう配置する
・お店の入り口と看板が見えるように配置する

を意識すると、魅力的な雰囲気になります。

小料理屋を和モダンにする③看板

3つ目は、看板です。

小料理屋の看板を和風モダンで作ろとした場合、

・フォントは現代風
・文字との余白に余裕を持つ
・看板のフォルムは円形または四角形のシンプルな形

などを抑えると良いでしょう。

小料理屋は外観から内装まで一貫してデザインしよう

小料理屋は外観から内装まで一貫してデザインしよう

結論、小料理屋は外観から内装までを和モダンで統一感を持って設計しましょう。

外観を和モダンで作り上げるのであれば、同じ様に内装も一貫性を持ったデザインにするべきです。

例えば、スッキリしつつも程よく高級感を感じる小料理店の入り口なのに、店内はガヤガヤとした印象になってはいけません。

外から見た時の雰囲気が、店内でも広がっているような空間を作り上げることが重要です。
外観が洗練された和モダンなのであれば、店内に入っても違和感を感じさせないような内装に作り上げましょう。

小料理屋は”程よい高級感”を演出するのがキャッチーな店舗になる

小料理屋は”程よい高級感”を演出するのがキャッチーな店舗になる

小料理屋を開きたいお客様へ、内装、外観デザインの考え方についてお伝えしてきました。

ポイントは、和モダンスタイルで統一することです。
統一感を持った和モダンスタイルにするには、外(外観)から中(内装)の世界が広がっていくようなイメージで設計しましょう。

『統一感あるお店にする』ということは『お客様の世界観を細かく表現していく』ということでもあります。
どうかそのこだわりを妥協することなく、夢の小料理屋を作り上げていきましょう。

「小料理屋の内装作りのコツは分かった。だが上手く設計できるか不安だ」

そのように感じられるのであれば、ぜひIdealにご相談ください。
少しでもお客様の不安を減らすことができるかもしれません。

飲食店の開業に強いIdealであれば、
・必要な手続き
・内装デザインの設計、施工

を代行することが可能だからです。
お客様が理想とする小料理屋が出来上がるよう、悩みに一つ一つ丁寧に対応致します。

まずは一度、ご相談してみて下さい。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする