2021.06.21|店舗運営ノウハウ

オープンエアでコロナ対策と独自の世界観を演出

オープンエアでコロナ対策と独自の世界観を演出

「オープンエアの導入を考えています。メリットとデメリットを詳しく知っておきたいです」
というお客様への記事です。

この記事で伝えていること↓
・オープンエアの概念
・オープンエアとコロナとの関係性
・オープンエアにしかできないこと

これまで数多くのお店作りに携わった、IDEAL(の中の人)が、どこよりも分かりやすくお伝えしていきますね。

まだまだコロナの不安が消えない中、飲食店内ではなく、テラス席やオープンエアなどの”外で食事を楽しむ”人が増えてきましたね。

コロナ禍をキッカケに「オープンエアもできるようにしたよ」という飲食店も増えてきました。

「これから飲食店を開業したい」という方の中でも「オープンエアができるようにしたいな」と考える方もいるでしょう。

そこでこの記事です。
ここから先は『オープンエアがコロナ対策になりえるのか、どんな強みがあるのか』を解説していきますよ。

お客様には「オープンエアの良し悪しを理解し、お店への活かし方がちゃんと分かっている人」と、なっていただきますね。

オープンエアとは?

オープンエアとは?

『オープンエア』とは、屋外で飲食ができる飲食店、または食事スタイルのこと。

テラス席との違いは、
・テラス席のエリアよりも広い
・パラソルだけでなく、大きな屋根がついていることがある
・外からの視線が気にならないように目隠しされていることがある
といったパターンが見られます。

オープンエアは、ヨーロッパですと、お店の外におしゃれなテーブル、イス、パラソルを設置したスタイルがよく見られますね。

また、台湾やマレーシアなどの東南アジアと聞くと、”夜の屋台”が思い浮かびませんか?
屋台がびっしり並んだ中で、人々が食べ歩く様子を見たことがあるでしょう。

それも一種の、オープンエア、なのですよ。

オープンエアとコロナ対策との関係

オープンエアとコロナ対策との関係

オープンエアとコロナ対策は密接に関係しています。

それが下記のとおりです↓

・密接を防止できる
・換気という概念がない

それぞれ詳しくお伝えしましょう。

オープンエアとコロナの関係①密室の防止

1つ目は、密室を防止できる、という点です。

つまり、3密の回避につながる、ということですね。

オープンエアは、外で食事を楽しむスタイル。

ですので、コロナの感染リスクが低くなります。

外で食事が楽しめるオープンエアは、3密回避につながります。

店内よりも開放感があり、人と人との距離を確保できる空間が保てますしね。

ただし、人数があまりにも多くなることは避けましょう。
たとえ外であっても、人と人との距離間が近いと、飛沫感染を防ぎきれません。

完全予約制や、人数制限を設けるなど、外での密接、密集を回避する対策は必要ですよ。

オープンエアとコロナの関係②オープンエアでの換気概念の排除

オープンエアとコロナの関係②オープンエアでの換気概念の排除

2つ目は、”換気”という概念が無くなる、という点です。

外で食事をするわけですから「ドアや窓を開けておかないと!」または「高機能換気設備を設置しないと!」といった、密閉対策が不要です。

ですが、いくら外で食事する場合でも、飛沫感染や接触感染を完全には防げませんよ。

人同士の距離は、常に開けておくべきですし、アルコール消毒を徹底することは避けられませんからね。

オープンエアは室外だからこそできることが多くある

オープンエアは室外だからこそできることが多くある

ここでは、オープンエアならではの”強み”をお伝えしておきます。

具体的にはこうです↓

・ビアガーデンの開催
・景色を堪能しながらの飲食
・ロマンチックな雰囲気の演出

それぞれ詳しくお伝えしましょう。

オープンエアの強み①ビアガーデンの開催

1つ目は、ビアガーデンの開催ができる、という点です。

オープンエアができれば、ビアガーデンやバーベキューなど『賑わいが生まれる飲食スタイル』が実現できますよ。

現代ではコロナの影響もあって、会食などを控えることが多いでしょう。

ですが、コロナはいずれ収まります。

もしくは、たとえコロナとの共存が続いたとしても、
・人数制限を設ける
・時間制限を設ける
・感染対策を徹底する
などの取り組みが見られれば、オープンエアの実現は難しくないでしょう。

オープンエアの強み②景色を堪能しながらの飲食

オープンエアの強み②景色を堪能しながらの飲食

2つ目は、景色を堪能しながら飲食ができる、という点です。

『景色+食事』は、オープンエアの醍醐味と言えるでしょう。

自然豊かな環境でオープンエアができれば、緑の癒やしを堪能しながら食事が楽しめます。

また、都会の中で、ビルの屋上にオープンエアが実現できれば、ライトアップと夜景がコラボレーションして、ロマンチックな雰囲気を楽しめるでしょう。

オープンエアの強み③ロマンチックな雰囲気の演出

ということで、3つ目は、ロマンチックな雰囲気を演出できる、という点です。

オープンエアが楽しめるのは日中だけではありません。

夜になると、ガラリと雰囲気を変えられますからね。

夜のオープンエアでしたら、ライトアップされた空間や、美しい夜景を見ながら食事が楽しめます。

マンネリを感じているカップルや、もっとお近づきになりたい片思い中の人たちに、ここぞと後押ししてくれる演出ができるでしょう。

オープンエアは外観の良さもポイント

オープンエアは外観の良さもポイント

オープンエアの良さは、見た目そのものにもあります。

結論を言いますと、オープンエアは、一般的な飲食店よりも集客効果が高いと言われています。

集客力に即効性がある、とも言われているんですよ。

オープンエアを楽しんでいる人たちを見ていると、なんだか明るくなりませんか。

きっと、オープンエアを楽しんでいる人のにぎやかな雰囲気と、活気が伝わってくるからでしょう。

「このお店、雰囲気がいいな、おしゃれだな、みんな楽しそうだな……気になるな」
と、通行人の目に留まり、興味を引きやすくなるから、ですね。

オープンエアにもデメリットはある

オープンエアにもデメリットはある

オープンエアは良いことばかりではありません。

オープンエアの大きな欠点は、天候に左右される、という点です。

雨風が強いと、オープンエアを利用する人はいません。

利用客が来ないと、売上が伸びませんよね。

ですので、梅雨の時期などは、売上が伸び悩むことが多いでしょう。

他にも、
・通行人の目が気になる
・利用客の集まり次第で雰囲気が左右される
などのデメリットが挙げられますよ。

より詳しい内容はこちらの記事にて解説しております↓

まとめ:オープンエアのメリットとデメリットを知ってお店作りに活かそう

まとめ:オープンエアのメリットとデメリットを知ってお店作りに活かそう

「オープンエアのメリットをもっと知りたい」というお客様へ、オープンエアの良し悪しを詳しくお伝えしてきました。

オープンエアなお店は、賑わいや活気が外まであふれ、道行く人々の興味を引きます。

集客効果も高く、即効性もあるので、ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょう。

色々とお伝えしてきましたが、大前提として、まずはよーくコンセプトを練られることをオススメいたします。

お客様の理想とするお店を作るために、必要なステップだからです。

もし「どうしてもレイアウトが決められない!」ということであれば、飲食店作りに強い施工会社に相談する、というのも一つの手ですよ。

中でもIDEALであれば、お客様の「こんなお店にしたい」という考えを、ひとつひとつ汲み取ってデザインに落とし込むことができます。

お客様の考えを汲みとれる理由は、これまで多くの飲食店オープンに携わってきたからです。

これから初めてお店を作り上げるのに、しっかりとデザインを考えるのは簡単なことではありません。

ですが「こんな風にしたい」というお考えがあるのは理解できます。
IDEALは、その「こんな風にしたい」を、再現できるのです。

ぜひ一度、相談されてはいかがでしょう。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする