2021.02.22|新規開業ノウハウ

パン屋を開業するなら店内の動線をよく考えよう

パン屋を開業するなら店内の動線をよく考えよう

「パン屋を開業したい。どのような動線ししたら良い?」というお客様への記事です。

当記事では、売れるパン屋の動線作りをお伝えしていきます。

結論から言いますと、人の『行動心理』を意識したレイアウトにしましょう。

・無駄のない一方通行
・全ての商品が見渡せる
・購買意欲をそそるようなディスプレイ

これらを意識し、再現したパン屋こそが、”売れるパン屋”です。
ぜひ、当記事で理解を深め、実りあるパン屋開業を目指しましょう。

パン屋内の動線はどう考えるか

パン屋内の動線はどう考えるか

結論、パン屋の動線はシンプルに一方通行型を意識しましょう。

店内入り口から入って、ひと目見て分かりやすい動線だからです。
スタッフと顧客の動線は別に設定した方が適切です。

例えば、
・レジとキッチンが繋がっている
・商品エリアとレジがカウンターで分けられている
など。

結果、スタッフと顧客のエリア分けが可能になります。
レジの内側とキッチンを繋げることで、どちらかが忙しい時は、スタッフの行き来がスムーズにできますね。

同時に、商品であるパンを魅力的に見せられるような配列、照明を意識しましょう。

顧客が進むごとに、全てのパンを見渡せるような配列にするのが望ましいです。

売上UPに繋がるパン屋のレイアウト

パン屋のレイアウトを決める上では次の2点を抑えましょう。

 ・必ず全てのパンを見て頂くこと
 ・1つでも多くのパンを購入して頂くこと

[顧客に全てのパンを見て頂けるようにするには?]
入店した時に店内奥のエリアまで見通せてかつ、全てのコーナーに目が届くレイアウトにしましょう。

ポイントは
・一方通行スタイルにする
・アイランド型またはコの字型にパンを陳列する
などが挙げられます。

[1つでも多くのパンを購入して頂くには?]
パンを最も売れやすい場所に配置しましょう。

例えば、
・新商品
・季節商品
・人気商品
・ペストリー
・サンドイッチ
・食パン
・ドリンク、デリカ
などにゾーニングすることです。

ゾーニングの良し悪しで、客単価が大きく変わると言っても過言ではありません。

パン屋は「行動心理」を理解して違和感のない動線を意識しよう

結論、パン屋の動線は「行動心理」を理解した上で決めていきましょう。

ここでは、
・看板メニューの配置場所
・”左回り”という人の動き

についてお伝えしていきます。

パン屋×行動心理①看板メニューや商品は動線の中でも最も目立つ場所へ配置しよう

パン屋の最も目立つ場所とは、入り口から近い距離を指します。

入店してすぐ目に入る場所に、看板メニューを陳列することで、顧客に強めの印象を与えられます。

ただ、陳列するだけに留めず「人気NO.1商品!」「店長イチオシ商品!」など、メッセージ性のあるディスプレイをしましょう。

ですが、シンプル目なディスプレイを意識して下さい。
派手な装飾によって、パンの色合いと艶が消されてしまうのを防ぐためです。

パン屋×行動心理②「人は無意識に左回りに行動する」を意識しよう

パン屋×行動心理②「人は無意識に左回りに行動する」を意識しよう

人が自然に動くとき、経路、道順としては「左回りが良い」と、マーケティング界では言われています。

なぜ、左回りがいいのか、実は明確な理由はありません。
諸々説はありますが、ひとつが「利き足が右だから」という説。

多くの人は足が「右利き」なので、体の向きを変えるのに、右足を動かして左足を軸にする。
つまり、体が左に回転しやすい…というのが理由の一つだとされています。

店内入口から左側にイチオシ商品があることで、顧客の目にとまりやすくなります。

人気テーマパークであるディズニーランドも
「人間左回りの法則」にしたがって作られているのをご存知でしょうか。

パン屋は最終的には混雑しない動線を考えよう

パン屋は最終的には混雑しない動線を考えよう

結論、混雑しないような動線作りにするには、分かりやすくエリア分けすることです。

入店した時に思わず見惚れるようなパン屋のレイアウトは、エリアがしっかり分けられているのが特徴です。

[入店してすぐのエリア]
・新商品
・人気商品
・主力商品
・季節限定商品
を陳列するエリアです。

このゾーンは何を並べても比較的買っていただきやすいのが特徴です。
常にパンを並べておくことが売上UPのカギです。

[品揃えエリア]
・タルト
・アンパン
・メロンパン
・デニッシュ
などのペストリーや定番商品をずらりと並べるエリアです。
メニューの豊富さとボリューム感を演出しましょう。

[目的買いエリア]
・食パン
・バゲット
・フランスパン
などパン類を配置するエリアです。

店の奥側に大きめのパンを配置しましょう。
トレー内に余裕がある状態で、到達できるよう誘導するためです。

また、レジやキッチン付近に設置するのが適しています。
食パンのスライスや包装などの作業から、スムーズな配列をするためです。

[接客、レジエリア]
ポイントは以下の3つです。
・レジカウンターから店内全体を見渡せるか
・レジカウンターが商品エリアを分断していないか
・レジに並ぶ顧客と買い物中の顧客が互いに妨げにならないか

これらのエリアは、壁やパーテーションなどので区画されている訳ではありません。
開放的かつ、エリアを見分けられるような工夫をしましょう。

結果、混雑を避けることを意識したレイアウト作りが可能になります。

まとめ:パン屋の動線が良ければ売上UPに大きく影響する

まとめ:パン屋の動線が良ければ売上UPに大きく影響する

パン屋の開業を目指しているお客様へ、売上UPに繋がる動線作りとレイアウトについてお伝えしてきました。

パン屋の動線で意識するべきは
・一方通行型にする
・エリア分けを分かりやすくする
ことです。

同時に、商品の配列の仕方と、左回りになるような動線作りを意識しましょう。
人の行動心理に合わせた設計をすることで、自然にどんどん売れるパン屋へとなっていきます。

「パン屋の動線については理解できました。ですがやることが多すぎて開店準備がスムーズに進められるか不安です」

このような悩みを抱くのであれば、ぜひIdealにご相談ください。
多くの飲食店開業に携わってきたIdealであれば、そのようなお客様の不安や負担を減らせるかもしれません。

Idealでは、
・デザイン設計
・内装工事の施工
・お店のパンフレット作り
・お店のWEBサイト作り
を、お受けいたします。

お客様の理想とする、パン屋が出来上がるよう、悩みや疑問点に一つ一つ対応いたします。
まずは一度、ご相談してみてはいかがでしょうか。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする