2021.01.05|新規開業ノウハウ

テイクアウト専門店を開業するとコストが抑えられるのは本当か?

テイクアウト専門店を開業するとコストが抑えられるのは本当か?

「テイクアウト専門店を開業したい。コストが抑えられるって本当なの?」
このような疑問にお答えする記事です。

結論、テイクアウト専門店は一般的な飲食店に比べて開業、運営におけるコストが低くなる傾向があります。

その理由は、
・お店の回転率が上がる
・イートインスペース分の広さを飲食店ほど確保しなくても良い

からです。一方で「どうしてそこまで回転率が上がることが低コストになるのか」と疑問を抱くお客様もいらっしゃると存じます。

そこで当記事では、
・テイクアウト専門店に必要な設備や備品
・テイクアウト専門店がコストを抑えれる理由
・テイクアウト専門店だからこそ勝負するべきこと

を、お伝えしていきます。
これからテイクアウト専門店をオープンしたいお客様の予備知識になるよう、まとめました。

テイクアウトに必要な設備は?

テイクアウトに必要な設備は?

テイクアウト専門店で「必要な設備って何?」の答えは何を売るテイクアウト専門店なのか、に寄ります。

例えば、テイクアウト専門の
・手作りお弁当屋→調理場(コンロ、フライヤー)、冷蔵庫など
・ケーキ屋→オーブン、ショーケースなど
・パン屋→業務用ミキサー、発酵機など

ほんの一部ですが、”何を売るか”で、必要な設備はガラリと変わります。

逆にあったほうが良い設備としては、
・食洗機
・2層式のシンク

などが挙げられます。

食洗機は業務効率化を計りたいのであれば必須です。
2層式のシンクを取り入れることは、飲食店の義務になります。

逆に「あのサンドイッチ屋にはオーブンがあったし、あそこのカフェにはショーケースがあったからうちも取り入れよう」というように揃えていくのはNGです。

まずお客様がするべきことは
①テイクアウト専門店のコンセプトを決める
②コンセプトから逆算して何が必要かリストアップする

と、ステップを踏んでいくことです。

テイクアウト専門だから開店コストを抑えられる3つの理由

テイクアウト専門だから開店コストを抑えられる3つの理由

テイクアウト専門店は、一般的なレストランやカフェよりもコストが抑えられると言われています。

その理由は以下の通りです。

①少人数で営業できるから
②お店が小さくても良いから
③客数に縛られなくて済むから

順に詳しくお伝えしていきますね。

テイクアウト専門店が低コストな理由①少人数で営業できるから

1つ目の理由は、少人数で営業できる点です。

極論、オーナー自身が一人で営業することもできます。他にも、
・レストランの様なホールサービスが無い
・スタッフの配置が最低限で済む
・結果、人件費が抑えられる

という点から、コストが抑えられる要素です。

テイクアウト専門店が低コストな理由②お店が小さくても良いから

テイクアウト専門店が低コストな理由②お店が小さくても良いから

2つ目の理由は、お店の規模がレストランほど大きくなくても良い、という点です。

テイクアウト専門店は客席が必要ありません。
最低限必要なのは、
・キッチン
・販売スペース
・レジカウンター

で、メニューによってはこれらが揃えば開業、運営できます。
具体的な広さとしては、4~10坪ほどで足りるでしょう。(もちろん、コンセプトに寄りますよ)

通常、内装工事費などは『坪単価』で計算されることが一般的です。
お店の規模が小さければ小さいほど「実は内装工事費が抑えられる!」と、お客様にとって嬉しいことにも繋がります。

テイクアウト専門店が低コストな理由③客数に縛られなくて済むから

3つ目の理由は、客数に縛られなくて済む、という点です。

テイクアウト専門店なので客席を必要としません。
”客席が無い”ということは、”顧客の数に限りが無い”ということになります。

つまり『満席が理由で顧客を逃してしまう』なんてことがありません。
そして『商品がある限り、ずっと売り続けることができる』ということです。

もちろん、商品の提供に時間がかかってしまえば、その分多くの商品を売り続けることは出来ません。
ですが基本的には商品がある限り、お店の閉店時間まで売り続けることができます。

結果、運営にかかるコストが抑えられることに繋がります。

テイクアウトはフードメニューで勝負

テイクアウトはフードメニューで勝負

テイクアウト専門店が売上をしっかりとプラスにしていくには、フードメニューで勝負し続けなくてはいけません。

商品を買って持ち帰るだけなら、コンビニやファーストフードが定番と言えます。
そうではなく、なぜ人々はテイクアウト専門店を利用するのか。

それはきっと、コンビニやファーストフードよりも”良いものを食べたい”からですよね。

『どのようにしてコンビニやファーストフードとの差別化ができるかどうか』
が、テイクアウト専門店として成功するカギになります。

例えば、
・揚げたての唐揚げ屋さん
・焼き立てのパン屋さん
・手作りのケーキ屋さん

のような「出来たて」や「焼き立て」がアピールできるのがテイクアウト専門店の大きな強みになります。

テイクアウト専門店はこれからどんどん増えていく

テイクアウト専門店はこれからどんどん増えていく

これからテイクアウト専門店をオープンしたいお客様へ、テイクアウト専門店が低コストで済む理由を紹介しました。

「低コストで開業できる」
「どんどんニーズが高まる」

といったパフォーマンスの良さから、これから「テイクアウト専門店を開きたい!」と考える開業者も増えてくるでしょう。

その中でいかに、他と差別化し、経営をプラスにしていくか。
その答えは、コンセプトをきちんと設計できるか、に寄るでしょう。

”コンセプト決め”という土台作りがしっかりできていないと、開店当初が良くても、その先の経営がプラスになる可能性は低くなってしまいます。

コンセプトは細かいくらいに決め、計画的にテイクアウト専門店を作り上げていきましょう。

「テイクアウト専門店が低コストで済むのは分かった。それでも内装や外観にはこだわりたいな」

そんなお客様の助けになるのが”Ideal”です。

テイクアウト専門店を含む飲食店の開業に強いIdealであれば、
・内装デザインの設計、施工
・開業における必要な手続き

を代行することが可能です。
お客様が理想とする飲食店が出来上がるよう、一つ一つ丁寧に対応致します。

まずは一度、ご相談してみてはいかがでしょうか。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする