2021.01.25  2022.05.18|新規開業ノウハウ

ネイルサロン開業の流れ!物件や内装、資格、手続き、資金、集客も

ネイルサロン開業の流れ!物件や内装、資格、手続き、資金、集客も

「ネイルサロンを開業するために何から準備したいいの?」とお悩みではありませんか?開業までの時間は限られているので、集客や売上を伸ばすために計画的に準備を進めることが必要です。

そこでネイルサロン開業の流れを解説します。物件探しや内装工事、開業資金、役立つ資格、届出・申請・保険、集客のポイントを紹介しますので、ネイルサロンの開業や移転をご検討中の方はぜひご覧ください。

ネイルサロン開業の流れ

ネイルサロン開業の流れ

ネイルサロンの開業準備を始めるために、まずは大まかな流れを把握しましょう。物件探しと内装工事、資金調達、役立つ資格、届出・申請・保険、集客のポイントについては、後ほど詳しく解説します。

コンセプト設計と事業計画書策定

最初に店舗のコンセプトを設計して、事業計画書を策定しましょう。店舗の経営理念や商品・サービスの魅力などを言語化することで、開業準備の基本方針になります。事業計画書としてまとめることで、資金調達や内装デザインなどに活用できます。

物件探しと内装工事

設計したコンセプトに基づいて物件探しと内装工事を行ってください。ネイルやヘアカットを提供するサロンには、賃貸店舗に開業する「店舗型」と自宅に店舗を併設する「自宅型」があります。理想的な内装を工事できるように、業者に相談しましょう。

開業資金の調達

内装工事や採用・集客などの準備には資金が必要です。自己資金だけでカバーできない場合には、融資や助成金などによる開業資金の調達を検討しなくてはなりません。ただし一般的に融資が実行されたり、助成金を受給できたりする時期は開業後である点に、ご注意ください。

開業に必要な資格の取得

法的にネイルサロンを開業するために必須とされる資格はありません。しかし集客や売上を伸ばすために役立つ資格が存在します。競合店との差別化を図り、独自のサービスを提供するために取得を検討しましょう。

開業に必要な届出・申請・保険

保健所への美容所登録は、ネイルサロン開業に不要です。ただし個人事業開業または法人設立の届出が必要です。経営を安定させるために、節税対策や賠償責任保険なども検討してください。

集客方法の決定

開業3-6か月前には集客方法を決定して、開業前から集客活動を開始しましょう。ターゲットとする顧客層に応じてオンラインとオフラインの集客方法を組み合わせることで、開業するエステサロンの情報を届けることができます。

ネイルサロンの物件探しと内装工事

ネイルサロンの物件探しと内装工事

ネイルサロンの物件を探すためには種類(店舗型と自宅型)以外にも希望条件を検討する必要があります。店舗の内装に必要な設備・什器を全て施工できるように、工事費用を正確に計算しましょう。

物件探しのポイント

ネイルサロンを開業する物件を探すポイントは、優先順位を付けながら希望条件を整理することです。全ての希望を満たす物件の見つかる確率は低いため、妥協できる点と譲れない点を決めておきましょう。具体的に考慮すべきポイントは、以下の通りです。

  • 種類(自宅型か店舗型か、居抜きかスケルトンか)
  • 賃料の上限
  • 立地
  • 交通の利便性
  • 前借主の業種や業態、退去理由

特に居抜き物件なら、スケルトン物件よりも内装費用を大幅に削減できるメリットがあります。また店舗相談可能のマンション物件も初期費用を抑えられますが、あまり貸し出されません。さらにターゲット層の生活行動を分析して、駐車場や駅・バス停の有無をチェックしましょう。「通いやすさ」は、集客率とリピート率に大きく影響します。

物件探しの注意点

ネイルサロンを開業する物件を探すときには、まず店舗型ネイルサロンと自宅型ネイルサロンのメリット・デメリットに注意してください。

物件メリットデメリット
店舗型
ネイルサロン
・立地を選びやすい
・居抜き物件なら内装費用を抑えられる
・スケルトン物件なら内装費が高い
自宅型
ネイルサロン
・土地や建物を所有する場合に初期費用を抑えられる
・通勤時間が不要になる
・用途地域の制限を受ける可能性がある

次に希望条件に合う物件を見つけたら、契約条件に注意しましょう。

  • 入居費用(敷金と礼金)
  • 解約通知時期
  • 退去時の原状回復義務
  • 施工されている設備・什器の修繕費

さらに物件内の寸法を測りながら、下記の設備や什器を施工したり、運搬したりできることを確認してください。

  • 施術用のテーブルとチェア
  • ネイル用の照明器具やディスプレイ
  • 受付・会計用のカウンターやレジ
  • 消毒器や体温計、飛沫防止グッズ
  • コーヒーメーカーや動画配信設備

内装工事のポイント

ネイルサロンの内装工事における最重要ポイントとして、設計したコンセプトに基づいてデザインしてください。ロードサイドのスケルトン物件を賃貸すれば、マンションやモールの物件に比べて自由に内装をデザインできます。

次のポイントは、スタッフや顧客の動線設計です。無駄な動きや時間を減らすために、「顧客が来店して従業員による施術を受けて退店するまで」をイメージしてください。顧客満足度と回転率を高めて、リピート率と売上の向上を狙いましょう。

さらにトイレや手洗い場などの水回りの清潔感とおしゃれさもポイントです。入居前から施工されている水道設備の劣化具合やデザイン性を確認して、必要な改装工事を行いましょう。

内装工事の費用

ネイルサロンの内装工事費用は、業態や規模、立地などによって大きく異なります。事例として賃貸店舗と自宅にネイルサロンの内装を工事する費用を試算して、表にまとめました。

店舗型ネイルサロン(10坪のスケルトン物件)の内装工事費用

内装工事費用の内訳費用の相場
デザイン費20万円程度
仮設工事10万円程度
造作工事(壁・天井・床など)80万円程度
左官・塗装工事10万円程度
建具工事20万円程度
設備工事(水道・電気・空調・防災など)70万円程度
造作家具工事10万円程度
解体工事10万円程度
看板工事20万円程度
合計250万円程度

店舗型ネイルサロンの内装工事費用の相場は、200万円〜1000万円程度です。坪単価20万~30万円程度が目安になります。

自宅型ネイルサロン(戸建ての部屋10坪)の内装工事費用

内装工事費用の内訳費用の相場
造作工事(壁・天井・床など)50万円程度
設備工事(照明や空調など)20万円程度
造作家具工事10万円程度
看板工事10万円程度
クリーニングと補修10万円程度
合計100万円程度

自宅型ネイルサロンの内装工事費用の相場は、50万円-500万円程度です。坪単価10-20万円程度が目安になります。

なお内装工事費用に含まれておりませんが、集客のために駐車スペースを確保するなら工事費用や賃貸費用が必要になります。

ネイルサロンの開業資金

ネイルサロンの開業資金

ネイルサロンの開業資金は、業態や立地、物件の種類によって大きく変動します。不要な経費を省いて必要な経費を正確に計算するために、開業資金の相場と内訳、調達方法、節約方法を把握しましょう。

開業資金の相場

ネイルサロン開業資金の相場は100-1500万円程度で、立地や物件の種類、規模によって大きく変動します。開業資金は主に初期費用(開業前に支出する経費)と運転資金(開業後に毎月支出する固定費)が含まれています。

開業資金の内訳

開業資金(初期費用と運転資金)の内訳を表にまとめて、事例として10坪のスケルトン物件にかかる費用を試算しました。

ネイルサロン開業の初期費用

初期費用の内訳各費用の相場10坪のスケルトン物件
物件取得費
(敷金と礼金、前払い賃料など)
賃料の6~12カ月分120万円程度
(賃料月20万円×6カ月分)
内装工事費坪単価10万~30万円程度250万円程度
設備備品費
(空気清浄機やソファなど)
20-100万円程度50万円程度
消耗品費
(施術に使うネイル材やタオルなど)
10-50万円程度20万円程度
広告宣伝費5-30万円程度10万円程度
合計300万-1500万円程度450万円程度

初期費用の中で大きな割合を占めるのは物件取得費と内装工事費ですので、無駄を省いて抑えましょう。後ほど節約方法を紹介します。

ネイルサロン経営の運転資金

運転資金の内訳各費用の相場10坪のスケルトン物件
人件費月間売上の30%程度60万円
賃料月間売上の20%程度20万円
水道光熱費月間売上の5%程度10万円
消耗品費月間売上の10%程度10万円
広告宣伝費月間売上の5%程度10万円
合計月間売上の70%以下110万円

運営資金を月間売上の70%以下に抑えると、30%以上を利益として獲得できます。例えば月間売上200万円を予想できるなら、運転資金を月間140万円以下にしてください。人件費と賃料の占める割合が高いので、節約方法を後ほど紹介します。

開業資金の調達方法

上記のとおりにネイルサロン開業にかかる費用は小さくありません。自己資金だけで確保できない場合には、次に挙げる調達方法を検討しましょう。

  • 親族や知人からの借入
  • 民間金融機関の融資
  • 日本政策金融公庫や地方自治体の融資
  • クラウドファンディング
  • 国や自治体の助成金・補助金

事業実績のない個人事業主としてネイルサロンを開業するなら、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」がおすすめです。創業資金10分の1以上の自己資金があれば、条件を満たせば3,000万円までの融資を受けられます。

参考:日本政策金融公庫「新創業融資制度」

また条件を満たせば申請できる返済義務のない助成金は、次のとおりです。

  • 東京都の若手・女性リーダー応援プログラム助成事業
  • キャリアアップ助成金
  • 地域雇用開発助成金(特定地域)
  • 人材開発支援助成金

参考:東京都中小企業振興公社「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」

参考:厚生労働省「キャリアアップ助成金」

参考:厚生労働省「地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)」

参考:厚生労働省「人材開発支援助成金(特定訓練コース、一般訓練コース、教育訓練休暇等付与コース、特別育成訓練コース、人への投資促進コース)」

開業資金の節約方法

開業資金の中で大きな割合を占める物件取得費と内装工事費。次のような節約方法を検討してください。

  • フリーレントや礼金無しを交渉する
  • 居抜き物件を契約する
  • 設備・備品の中古やリースを契約する
  • 内装工事の可能な部分をDIYする

また宣伝広告費を節約するためには、WebサイトやSNSアカウントの運用やWebアプリの登録などを従業員に分担させたり、クラウド型の予約システムや会計ソフト導入したりしましょう。

ネイルサロン経営に役立つ資格

ネイルサロン経営に役立つ資格

ネイルサロンを開業するために法的に取得しなければならない資格はありません。しかし専門的な知識とスキルをアピールするために、ネイルに関する資格の取得を検討しましょう。独自性を出してブランド価値を高められると、競合から差別化を図れます。

JNECネイリスト技能検定試験

1級2級3級
試験内容トップレベルのネイリストとして必要な技術及び知識サロンワークで通用する技術及び知識ネイリストの基本的な技術及び知識。
受験資格2級取得者のみ3級取得者のみ義務教育修了
受験料12,500円9,800円6,800円
試験方法実技と筆記実技と筆記実技と筆記

JNECネイリスト技能検定試験は国際的に活躍できるネイリストの育成を目的にしており、筆記と実技により知識と技能がテストされます。1級を取得できれば、トップレベルの知識と技術を証明できます。

参考:日本ネイリスト検定試験センター.「試験概要」

JNAジェルネイル技能検定試験

上級中級初級
試験内容ジェルネイルのスペシャリストとして必要な知識と技術サロンワークのプロとして必要な知識と技術ネイルケアとジェルネイル施術の基礎的な知識と技術
受験資格中級合格者のみ初級合格者のみ義務教育修了
受験料16,500円13,200円9,900円
試験方法実技と筆記実技と筆記実技と筆記

JNAジェルネイル技能検定試験はサロンで通用するジェルネイルの知識と技術の普及を目的としています。上級を取得できれば、ジェルネイルのスペシャリストであることを証明できます。

参考:日本ネイリスト協会「JNAジェルネイル技能検定試験」

JNA認定ネイルサロン衛生管理士

制度目的受験資格受験料試験方法
安全で安心なネイルサービスの普及と
公衆衛生の向上に資すること
・年齢18歳以上
・ネイルサロンでの実務経験は不問
・一般価格:10,560円
・JNA会員:6,160円
筆記試験
(オンライン可)

JNA認定ネイルサロン衛生管理士の資格は、ネイルサービスの衛生管理をできる能力を証明してくれます。

参考:日本ネイリスト協会「ネイルサロンの衛生管理」

JNA認定ネイルサロン技術管理者

制度目的受講資格受講料試験方法
技術管理を行う人材を育成し、
サロンの技術水準の
維持・向上を図ること
・年齢20歳以上
・ネイル技術に関する実務経験を3年以上
・ネイリスト技能検定試験
・2級を取得済み
・JNAジェルネイル技能検定試験
・初級を取得済み
・JNAネイルサロン衛生管理士を取得済み
・JNA会員:10,340円
・JNA認定講師:5,170円
・JNA認定サロンスタッフ:5,170円
・非会員:15,400円
・ネイルスタッフの技術管理についての考え方と実務
・材料学・実技は無し

参考:日本ネイリスト協会「技術管理者講習会」

JNA認定ネイルサロン技術管理者の資格は、ネイリストを管理指導できる能力を証明してくれます。

JNA認定講師資格試験

制度目的受験資格受験料試験方法
日本ネイリスト協会講師会のメンバーを育成して
イベント実行委員や検定試験官、
コンテスト審査員、
セミナー担当者として貢献してもらうこと
・ネイリスト技能検定試験1級に合格し1年以上経過している
・プロネイリストとして実務経験を有する
・JNAの個人正会員
・受験日において満二十歳以上
・当協会発展の為に尽力する
・JNA 認定校を卒業
・ネイルサロン衛生管理士の資格
・ジェルネイル技能検定試験上級の資格
・JNAフットケア理論検定試験の資格
・勉強会と授与式に必ず出席できる
・日本語による十分なコミュニケーション能力がある
・過去3年間にJNA主催全日本ネイリスト選手権プロフェッショナル部門に出場
26,400円実技試験と筆記試験、面接試験

参考:日本ネイリスト協会「認定講師資格試験」

JNA認定講師資格試験を取得して活動すれば、店舗経営者としてだけではなくネイル業界に貢献する人材であることを証明できます。

JNA国際ネイリスト技能検定試験

制度の目的受験対象者受験料試験方法
世界のネイリストに
正しい技術と知識を普及させて、
国際的なネイル技能の
平準化を図ること
ネイリストとして
海外で活動する方
日本ネイリスト協会へ
要問合せ
実技試験
筆記試験

参考:日本ネイリスト協会「JNAネイリスト技能検定国際試験」

JNA国際ネイリスト技能検定試験は世界で働くネイリストを対象としていますので、海外へネイルサービス業を拡大する段階で検討しましょう。

I-NAIL-Aジェルネイル技能検定試験

1級2級3級
試験内容合格基準・実技のみ
・80点以上合格
・実技のみ
・80点以上合格
・実技と学科
・80点以上合格
受験資格2級取得者のみ3級取得者のみ義務教育修了者
受験料10,000円10,000円10,000円
試験方法実技試験と学科試験実技試験と学科試験実技試験と学科試験

参考:インターナショナルネイルアソシエーション「ジェルネイル 技能検定試験」

I-NAIL-Aジェルネイル技能検定試験は、サロンワークに役立つジェルネイルの知識と技能を証明してくれます。

I-NAIL-Aネイルスペシャリスト技能検定試験

PA/AA/AAA級SA級A級
合格基準・実技試験60点以上 PA級
・実技試験70点以上 AA級
・実技試験80点以上 AAA級
・実技試験80点以上実技試験80点以上
受験資格義務教育修了者
(飛び級有)
義務教育修了者
(飛び級有)
義務教育修了者
(飛び級有)
受験料15,000円12,000円10,000円
試験方法実技試験と学科試験実技試験と学科試験実技試験と学科試験

参考:インターナショナルネイルアソシエーション「ネイルスペシャリスト 技能検定試験」

I-NAIL-Aネイルスペシャリスト技能検定試験は、サロンワークに役立つネイルスペシャリストの知識と技能を証明してくれます。

ネイルサロン開業に必要な届出・申請・保険

ネイルサロン開業に必要な届出・申請・保険

ネイルサロン業を営むために特別必要な届出や申請はありません。しかし個人事業や法人設立のために届出が必要です。施術内容によって必要になる届出や不利益に備えるための保険も検討してください。

個人事業の開業届または法人設立届出

個人事業主としてネイルサロンを開業するためには、個人事業の開業届出が必要です。経営者1名か従業員数名だけを雇用して小規模のネイルサロンを経営する場合には、個人事業として始めることになります。

参考:国税庁「[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続」

店舗を拡大して経営するようになると、節税対策から法人を設立することが一般的です。個人事業の開業届出と比べると届出が複雑になりますので、計画的に手続きを進めましょう。

参考:国税庁「[手続名]内国普通法人等の設立の届出」

青色申告承認申請

開業届出と併せて所得税の青色申告承認申請も手続きしておくと、最大65万円の特別控除を受けられます。また赤字を最大3年繰り越すことができので、節税効果を得られます。

参考:国税庁「[手続名]所得税の青色申告承認申請手続」

美容所開設届

ネイルサロンで眉毛やまつ毛などの施術を提供するなら、美容師免許を取得して「美容所開設届」を保健所へ提出する必要があります。施設基準に違反して改装工事を求められないように、内装デザイン段階で開業エリアを管轄する保健所へ事前相談しましょう。

参考:新宿区「理容所・美容所の届出手続き」

損害賠償責任保険への加入

サロン保険と呼ばれる損害保険への加入も検討して、施術や衛生管理の問題から顧客が怪我をした場合に備えてください。店側に賠償責任が生じることが民法709条で定められています。

参考:e-Gov法令検索「民法709条」

顧客トラブルが大きくなると、集客低下や廃業を招くリスクがあります。ネイルサロンに特化した損害賠償責任保険として、日本ネイリスト協会専用保険があります。

参考:エヌシーアイ「ネイルサロン賠償補償保険」

ネイルサロンへの集客

ネイルサロンへの集客

上記の開業準備を万全に整えても、集客できなければ売上げを獲得できません。ターゲットに向けて経営するネイルサロンの営業予定や魅力について情報を届けるために、オンラインとオフラインの集客を効果的に展開しましょう。

集客のポイント

集客のポイントは、市場調査を踏まえてターゲットを絞り、開業するネイルサロンのポジションを明確に発信することです。

顧客層のターゲットを絞ることで、サービス内容や販売価格を設定しやすくなります。下記のようにターゲット属性(年代や生活スタイルなど)を具体的に設定することで、ニーズに応えるサービスを企画できます。

  • 20~30代の働いている独身女性
  • 子育て中の専業主婦
  • 10代~20代前半の学生 

開業するネイルサロンの強みや得意分野を明確にすることで、宣伝広告しやすくなります。安定した集客を獲得できれば、低価格競争に巻き込まれる必要がなくなります。次のようにターゲットに応じてネイルサロン独自のポジションを決定しましょう。

  • アート性の高いネイルをデザインできる
  • 傷みやすいネイルのケアをできる
  • ネイルとまつげエクステを同時に施術できる

オンライン集客手段

設定したターゲットの属性や行動を分析したうえで、オンライン集客手段を選びましょう。ほとんどの顧客層がオンラインで情報収集しています。次のような手段の中からなるべくターゲット顧客層とつながりやすいものを選ぶことが重要です。

  • サロン専門サイト(ホットペッパービューティーなど)に店舗情報を登録する
  • SNSアカウント(InstagramやTwitter、Facebookなど)を運用する
  • LINE公式アカウントを運用する
  • ブログサイトを開設して記事を発信する
  • Googleビジネスに登録する

なおWeb集客について下の記事に詳しくまとめてありますので、併せてご覧ください。

オフライン集客手段

オンライン集客手段にオフライン集客手段を組み合わせることで、集客の成果を上げることができます。オフライン集客手段例は、次のとおりです。

  • 街角の看板や壁に広告を出す
  • 出店エリア内にチラシをポスティングする
  • ファッション雑誌へ記事広告を出稿する

上記のオフライン広告にSNSアカウントやWebサイトのQRコードを掲載することで、開業するネイルサロンの詳細情報へ誘導したり、予約を促したりすることができます。ネイルサロンのロゴやブランドカラーを決めておき、宣伝広告に効果的に取り入れましょう。

リピーター獲得のコツ

ネイルサロンの集客と売上を安定させるためには、来店した新規顧客をリピーターとして獲得することが重要です。次のようなリピーター獲得のコツを押さえましょう。

  • 丁寧な接客態度と言葉遣い
  • 内装と施術の清潔感とおしゃれさ
  • 顧客目線のカウンセリング
  • 施術後のキャンペーン案内やアフターフォロー

上記の内容は基本的なサービスと経営手法になりますが、従業員全員が徹底して実行することは簡単ではありません。営業成果を数値で効果測定したうえで、評価改善していきましょう。

集客できるネイルサロンを計画的に開業しよう!

集客できるネイルサロンを計画的に開業しよう!

ネイルサロンの経営を安定させるためには、開業前の準備が重要です。開業までの時間は限られていますが、十分な開業資金を調達したうえで、集客できるネイルサロンを計画的に開業しましょう!

IDEALはサロンや飲食店をはじめとする店舗のコンセプト設計から内装デザイン・工事、資金調達、Web集客までをワンストップソリューションとしてご提供しています。

豊富な実績を強みとしながら、ご予算やご要望を踏まえてご提案いたしますので、店舗の開業や移転、改装などをご検討中の際にはぜひご相談ください。

キーワード :

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

監修者

IDEAL編集部

日本全国の美容室・カフェ・スポーツジム等の実績多数!
店舗づくりをプロデュースする「IDEAL(イデアル)」が運営。
新規開業、店舗運営のお悩みや知りたい情報をわかりやすくお届けいたします。

> IDEALの編集者ポリシー

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする