2021.06.08|店舗運営ノウハウ

サブスクや会員制の飲食店が増えてきた背景【お店作りのプロによる解説】

サブスクや会員制の飲食店が増えてきた背景【お店作りのプロによる解説】

「サブスクや会員制ってどんなお店に合うんでしょうか」
「サブスク化がこんなに流行っている理由ってなんでしょう」
というお客様への記事です。

この記事で伝えていること↓
・サブスクを導入しているお店のタイプ
・サブスク、会員制を導入するメリット

これまで数多くのお店作りに携わった、IDEAL(の中の人)が、どこよりも分かりやすくお伝えしていきますね。

コロナ化で厳しい状況が続く飲食業界。
経営回復の切り札として”サブスク”を導入する飲食店が増えてきました。

『サブスク=顧客だけがお得』とイメージされがちですが、飲食店にとってもメリットがあるんですよ。

ここから先は『サブスク化が飲食店でも流行っている理由』を解説していきます。

お客様には「サブスク、会員制の良し悪しを理解し、飲食店への活かし方がちゃんと分かっている人」と、なっていただきますね。

サブスクとは

サブスクとは

サブスクとは、サブスクリプション(subscription)の略です。

語源としては、雑誌の予約講読や年間購読という意味からきています。

最近の傾向では、商品やサービスを一定期間、一定額で利用できるような仕組みがよく見られますね。

たとえば
・月額制のVOD
・定額制の音楽配信サービス
・定期購読型のWEBマガジン
・毎月届けられる宅配型食品サービス
などが挙げられます。

この『毎月お金を払ってもらって、サービスや商品を提供するスタイル』が、飲食店や美容系サロンの中でも広がっているのです。

サブスクが増えているのはどんなお店か

サブスクが増えているのはどんなお店か

現在いろいろなタイプのお店が、サブスクや会員制を導入しています。

例として3つ挙げましょう↓

・焼肉店
・美容サロン
・コーヒーショップ、カフェ

それぞれ詳しくお伝えしていきますね。

サブスクを導入しているお店 例①焼肉店

まずは『焼肉店』です。

焼肉店でサブスクを導入するとしたら、
・国産高級お肉の1時間だけ食べ放題
・2時間だけアルコールを含む飲み放題
・3人以上のグループ利用がお得になる
などのサービス内容になるでしょう。

顧客にメリットがありつつも、お店の純利益が上がるような内容でなければなりませんからね。

サブスクを導入しているお店 例②美容サロン

サブスクを導入しているお店 例②美容サロン

2つ目は『美容サロン』です。

美容サロンにサブスクを導入すると、
・新規顧客の獲得
・顧客の定期継続
につながりやすくなりますよ。

サービス内容としては
・ヘッドスパ
・部分カット
・トリートメント
・シャンプー&ブロー
などが挙げられるでしょう。

できるだけ『短時間でサッとできる』を意識したサービスが良いですよ。

なぜなら
「デートの前にパッとキレイにしたい」
「仕事帰りにスッキリしたい」
といった形で利用されやすくなるからです。

サブスクを導入しているお店 例③コーヒーショップ 、カフェ

3つ目は『コーヒーショップ、カフェ』です。

コーヒーショップでサブスクを取り入れるとしたら
・飲み放題にする
・コーヒー豆の定期購入
・1日、1〜2杯無料で飲める
といった形になるでしょう。

カフェを利用するノマドワーカーやテレワーカーが増えているので、需要が高いと言えますね。

サブスクを飲食店に導入するメリット

サブスクを飲食店に導入するメリット

サブスクを飲食店に導入するメリットをお伝えしておきます

以下の2点です↓

・収入が安定する
・顧客のデータが取りやすくなる

それぞれ詳しくお伝えしますね。

サブスク×飲食店のメリット①収入の安定化

1つ目は、収入が安定化する、という点です。

サブスクを導入することで、毎月の収入が保てるようになります。

「毎月注文が入る状態」になるからですね。

サブスクに登録する顧客が増えれば、その分固定収入が増えることになります。

たとえ来店する顧客が少ない月があったとしても「サブスクのおかげで売上が保たれた」といったケースもあります。

実店舗販売と合わせることで、今まで以上に収入UPが見込めるでしょう。

サブスク×飲食店のメリット②顧客のデータが取りやすい

サブスク×飲食店のメリット②顧客のデータが取りやすい

2つ目は、顧客のデータが取りやすくなる、という点です。

「サブスクを利用する」ということは「会員登録をする」ということですよね。

会員登録では、おもに
・名前
・生年月日
・LINEやメールアドレス
などの情報を入れることになります。

顧客に合わせて、
・新サービスの告知をする
・お得なキャンペーンの”お知らせメール”を送る
といったように、顧客にリーチしやすくなりますね。

また、顧客の購入データから
・商品が売れる時期、時間
・本当に人気な商品はどれか

が分かるので、統計、分析しやすくなります。
こうした情報を元に、新しいメニューやサービスを考えられますね。

結果、リピーターが増えていくことにつながりますよ。

サブスクに合わせてミニマルスタイルで開業するお店が増加中

サブスクに合わせてミニマルスタイルで開業するお店が増加中

サブスク化に合わせて、お店そのものを”ミニマルスタイルにする”といったケースも増えています。

その理由は『人が求めるものが、モノから”コト”に変わってきた』からです。

「顧客が本当に必要だと思うものだけを提供する」

そんなミニマルスタイルなお店の方が「わたしのためのお店だ」と感じる人が多くなってきました。

そのような人が増えてきた理由は、”多様化”にあります。

ライフスタイルの多様化が広がり、個人を尊重する社会へと変化してきました。

「みんなが持っているから欲しい」ではなく「身の丈に合った、自分にとってちょうど良いモノが欲しい」と変わってきたということです。

そんな「あなたのためのお店」を提供する手段の1つとして、サブスクを導入するお店が増えてきているんですよ。

まとめ:サブスクの導入で飲食店の在り方を多様化しよう

まとめ:サブスクの導入で飲食店の在り方を多様化しよう

「飲食店にサブスクを導入するのってどうなの?」というお客様へ、サブスクのメリットをお伝えしてきました。

これまでは、ネット経由やその場で注文された分だけが、売上に直結するスタイルが一般的でした。
それが、サブスクの導入で、収入の柱が増えるわけです。

その日の来店数に依存する必要がなくなる、ということですね。

サブスクを導入することで「今月は全然お客さんが来なかった。売上が上がらないよ……」なんてことが避けられるかもしれませんよ。

今まで以上に安定した収益が見込まれるでしょう。
また、 “リピーターや新規顧客の獲得”も期待できますね。

これを期に、開業と同時にサブスクの導入を前向きに検討してみてはいかがでしょう。

「サブスクの良さは分かったけど、お店のレイアウトが決められないし、そもそも開店準備がちゃんとできるか不安なんです!」ということであれば、飲食店に強いデザイン施工会社に相談する、というのも一つの手です。

中でもIDEALであれば、お客様の「こんなお店にしたい」という考えを、ひとつひとつ汲み取ってデザインに落とし込むことができます。

お客様の考えを汲みとれる理由は、これまで多くの飲食店オープンに携わってきたから。

これから初めてお店を作り上げるのに、しっかりとデザインを考えるのは簡単なことではありません。
ですが「こんな風にしたい」というお考えがあるのは理解できます。

IDEALは、その「こんな風にしたい」を、再現できるのです。
ぜひ一度、相談されてはいかがでしょう。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする