2020.09.01|店舗デザイン

店舗デザインによって業務効率や集客力を上げることができる

店舗デザインによって業務効率や集客力を上げることができる

お店を構えるときに必要になる店舗デザインは、顧客や従業員に対して様々な効果を与えます。

例えば効率性を求めた店舗デザインにすれば、従業員のオペレーションがスムーズになるので、仕事もしやすくなるといった具合です。

店舗を作るにあたってどのような店舗デザインをすればいいのか、店舗デザインがどのような結果を与えるのか理解しておくと、お店を作りやすいです。

効率性のあるオペレーションを提案できる

効率性のあるオペレーションを提案できる

店舗を利用して事業を行うときには、店舗デザインにこだわりましょう。店舗デザイン1つ違うだけで業務に大きな影響が出てしまいます。

特に気をつけておきたいのがオペレーションへの影響です。オペレーションは業務連鎖という意味で使われています。

飲食店に例えると、料理の仕込みをするバックヤード部分でオペレーション、また料理をサーブするときのオペレーションがあります。

サーブというのは飲食店だと料理を運ぶという意味で使われています。飲食店ではたくさんのメニューを扱っているところもあるので、オペレーションを複雑化してしまうと業務効率が低下するため注意が必要です。

店舗を利用する顧客が多くなるほど、注文数も増えるのでさらにオペレーションは複雑化します。従業員への負担も多くなってしまうので、少人数の店舗ではまかないきれない自体になってしまう可能性も考えられます。

またオペレーションが煩雑になってしまうと従業員の労働負担も増えるため、全体の士気が下がるといったデメリットも生じます。

飲食店においてオペレーションを重視した店舗デザインは、重要な要素です。店舗デザインをするときにオペレーションを重視したデザインにすると、効率よく顧客に料理を提供できます。

例えばラーメン店だと顧客と調理した料理を置くテーブルの距離を短くします。するとウェイターが料理を顧客のテーブルまでサーブするときの時間を短くすることが可能です。

顧客のテーブルと調理した料理を置くテーブルを短くするだけでなく、従業員の動線も考えます。導線を意識した店舗デザインをすれば、スムーズに顧客のテーブルまで料理を運べます。

例えば顧客が来店するときの動線と、従業員がサーブするときの動線を一緒にしてしまうと、顧客とスタッフが同じ導線上でぶつかってしまうので注意が必要です。

スタッフの動線を顧客が遮ってしまうと、料理をサーブするときに顧客に対して道を開けることになるので配膳作業が手間取ります。そのため従業員の動線と顧客の動線がなるべくぶつからないような店舗デザインをしましょう。

店舗デザインを意識すれば顧客を効率よく確保できる

店舗デザインを意識すれば顧客を効率よく確保できる

店舗デザインをこだわれば集客につなげることもできます。例えば店舗デザインを、顧客の目を奪うようなデザインにすれば、そのお店に訪れたいという気持ちを駆り立てられる可能性も高まります。

例えばショーウィンドウを設置して、個性的な洋服などをディスプレイしましょう。またアイスクリームを販売しているお店なら、店舗全体のデザインをアイスクリームの形にしてみると話題性を上げることができます。

オブジェクトや看板などは街を行き来する時に顧客の目に入る機会が多いです。例えばファーストフードのお店は大きな看板を出しているところもあります。

ドライブスルーができるお店の場合は、車を運転している顧客をターゲットにしています。

車はすぐに止まる事ができないので、店舗の看板を小さくしたり店舗デザインが目立たなくしたりしていると、顧客は店舗が目に入る直前で飲食店だと気づく可能性が高いです。

お店の直前で店舗を認識しても、車だと通り過ぎてしまう可能性があるので来店の機会を逃してしまうのがネックです。

そのためドライブスルーができるファーストフード店は、看板や店舗のデザインを遠くからでも判別しやすいように派手な色を使い工夫しています。

遠目からでもどんなお店かわかりやすい店舗デザインにすれば、車を運転している顧客も、店舗を遠くからでも認識して車で来店の準備を行えます。

色をこだわればターゲットを絞れる

ターゲットを絞ったビジネスをするときも店舗デザインは役立ちます。

店舗デザインは顧客の心理に大きな影響を与えるものなので、ターゲットを絞った戦略をするときには、対象の職種にマッチした内装や外装を考える必要があります。

例えば店内の色調は、顧客のイメージに訴えかける力があるので知っておきましょう。特に飲食店は暖色系の色を率先して採用しています。

暖色系の色は食べ物をより美味しく際立たせてくれる心理効果があります。実際に果物や野菜、お肉などの食品を見ても暖色系の色が多いです。

新鮮な食品を扱っているお店というブランド戦略をするのなら暖色系の色を重視した店舗デザインにしてみましょう。

高級ブランド品を扱っているお店なら、対象ブランドの特徴を理解した店舗デザインにします。

例えばシックかつ高級な素材を使っている洋服を販売しているお店で、大人の男性をターゲットにしているのなら黒を基調とした店舗デザインにしましょう。

黒は高級感やモダン、威厳などをイメージさせる色としてカラーコーディネートの世界では知られています。逆にファミリー向けの低価格でポップな洋服を販売しているお店だと、橙色や白などの明るい色を使用します。

明るい色はカラーコーディネートの世界だと元気や活発、親しみやすいなどの心理影響がある色として知られています。

暖色系を利用すれば店舗に足を踏み入れやすい環境を作ることができるので、単価が低く販売個数で利益を出すタイプのお店に合う店舗デザインです。

店舗デザインをコントロールしてターゲットを絞れば、扱う商品も限定できます。そのためターゲットにした客層を効率よく集客して、利益を上げることが可能です。

店舗デザインと色は重要な立ち位置にあるものなので、内装外装ともターゲットとマッチする色にこだわりましょう。

店舗デザインはこだわれば事業に成功できる可能性も高まる

店舗デザインは集客やオペレーションを効率よく行うために利用できます。例えば仕事の効率性を求めるのなら動線を意識した店舗デザインにしましょう。

また店舗デザインを利用して車を運転している顧客を集客することも可能です。他にも外装や内装の色にこだわれば、ターゲットを絞ることもできます。

店舗デザインが事業に与える効果は少なからずあるので、自分の事業にあったデザインにすることが大事です。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする