2021.10.19|店舗運営ノウハウ

カフェ開業に必要な資金と資格について

カフェ開業に必要な資金と資格について

「カフェ開業の軍資金っていくらでしょうか?」
「カフェ開業に必要な資格はなんでしょうか?」
というお客様への記事です。

この記事で伝えていること↓
・カフェ開業に必要な軍資金
・カフェ開業に必要な資格とあった方が良い資格

これまで数多くのお店作りに携わった、IDEAL(の中の人)が、どこよりも分かりやすくお伝えしていきますね。

これからカフェを開業していく上で、大きな疑問となるのが「カフェっていくらで開業できるの」といった、お金の部分ではないでしょうか。

カフェの規模によるとは言え、どのくらいの資金があれば良いのか、知っておきたいですよね。

同時に、軍資金以外にも必要なものがなにかを知っておきましょう。

開業までの流れをより、スムーズにしていくためです。

そこで今回は『カフェ開業に必要な軍資金、資格、内装に必要なこと』について解説していきますね。

カフェ開業に必要な軍資金は最低でも500万〜600万

カフェ開業に必要な軍資金は最低でも500万〜600万

カフェ開業の軍資金の目安として、以下が挙げられます↓

[カフェ開業の軍資金 目安]
カフェの広さ:10坪
家賃:10万円
物件取得費:120万円(家賃の約12ヶ月分ー内訳:保証金、敷金礼金、仲介手数料など)
内装費:40万円〜50万
設備費:150万〜200万円
備品費:20万〜30万円
宣伝費:30万〜50万円
運営資金:100万円〜150万
合計:540万円

物件取得費は、家賃約10ヶ月分の保証金に加え、敷金、礼金、仲介手数料なども含みます。

また軍資金は、物件取得費や内装費だけではありません。

開店直後の赤字期間を考慮し、運営資金を用意しておきましょう。

物件取得費をできるだけ抑える方法は、”居抜き物件”を選ぶことです。

居抜き物件であれば、カフェだったときの設備を使えることがあるため、資金コストを抑えることが可能です。

居抜き物件の状態が良ければ、100〜200万円程度で開業できることもあります。

資金調達方法

自己資金以外でカフェ資金を集めるのは、容易なことではありません。

資金の集め方は、以下が挙げられます↓

・金融機関から融資を借りる
・家族、親族、知人から借りる

[金融機関から融資を受ける場合]
日本政策金融公庫を選びましょう。

政府が100%出資する政策金融機関だからです。

条件に寄りますが、無保証人、無担保で軍資金の融資を受けられます。

返済期間は13年以内。

年利は1~3%以内(返済期間などによって異なる)とされています。

[家族、親族、知人から借りる場合]

金融機関を利用する前に、まず家族や親族に相談する人は少なくありません。

ですが、始めから心地よく出資してもらう人は、実はそこまで多くありません。

そのため、家族や親族、知人から借りる場合は、ゆっくり時間をかけて賛同してもらえるよう話し合いましょう。

カフェとしてどういう事業をしていくのか、理解を得る必要があります。
もし、家族や知人に出資してもらった場合は、名前と金額を記録しておきましょう。

自己資金用の通帳に入れておき、返金に備えることが大切です。

カフェ開業に必須な資格と有利な資格

カフェ開業に必須な資格と有利な資格

カフェ開業には、必ず取得するべき資格と、持っておくと有利な資格があります。

ここから先は、
・取得必須な資格
・あると有利な資格

について解説していきますね。

取得必須な資格

カフェを開業する上で取得しなければならない資格は、以下が挙げられます↓

・食品衛生責任者
・防火管理者

食品衛生責任者の資格は飲食店開業に必ず必要な資格です。

必ずお店に1名配置する必要があり、基本的には、お店に常駐する人が取得することになります。

防火管理者は、収容人数(顧客+スタッフ)が30名以上の飲食店を開業する場合に取得必須です。

カフェの規模、広さによって受講する内容が異なります。

食品衛生責任者と防火管理者について、下記の記事で詳しく解説しています↓

あった方が有利な資格

あった方が有利な資格

以下の資格は、カフェ開業に必ず取得しないといけない資格ではありません。

ですが、カフェのしてのアピールポイントを増やす、あるいは経営者としてのスキルUPに大いに役立てます。

・栄養士
・調理師免許
・バリスタ系の資格

栄養士、調理免許は国家資格ですが、バリスタ系の資格は民間資格です。

たとえば「栄養士が考えたカフェランチメニュー」あるいは「〇〇の資格を持つバリスタが淹れたコーヒー」など、資格を上手く活用してカフェとしてのアピールポイントを増やしていくのも良いでしょう。

他カフェよりもアピールできるポイントがあれば、集客力UPが期待できます。

栄養士やバリスタ系の資格、その他カフェ経営に有利な資格については、下記の記事で詳しく解説しています。

良かったら参考になさってみてください↓

カフェの雰囲気づくりにもこだわろう

カフェの雰囲気づくりにもこだわろう

カフェ開業で考慮するべきは、軍資金や資格だけではありません。

内装、カフェの雰囲気づくりについても、考慮していく必要があります。

結論、カフェの内装は、
・世界観が伝わる内装であること
・ターゲット層が明確であること
を、意識して考えていきましょう。

それぞれ解説していきますね。

カフェの雰囲気を良くするために①:世界観が伝わる内装であること

世界観が伝わる内装を目指しましょう。

デザイン、装飾、雰囲気を通して一貫性のある世界観を演出できれば、顧客に快適な空間を提供できます。

たとえば、
・長時間座っても疲れないイスやソファ
・目にやさしい配色、照明の色
・聞き心地の良いBGM
など、意識していくと良いでしょう。

顧客は、BGMや食器、インテリアなど、カフェ店内の細かい部分へのこだわりを感じると、そのカフェのファンになってくれます。

ファンになってくれる顧客は、リピーターになる確率がUPするのです。

そのため「このカフェでしか味わえない」くらい、こだわりを感じさせる世界観を演出しましょう。

カフェの雰囲気を良くするために②:ターゲット層が明確であること

カフェの雰囲気を良くするために②:ターゲット層が明確であること

カフェの内装は、ターゲットの好みになるよう作り上げることが求められています。

なぜなら、顧客にとって居心地の良い空間を提供するためです。

テレワーカーをターゲットにしているのであれば、電源や通信環境が整い、かつ程よい音量のBGMが流れている内装が適しています。

あるいは、主婦をターゲットにしているのであれば、普段の疲れを癒やすべく自然を感じさせる空間にするなど。

これらを演出していくには、コンセプトがきちんと決められていなければ実現できません。

コンセプトを決め、ターゲットを絞り、それらに合った内装や外装を作り上げるのが基本です。

結果、顧客の好みとマッチし「ここだったら〇〇な時間を過ごしたい」と感じさせることができます。

そのためカフェの内装は、コンセプトから考えたターゲットが好むような空間に作り上げましょう。

まとめ:カフェ開業はポイントを押さえてから取り組もう

まとめ:カフェ開業はポイントを押さえてから取り組もう

「カフェ開業に必要な軍資金や資格って何?他にどんなポイントがある?」というお客様へ、カフェ開業における平均的な軍資金と、資格、内装についてお伝えしてきました。

カフェ開業の軍資金は、規模にもよりますがおおよそ開業資金は500〜600万円とされています。

できるだけコストを抑えたいのであれば、居抜き物件に絞って物件を選定していくと良いでしょう。

また、カフェ開業に必須な資格は、

・食品衛生責任者
・防火管理者
が挙げられます。

これら以外にも、
・栄養士
・調理師免許
・バリスタ系の資格
を取得して、カフェとしてのアピールポイントを増やしていくと良いでしょう。

また、カフェ開業で特にこだわるべきは内装です。

内装は、ターゲットの好みに合うような空間作りを心がけると良いでしょう。

そのためには、まずはよくコンセプトを練られることをオススメいたします。

その上でもし「どうしてもカフェのレイアウトが決められない!」ということであれば、カフェに強いデザイン施工会社に相談する、というのも一つの手です。

中でもIDEALであれば、お客様の「こんなカフェにしたい」という考えを、ひとつひとつ汲み取ってデザインに落とし込むことができます。

お客様の考えを汲み取れる理由は、これまで多くのカフェオープンに携わってきたからです。

これから初めてお店を作り上げるのに、しっかりとデザインを考えるのは簡単なことではありません。

ですが「こんな風にしたい」というお考えがあるのは理解できます。

IDEALは、その「こんな風にしたい」を、再現できるのです。

ぜひ一度、相談されてはいかがでしょう。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

監修者

IDEAL編集部

日本全国の美容室・カフェ・スポーツジム等の実績多数!
店舗づくりをプロデュースする「IDEAL(イデアル)」が運営。
新規開業、店舗運営のお悩みや知りたい情報をわかりやすくお届けいたします。

> IDEALの編集者ポリシー

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする