2021.02.03|店舗デザイン

仕事がしやすいカフェの特徴

仕事がしやすいカフェの特徴

「カフェを開業いしたい。リモートワーカーやノマドワーカーにとって良い環境にしたいけど、どうしたらいい?」というお客様への記事です。

当記事では、
・カフェで仕事をする人が求めていること
・通信環境以外でできるサービスや工夫
についてお伝えしていきます。

コロナ禍において、テレワークやリモートワークが増えたことをキッカケに、カフェで仕事をするべく”カフェワーカー”も増えてきました。

「自宅だと集中できないからカフェで仕事をしたい」

このようなニーズに応えられるカフェとして、どんな環境であればいいのか。
当記事で理解を深めていきましょう。

カフェを利用して働くユーザーは何を求めているか

カフェを利用して働くユーザーは何を求めているか

まずは、カフェで仕事をする顧客が求めていることはなにか、を心得ておく必要があります。

カフェワーカーが求めていることは、次が挙げられます。

①居心地の良さ
②ある程度の静けさ

それぞれ詳しくお伝えしていきます。

カフェで仕事をする人が求めるもの①居心地の良さ

1つ目は、居心地の良い空間であることです。

居心地の良さは、内装デザイン、BGMなどから演出できます。

落ち着いたカラーリングのインテリアや照明を取り入れてみたり、ゆったりしたBGMで余裕のある空間であることが求められます。

カフェで仕事をする人が求めるもの②ある程度の静けさ

カフェで仕事をする人が求めるもの②ある程度の静けさ

2つ目は、ある程度の静けさが維持できる空間であることです。

仕事をしやすいカフェ作りを目指すのであれば、ある程度静けさが保てるようにしましょう。

具体的には、
・ちょっと贅沢くらいに感じるくらいの単価にする
・ビジネス街に近いエリアにカフェを設ける
などの施策が挙げられます。

学生や主婦層をターゲットにしても良いのですが、カフェで仕事をする人にとっては少し騒がしく感じられるかもしれません。

特に午後2~4時ごろは、主婦層や学生の利用客が多くなる傾向があります。
カフェで仕事をしたい人にとっては、少し不向きな時間帯に成り得ると心得ておきましょう。

その分、他の要素で”仕事のしやすい環境作り”を意識すると良いでしょう。

通信環境以外にも用意したいサービス

通信環境以外にも用意したいサービス

仕事がしやすいカフェであるために、通信環境と電源のあるテーブルを整えることは必須です。

当記事でお伝えするのは+αの要素です。
具体的には以下の3つが挙げられます。

①観葉植物で集中力UP
②カフェワーカーに適したフードサービス
③長時間滞在が苦にならないイスやテーブル

順にそれぞれお伝えしますね。

カフェ×お仕事のための環境作り①視覚的に癒しを与える観葉植物の設置

カフェ×お仕事のための環境作り①視覚的に癒しを与える観葉植物の設置

ポイント1つ目は、観葉植物を設置することです、

観葉植物を適度に設置しておくだけで以下のメリットが挙げられます。

・空気を浄化してくれる効果がある
・目の疲れを癒やす効果がある
・集中力が上がる効果がある

特に、カフェワーカーが座るであろう、電源付きのテーブルには、ミニ観葉植物を設置すると良いでしょう。
あるいは、パソコンを置いた時の”目線の先に緑が入るよう設置する”と良いでしょう。

これは『緑視率』を上げるためです。

緑視率は、建築工学の分野では
『人の視界である左右120度と、奥行き5メートルの範囲で緑が占める割合のこと』
を指します。

『目に見える範囲の中で、植物の割合を10-15%にすれば、ストレス軽減と集中力UPになる』と、実験で証明されています。
可能な範囲で観葉植物を設置することで、カフェワーカーのパフォーマンスUPに繋がります。

カフェ×お仕事のための環境作り②テーブルや座席が汚れないフードサービス

2つ目のポイントは、フードメニューです。

カフェワーカーが楽しみやすいようなフードメニューやドリンクを提供できるよう、商品開発をしましょう。

仕事をしながらコーヒーを飲むことで、作業効率がUPする人もいます。
仕事中に小腹が空いたら、軽く何か食べられるものを頼むこともあるでしょう。

その歳、食べやすくかつ、こぼれにくいようなフードメニューがあると良いですね。

しっかりしたお料理よりも、サンドイッチやサラダラップなどが適しています。
軽食だけれども、選択肢が多い豊富なメニューであれば、カフェワーカーも飽きずに利用してくれます。

カフェ×お仕事のための環境作り③長時間滞在しても苦にならない座椅子やテーブル

カフェ×お仕事のための環境作り③長時間滞在しても苦にならない座椅子やテーブル

3つ目のポイントは、長時間滞在しても、疲れにくいイスやテーブルを設置すること。

パソコンでの作業をしやすいよう、ゆったりしすぎない、程よい固さのイスを用意すると良いでしょう。

テーブルを選ぶ際は、
・マウスを使う人にとっても快適か
・テーブルの面が凸凹していないか
・パソコンや資料を広げて程よいスペースか
など、実際に作業する人をイメージして選別しましょう。

具体的には、円形のテーブルよりも四角型のテーブルを選びましょう。
四角いテーブルの方が仕事上、使い勝手が良いからです。

また、イスを選ぶ際は
・硬すぎないか
・深く沈みすぎないか
を抑えると良いです。

他にも、
・荷物置き場
・飛沫感染予防のためのパーテーション
・陽の光の眩しさを抑えるためのブラインド
などが設置されていると、カフェワーカーに配慮した姿勢をアピールできます。

カフェで働くことが当たり前になる時代だからこそ

カフェで働くことが当たり前になる時代だからこそ

テレワークやリモートワークが普及されたことで、カフェでお仕事をする人がますます増えてくると言われています。

シェアオフィスでもなく、コワーキングスペースでもなく、なぜ、カフェなのか。
その理由は、人々が根本に求めているのは『癒しの空間だから』だと言われているからです。

「仕事をするのだけれども、癒やされたい」
「ゆったりした空間で、仕事がしたい」

新しい働き方が増えてきた中で、
「自分らしく、好きなように働けばいい」
このような考え方が広がりを見せています。

だからこそ、カフェワーカーも至極当然のように、これからも増えていくと見られています。
このようなニーズに応えられるカフェ作りを意識していくことで、他のカフェよりもリードできるでしょう。

まとめ:カフェも働く場所の一つとして定着するかもしれない

まとめ:カフェも働く場所の一つとして定着するかもしれない

カフェ開業をお考えのお客様へ、仕事がしやすいカフェ作りのヒントについてお伝えしてきました。

カフェで仕事をするカフェワーカーが増えて行く中、快適な環境にするためには通信環境や電源を整えるだけではありません。

その他でできる環境作りとしては、
・緑視率を意識して観葉植物を設置する
・カフェワーカーに適したフードサービスを提供する
・長時間滞在が苦にならないイスやテーブルにこだわる

以上3点を意識することで、他カフェと差別化できるようになります。

今後、ますますカフェワーカーが増えていく中で、いかにして快適な環境を提供できるか。
これからカフェを開業したいのであれば、世の中のニーズに対応できるよう常にアンテナを張っておくことを意識しましょう。

「仕事がしやすいカフェ作りについては理解できました。あとは、開店準備がスムーズに進められるか不安です」

このような悩みを抱くのであれば、ぜひIdealにご相談ください。
カフェを始め、飲食店の開業に強いIdealであれば、そのようなお客様の不安や負担を減らせるかもしれません。

Idealでは、
・デザイン設計
・内装工事の施工
・お店のパンフレット作り
・お店のWEBサイト作り
を、お受けいたします。

お客様の理想とするカフェが出来上がるよう、悩みや疑問点に一つ一つ対応いたします。
まずは一度、ご相談してみてはいかがでしょうか。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする