2020.07.07|新規開業ノウハウ

【店舗運営されてる方必見】ECサイトで集客するメリットとコツ

【店舗運営されてる方必見】ECサイトで集客するメリットとコツ

店舗の運営に欠かせないのが安定した集客ですが、利用客にお店まで足を運んでもらうためには、店舗の存在をより多くの人に知ってもらうことも不可欠です。

飲食店は特に安定した集客が欠かせない業種ですが、人気のある多くの飲食店でも利用されているのが、Webサイトを利用した集客です。

Webサイトがあれば、さまざまな点において、店舗の運営にメリットがありますが、ここでは、飲食店がWebサイトを運営することの必要性と、Webサイトを利用した効果的な集客方法について、詳しく紹介します。

ECサイトを運営すると販売チャネルが増える

ECサイトを運営すると販売チャネルが増える

店舗経営をしているときにECサイトも構築すると販売チャネルが増えるのがメリットです。それだけならイメージできるかもしれませんが、結果として売り上げや集客にどのように影響するのでしょうか。

店舗とECサイトの運営のコツにも関わる部分なので詳しく理解しておきましょう。

店舗と異なる顧客層をターゲットにできる

ECサイトを立ち上げることえ店舗経営だけではターゲットにするのが難しい顧客層へのアプローチができます。

店頭に足を運んで商品を直接見て購入したい、すぐに必要なものを買いたい、店頭でスタッフから説明を受けてから買うかどうかを判断したいという人にとっては店頭販売は魅力が大きいでしょう。

しかし、インターネット通販は簡単で時間を問わずに注文できることから店頭販売に比べて好む人も増えてきました。店舗が営業している時間帯は仕事をしていて買いに行けないという人もいるでしょう。

このような通販を使って商品やサービスの購入をしたいと考える人たちをターゲットにできることで集客力が高まります。

店舗ではカバーできない範囲に販売エリアを拡大できる

販売エリアについてもECサイトを運営することで飛躍的に広がります。店舗経営では店舗の周辺エリアの顧客しか獲得するのが難しい場合がほとんどです。

しかし、ECサイトならどこに住んでいる人でもターゲットにして商品やサービスを販売できます。輸出をすることも考慮するなら世界中の人々をターゲットにして販売を行えるのがECサイトです。

店舗をむやみに増やすよりもECサイトで一挙にターゲットを広げるのは合理的でコストも抑えられる方法でしょう。

店舗への集客も実現できる

ECサイトを運営すると店舗を訪れる顧客を増やしたり、売り上げを伸ばしたりすることができる可能性もあります。ECサイトから店舗への顧客の誘導が可能だからです。

例えば、ECサイトで商品を購入した人に対して、店舗限定で使用可能なクーポンを発行することができます。そのクーポンを使ってお得に買い物をしたいと思った顧客は店舗に足を運んでくれるでしょう。そして、店舗に訪れた顧客がECサイト上では目に入らなかった商品に気づいて購入してくれることもあります。

また、店頭でスタッフによる商品紹介などもできるので、もっと買ってくれるものが増える可能性も十分にあるでしょう。一方、ECサイトでの商品リストに店頭限定販売商品を掲載することも可能です。

普段はインターネット通販でショッピングをしている人がその限定販売を見て店頭に行ってみようと思うこともあるでしょう。また、ECサイトに広告を載せて店頭での在庫処分セール、アウトレットセールなどの告知をして集客する方法もあります。

お得に買いたいという人は多いのでセール情報の提供は集客力の向上に大きな寄与を示します。あるいは店頭試着会、子音販売会などの告知をすることでも集客が可能です。

ECサイトを店舗集客のためのアナウンスの場所として活用するといった考え方を持つと新しい販売チャネルによる売り上げ増加だけでなく、店舗販売による売り上げも伸ばせる可能性があるのです。

店舗からECサイトへの誘導もできる

この考え方は逆方向にも使うことができます。つまり、店舗販売で工夫をすることによってECサイトに顧客を誘導することも可能です。

店舗で売れればそれで十分ではないかと思うかもしれませんが、店舗経営の負担を減らすことに直結するので検討してみると良い方法です。

店舗に購入客が大勢集まってしまって商品の紹介や会計の対応が厳しくなると店舗を拡張したり、人材を雇用して対応できるようにしたりしなければなりません。

しかし、そのコストをかけずに同じ売り上げを出すことができれば利益を飛躍的に増やすことができます。ECサイトで購入すれば良いという顧客を増やすことで店頭業務負担を軽減し、店舗規模も最小限にできるのです。

また、店頭での取扱品を増やすのにも限界があり、もっと増やそうとしたときには店舗を拡張する必要が生じがちです。しかし、ECサイトであれば在庫を保管するための倉庫があれば十分で、サイト上にいくらでも商品情報を載せていくことができます。

店頭で商品を陳列できなくても問題はないので、飛躍的に取扱商品を増やせます。店頭ではこれだけ取り扱っていて、残りはECサイトから購入できる、あるいは自宅まで配送を承るといった対応をしていくと良いでしょう。

これによって顧客にとっては商品豊富な業者となり、欲しいものがあったらまずここで探そうと思ってくれるようになります。

運営で重要なのは管理体制を整えること

運営で重要なのは管理体制を整えること

店舗とECサイトを同時に運営するメリットがわかり、本格的にECサイトを立ち上げようと思ったら管理体制も同時に整えるのが成功のコツです。

複数の販売チャネルを同時に運用するのは実は簡単なことではないので、失敗がないように以下の三つの管理方法を再考しましょう。

一元化された在庫管理が必要

店舗とECサイトで同じ商品を取り扱うのなら一元化された在庫管理をすることが必要です。

ECサイトで注文があったときに、実は店頭でもう売れてしまっていて倉庫在庫がなくなっていたというのではキャンセル対応をしなければならないでしょう。

それが相次いでしまうと顧客からの信用を失うことになります。店舗とECサイトで共通基盤を持つ在庫管理システムを導入して運用するのが合理的な対策です。

流通管理も一新するのが望ましい

ECサイトを運営するときには流通管理も必要になります。注文があったら倉庫から出荷して顧客に届けるのをどのようにして行うかをこの時点で再考しましょう。

今までは店頭で自宅までの配送を受け付けていた場合に、自社配送をしていたこともあるでしょう。しかし、ECサイトを運営すると注文が増えたり、遠方への運送が必要になったりして自社対応は難しくなりがちです。

物流会社と契約して流通管理体制を新たに整えると円滑な運営ができます。在庫管理システムと連動している流通管理システムを入れると、注文から出荷へのフローも一元的に管理できるので業務効率が上がります。

会計や経理の管理も改善が必要

店舗とECサイトの同時運営では会計や経理の業務についても体制をよく考える必要があります。それぞれについて別の帳簿を付けていくと売り上げへの寄与を区別して考えやすいですが、まとめておかないと管理が大変になるのもたしかです。

複数の販売チャネルに対応している会計ソフトを使って、販売チャネルごとに集計することも、全体を一つにまとめることもできるようにすると心配がありません。

在庫管理システムや流通管理システムと連携できるソフトにすると、ECサイトの運営を安心して始められるようにするための管理体制が整うでしょう。

ECサイトを店舗と同時運営していこう

店舗販売をしているときにはECサイトも構築して運用すると販売チャネルを増やせます。相互に集客力を高めることができるので、飛躍的に顧客を増やせるでしょう。

ただし、ECサイトを店舗と同時運営するには相応の管理体制が必要です。ただECサイトを作るだけでなく、在庫管理や流通管理などにも気を払って円滑に運営できるようにするのが大切です。

Webサイト制作・Webサイトマーケティングのご相談はこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする