2021.04.15|新規開業ノウハウ

内装業者選びで失敗しない為には?業者を見極めるポイントを解説

内装業者選びで失敗しない為には?業者を見極めるポイントを解説

「内装業者ってどうやって選べばいいの?」というお客様への記事です。

当記事では、内装業者選びを失敗しないためのポイントを解説していきます。

先に結論を言いますと、内装業者を選ぶポイントは下記のとおりです↓
・内装業者の得意分野を知る
・複数の内装業者から見積もりを取る
・メール、電話、対面すべてにおいて対応に違和感を感じないか

お店の内装は、一度仕上げてしまうと後の修正は簡単にはできません。

だからこそ、内装業者選びを失敗したくないと考えるのが自然ですよね。

ですが『本当に正しい内装業者の選び方』というのはあまり知られていません。

ですからこの記事を見つけたお客様は、ある意味ラッキーです。

ぜひ当記事で”正しい内装業者の選び方”を身につけてください。

そもそも内装業者はどこからどこまでが仕事範囲?

そもそも内装業者はどこからどこまでが仕事範囲?

お店作りにおける内装業者の仕事範囲は下記のとおりです↓

・インテリアや照明を設置していく
・店内の床、壁、天井をデザイン通りに作り上げていく
・設計されたとおりに水道、電気、空調設備、調理設備などを設置していく

お店のオーナーがイメージする空間になるよう、適切な材料を使いながら、店内を美しく仕上げていくのが内装業の役割です。

建築基準法や消防法に従って行わなくてはなりません。
ですから、内装業者は法律に決められたとおりに店内を作り上げていくプロでもあります。

また、飲食店や美容系、医療系など、専門領域が業者によって違うのも特徴。

内装の中にもジャンルが分かれています。

例:
・壁紙が専門のクロス職人
・ボード張りが専門のボード張工
・配電設備が専門の配電工事業者
など。

ですので、お店作りをするのに内装業者を選ぶのであれば、店舗系の内装作りに強い業者に絞って選定していくのが基本です。

失敗しない!内装業者の見極め方

失敗しない!内装業者の見極め方

お店作りに強い内装業者を見極めるには以下のポイントを押さえましょう↓

・内装業者の得意分野を知る
・複数の内装業者から見積もりを取る
・接客、対応の仕方に違和感を感じない内装業者を選ぶ

それぞれ分かりやすくお伝えしていきますね。

内装業者の選定ポイント① HPの施工事例から内装業者の得意分野を知ろう!

1つ目のポイントは、内装業者の得意分野を知ることです。

内装業者の得意分野を知るには、施工事例をよく観察していきましょう。

施工事例は、各内装業者の公式WEBサイトに載っています。
施工事例の数が多い場合、お店のジャンルやカテゴリーごとに観察してみてください。

例:
・飲食店の事例が多い場合→カフェ、バー、レストランなど
・美容系の事例が多い場合→ヘアサロン、ネイルサロン、エステなど

それぞれのジャンルに絞った上で、どのくらい事例があるのか。
「カフェの事例が多い」または「美容室の事例が多い」など、偏りが見られるなら事例数が多いジャンルが得意分野だと判断できます。

また、気になる事例のお店に直接出向くのも手です。
直接WEB検索して口コミからお店の雰囲気などをチェックするのもいいでしょう。

内装業者の選定ポイント②複数の業者の見積もりを取ろう!

内装業者の選定ポイント②複数の業者の見積もりを取ろう!

2つ目のポイントは複数の内装業者から見積もりを取ることです。

複数の内装業者から見積もりを取る理由は『より良い業者と良い工事の内容』を知るため。

複数の内装業者へ見積もりを依頼することで
・そのお店の内装相場が分かる
・良い業者の見分けがつきやすくなる
・安心感が持てる業者を見つけやすくなる
からです。

複数の見積もりを取ることで「ここは良い業者だな」と、判断するための”確たる基準”が持てます。

ですから、見積もりは複数の業者から取るのが良いのです。

決して、インターネットでパッと見ただけで「ここだ!」と決断しないようにしましょうね。

内装業者の選定ポイント③スタッフの人柄や接客対応を確認しよう!

3つ目のポイントは、内装業者のスタッフの対応から判断する、という点です。

・はじめの現場調査ではきちんと記録を取っているか
・最初の『問い合わせ』での対応はどうか
・ヒアリングでの対応に違和感はないか
・こちらの質問に対する返答はどうか
・対面での接客態度はどうか
・しつこく営業してこないか
など。

たとえ施工技術が最新なものであったとしても「接客態度や対応の仕方に問題があるな」と感じるのであれば、その内装業者は選択肢から外すべきです。

お客様の大切なお店を作るのですから、そのような違和感を持ったまま内装作りをお願いするべきではありません。
心から安心できる、おまかせできる業者に出会えるまで、妥協しないようにしましょう。

施工事例の多さも業者選びのポイント

施工事例の多さも業者選びのポイント

結論、内装業者を選ぶときの条件として『施工事例が多い』という点は外さないようにしましょう。

なぜなら、施工事例が多ければ多いほど、経験値があると判断できるからです。

他にも、 
・オーナーのコンセプトを理解しようとしてくれる
・予算や売上、利益などを前もって確認してくれる
・店舗デザイン=芸術ではないことを理解している
・図面だけでなく、ラフ案やパース図などを提案してくれる
・追加工事などで、勝手に予算を上げない(事前に相談してくれる)

といった姿勢が見られる場合「良い内装業社」だと判断できますよ。

見積もり金額が高過ぎたり安過ぎる場合は要注意!

見積金額が高過ぎたり安過ぎる場合は要注意!

結論、予算オーバーしている旨を伝えた途端、極端に値下げした業者は避けるべき。

いわゆる”手抜き工事”の可能性がゼロではないからです。

飲食店などの内装工事は、材料を安いものにする、古いものにするなどで、工事内容の調整が意外とできてしまいます。

そしてその”手抜き具合”を見極めることは簡単ではありません。
ですから、極端に値下げする業者は避けるべきなのです。

良心的な内装業者なら、はじめに伝える予算の範囲内で工事内容を調整してくれます。

まとめ:内装業者はポイントを押さえて見極めよう

まとめ:内装業者はポイントを押さえて見極めよう

内装業者の選び方がわからないお客様へ、失敗しないための見極め方についてお伝えしていきました。

内装業者を選ぶポイントは次のとおりです↓

①内装業者の得意分野を知る
②複数の内装業者から見積もりを取る
③メール、電話、対面すべてにおいて対応に違和感を感じないか

特に施工事例がより多い内装業者に絞って選んでいくことをおすすめします。

また、予算に対して極端に値上げしたり、逆に値下げしすぎる業者は避けるべきです。

手抜き工事される可能性があるからだ、と心得ておきましょう。

「内装業者選びに失敗しないポイントは理解しました。ですが、うまく見分けられるか不安です」

であれば、まずはIDEALにご相談してみるのはいかがでしょう。
IDEALは様々なジャンルの店舗開業に携わっております。

お客様のコンセプトや理念など『お店を通してどんなことを提供したいか』を、豊富な経験から汲み取ることができます。

改めましてIDEALでは、
・デザイン設計
・内装工事の施工
・お店のパンフレット作り
・お店のWEBサイト作り
も、お受けいたします。

理想的なお店が出来上がるよう、悩みや疑問点に一つ一つ対応いたします。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする