2022.11.28  2022.11.26|店舗デザイン

店舗に天井をデザインするポイント!役割・形状・施工事例・工事費用

店舗に天井をデザインするポイント!役割・形状・施工事例・工事費用

本記事で、店舗に天井をデザインするポイントを解説します。店舗における天井の役割から施行できる天井の形状、施工事例、工事費用までご紹介します。

「店舗にどのように天井をデザインすればいい?」「施行できる天井の形状を知りたい!」などとお悩みではありませんか?店舗の開業や移転、リニューアルなどをご検討中の方は、ぜひご覧ください。

店舗における天井の役割

店舗における天井の役割

店舗の内装をデザインする前に、天井の役割を確認しましょう。役割を正確に把握することで、理想的な内装デザインを実現しやすくなるからです。

空間の快適性を保つ

まず空間の快適性を保つことが、店舗における天井の役割です。天井の厚みや素材、高さなどによって、内装空間の快適性は左右されます。例えば天井が施工されることで、屋根裏に蓄積される埃などの落下を防止可能です。

また空気には温かくなるほど上昇して冷たくなるほど下に溜まる性質がありますので、天井の高さによって内装空間の温度や湿度が変化します。さらに天井の素材や色によって、内装空間の明るさを調整できます。

店舗のコンセプトを表現する

次に店舗のコンセプトを表現することも、店舗における天井の役割です。壁や床と同様に、内装空間の広い面積を占めます。内装全体の統一感を出しながら、天井の素材や配色などを工夫しましょう。

店舗のコンセプトはさまざまです。例えば高級宝石店であれば、販売する商品のグレードに合わせて、天井材や照明などのグレードも検討します。反対に大衆居酒屋であれば、気楽にゆったりと過ごしてもらえるように、天井を含めて内装空間をデザインしましょう。

店舗に施工できる天井の形状

店舗において天井が役割を果たせるように、適した形状を選びましょう。店舗に施工できる天井の形状を取り上げながら、特徴や注意点をご紹介します。

スケルトン天井

スケルトン天井

スケルトン天井は、配管や配線、鉄筋コンクリートがむき出しの状態です。ボードが貼られていない分だけ天井が高くなり、広々とした空間を演出できます。また洗練さやスタイリッシュさを出しやすいです。

なおスケルトン天井も含まれる「打ちっぱなしコンクリート」について解説していますので、次の記事も併せてご覧ください。

平天井

平天井

平天井は、床に対して平行に天井材が施工されている形状をしています。和室や洋室を問わずにマッチしやすい点とコストを低く抑えやすい点が特徴です。

したがって内装デザインにこだわりがないなら、平天井がおすすめです。内装の統一感を出せるように、壁や床と合わせてデザインを検討しましょう。次の記事も併せてご覧ください。

傾斜天井

傾斜天井

傾斜天井は屋根の形状に沿って斜めに施工されており、三角屋根や片流れの屋根に合う形状です。高さを確保して開放感を出せる点と天窓を設置して明るさを確保できる点がメリットです。

ただし他の形状よりも、デザインと工事にコストがかかる点がデメリットになります。予算を確保でき、デザイン性を高めたいときにご検討ください。店舗外観とのバランスも重要ですので、次の記事も併せてご確認ください。

折上げ天井

折上げ天井

折上げ天井は、中央を凹ませて周りより一段高く見せる形状をしています。一段高い部分に間接照明を施工すると、店舗のおしゃれさを出しやすいです。また高くなった天井部分に開放感が生まれるため、空間を広く見せる効果も期待できます。

なおデザイン性を強調するためには、凹ませた部分と周りの天井の素材を変えましょう。また什器とのバランスも重要ですので、次の記事も併せてご覧ください。

下がり天井

下がり天井

引用:食べログ「せき亭」

下がり天井は、天井の一部が低くなるように仕上げられている形状をしています。デザイン性があり、おしゃれな店舗空間を演出しやすいです。

また広いフロアの一部分に下がり天井を施工すると、落ち着いた空間を演出できます。ただし間取りによってはコストが高くなるので、予算を検討しましょう。

店舗に天井をデザインするポイント

施工したい天井の形状を選んだら、店舗に天井をデザインするポイントをご紹介します。見た目のおしゃれさだけではなく、店舗の業種・業態やコンセプトなどに適した天井をデザインしましょう。

店舗のコンセプトを明確にする

まず店舗のコンセプトを明確にする点が、店舗に天井をデザインするポイントです。例えば気軽に来店してもらえるカジュアルな店舗をデザインするなら、スケルトン天井や平天井に清潔感のある白やグレーを配色しましょう。

なお店舗のコンセプトを設計するためには、市場調査をして消費者ニーズや競合店を分析することが重要です。次の記事で詳しく紹介していますので、併せてご覧ください。

店内空間を演出する

次に店内空間を演出する点も、店舗に天井をデザインするポイントです。店舗の業種・業態を踏まえて、顧客の入店から商品・サービスの提供、退店までの流れを想定して、店内空間を演出しましょう。

例えばサロンの狭いフロアに折上げ天井で高低差を出すと、開放的な空間を演出しやすいです。反対に飲食店の広いフロアの一部分に下がり天井を施工すると、落ち着いた空間を演出できます。

内装全体の統一感を保つ

また内装全体の統一感を保つ点も、店舗に天井をデザインするポイントになります。天井の見た目だけを追及するのではなく、壁や床の素材や色味とのバランスを検討しましょう。あえて天井部分に装飾や天窓、照明などを施工して目立たせるデザインも可能です。

例えばオーガニック食品の販売店の内装をデザインするなら、壁や床、天井に天然素材(木材や漆喰などを)がマッチします。夜にお酒を飲みながら会話を楽しんでもらえるスナックなら、壁や床、天井に落ち着いた色味を配色しましょう。店舗におしゃれな壁をデザインするコツもご覧ください。

照明にこだわる

さらに照明にこだわる点も、店舗に天井をデザインするポイントです。店舗における照明の効果は、次のとおりです。

  • 内装の雰囲気を演出する
  • 商品やサービスの魅力を引き立てる
  • 集客や売上の向上につながる

店舗のコンセプトによって、温かみのある照明や華やかさのある照明を選びましょう。次の記事で店舗におしゃれな照明をデザインするポイントを解説していますので、併せてご覧ください。

機能性に配慮する

なお店舗に天井をデザインするときには、機能性に配慮する点もポイントです。集客率や顧客満足度を高めるために、見た目はもちろん快適さや業務効率の観点から天井の素材や形状を検討しましょう。

天井材には、さまざまな機能(防火や防音、消臭、採光、調湿、防汚など)があります。例えば火を扱う飲食店なら、厨房の内装に防火や消臭などが求められます。リラックス空間を提供するサロンなら、施術室の内装に防音や調湿が必要です。

店舗の天井施工事例

店舗に理想的な天井をデザインできるように、施工事例を調査しましょう。IDEALの天井施工事例を取り上げながら、上記のデザインポイントが活かされている点をご紹介します。

スペースを広げるスケルトン天井

スペースを広げるスケルトン天井

「CLUB PILATES(クラブピラティス) 流山おおたかの森」様は、アメリカに本社のあるグループピラティス専門のフィットネススタジオです。フロアの開放感を出せるように、スペースを広げるスケルトン天井がデザインされました。

内装空間全体は、アメリカ本社から届いた図面や資料を基にデザインされています。清潔感と開放感を演出できるように、白やグレーを基調としながら爽やかなブルーが配色されました。

コンセプトを表現するスケルトン天井

コンセプトを表現するスケルトン天井

「CPG GOLF Tokyo store(シーピージーゴルフトーキョーストア)」様は、スタイリッシュなゴルフライフをコンセプトにするゴルフウェアストアです。スタイリッシュさというコンセプトを表現するスケルトン天井がデザインされました。

内装全体の統一感を保てるように、ブランドカラー(シルバーとブラック)が壁や床、天井に配色されています。スタイリッシュな空間に温かみを加えるように、オレンジ色の照明がアクセントとして輝いています。

コストダウンとおしゃれさを両立させるスケルトン天井

コストダウンとおしゃれさを両立させるスケルトン天井

「メディカル・フィット24」様は、施術エリアとジムエリアを提供するハイブリッドジムです。コストダウンとおしゃれさを両立できるようにスケルトン天井がデザインされて、柱も打ちっぱなしコンクリートで仕上げられています。

内装全体はシンプルな配色(グレーとホワイト、シルバー)です。エントランスに柔らかい印象が出るように、丸みを帯びた壁やカウンターが施工されています。

デザイン性のある平天井

デザイン性のある平天井

「ほほえみたいよう保育園」様は、株式会社ライブフィールドピースが母体となった企業主導型保育園です。エントランスにはデザイン性のある平天井がデザインされて、雲模様のクロスと海の家を連想させるパーゴラ(木材でつくられた屋根)が施工されています。

内装空間は、園児の成長という大冒険をイメージさせる「海」をコンセプトにデザインされました。海を大冒険しながら成長するように、各年代の教室のテイストに変化(「太陽の降り注ぐ海」、「清々しい海風」、「海底の水面」など)が付けられています。

間接照明を利用した折上げ天井

間接照明を利用した折上げ天井

「YASUOKA DENTAL OFFICE UMEDA(ヤスオカデンタルオフィスウメダ)」様は、「人生を好転させる歯科医療」をコンセプトにする歯科医院です。ラグジュアリーな内装空間にマッチするように、エントランスと廊下に間接照明を利用した折上げ天井が施工されました。

一流サービスを提供するホテルのようなラグジュアリー空間を目指して、内装空間全体がデザインされています。黒いクロスで落ち着いたカウンセリングルームや白いクロスで清潔感のある施術室がレイアウトされています。

店舗の天井工事費用

店舗の天井工事費用

デザインした天井を実現できるように、天井工事費用を確認しましょう。予算内に工事費用を収めるには、あらかじめ費用の相場と内訳を把握する必要があります。工事費用の節約方法も併せてご紹介します。

費用の相場

店舗の天井工事費用の相場は、5~50万円程度です。ただし工事の内容や素材、物件の種類や広さなどによって変動します。

物件の種類には、スケルトン物件と居抜き物件があります。スケルトン物件は内装(床や天井、壁など)や設備(厨房や造作家具など)が施工されていない状態ですが、居抜き物件には前借主が施工した内装や設備が残されています。次の記事で比較していますので、併せてご覧ください。

費用の内訳

店舗天井工事費用の内訳を表にまとめました。

内訳費用
天井の解体10万~20万円程度
打ちっぱなしコンクリート20万~40万円程度
ボードやクロスの張替え1千~2千円/㎡程度
塗装1千~2千円/㎡程度
内窓5万~20万円/箇所程度
合計5万~50万円程度

スケルトン物件なら躯体のコンクリートが露出されているため、天井の解体費用がかかりません。居抜き物件の天井をリフォームするなら、天井の解体とボードやクロスの張替えが必要になります。

またクロスやボードか塗装かによって費用は変動しませんが、工期や仕上がりの質感などが異なります。工事日程やコンセプトを踏まえて、工事内容を決めましょう。採光やデザイン性のために、内窓を施工することも可能です。

費用の節約方法

店舗天井工事費用の節約方法には、次のとおりです。

  • 居抜き物件の天井を活かす
  • 相見積もりを取る
  • 型落ちや中古の天井材を選ぶ
  • 天井材のブランドやメーカーを検討する

まず居抜き物件の天井を活かすと、天井だけではなく壁や床も施工されている分だけ、内装工事費用を抑えることが可能です。ただし前店舗のコンセプトとマッチしない場合には、改装工事費用がかかるためご注意ください。店舗物件の探し方について紹介していますので、次の記事も併せてご覧ください。

次に相見積もりを取ると各業者の見積もりを比較できるため、適正な工事の内容と費用を提案できる業者を選べます。内装業者の選び方を紹介していますので、次の記事も併せてご覧ください。

また型落ちや中古の天井材を選ぶと、天井工事の材料費を抑えることができます。また店舗の経営者や従業員が材料を調達すると、手数料を抑えることも可能です。ただし工事を依頼する業者に対応可能であるかを確認してください。

さらに天井材のブランドやメーカーを検討することでも、天井工事の材料費を抑えられます。見た目や機能性などの希望に優先順位を付けたうえで、なるべく安い天井材を探しましょう。

店舗に機能的でおしゃれな天井をデザインしよう!

店舗に機能的でおしゃれな天井をデザインしよう!

店舗の天井は快適な空間を実現して、店舗のコンセプトを表現する役割を担います。業種・業態や物件の種類などに応じて適した形状や素材を選んで、店舗に機能的でおしゃれな天井をデザインしましょう。

IDEALは店舗全般のコンセプト設計から資金調達、物件探し、内外装のデザイン・工事、集客までのワンストップソリューションをご提供しております。

下のキーワードをクリックして、店舗デザインや開業準備などの関連記事もぜひご覧ください。また店舗の開業や移転、リニューアルなどをご検討の際は、ぜひご相談ください。

キーワード :

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

監修者

IDEAL編集部

日本全国の美容室・カフェ・スポーツジム等の実績多数!
店舗づくりをプロデュースする「IDEAL(イデアル)」が運営。
新規開業、店舗運営のお悩みや知りたい情報をわかりやすくお届けいたします。

> IDEALの編集者ポリシー

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする