2020.08.31|店舗デザイン

店舗内装のデザインや装飾がもたらす影響について

店舗内装のデザインや装飾がもたらす影響について

売り上げが高い人気店舗は良い品を安く売るというイメージがあります。

もちろん売り物にこだわることも大切ですが、それ以外に店舗内のデザインが売れ行きに影響をもたらしている可能性は否定できません。

同じ業種、同じ売り物でも店舗内の雰囲気で人気の度合いが異なる場合があります。店舗に賑わいを持たせるデザインや装飾のあり方について学びましょう。

デザインのイメージと見る人の意識の関係

デザインのイメージと見る人の意識の関係

店舗内のデザインはその多くが特定の目的に沿って決められています。小売店なら購買意欲を向上させる、飲食店なら食欲を感じさせるなど業種によって様々です。

打ちっぱなしの壁や天井だけで構成された無機質な感じの店舗もありますが、このような店舗は敢えて何も感じさせない作りにして商品やサービスを引き立たせるのが目的です。

しかしこの方法は絶妙なバランス感覚に基づいたデザインセンスが要求されるので、誰でも簡単にできるわけではありません。

この方法で成功している店舗のデザインを安易に真似してもほとんどの場合、面白みを感じさせない陰気な感じになってしまいます。

店舗内のデザインは見よう見まねで作るものではなく、その店舗の方向性を熟知することが重要と言えます。

デザインは単に華やかな雰囲気を演出するだけではなく、見る人の意識を変化させる効果もあるとされています。人が生活する中で様々な情報に触れ、その中で普遍的なイメージを抱くようになります。

店舗のデザインは訪れる多くの客やそこで働く店員が持つ普遍的なイメージに基づきつつ、独自の個性を加えて他とは異なる雰囲気にすることが重要なポイントと言えるかもしれません。

丸いデザインは柔らかく家庭的な温もりを感じさせる、鋭く尖ったデザインは知的でスタイリッシュだが冷たい感じがするなど、ありきたりではあるものの多くの人が共感するイメージが付いて回ります。

その点を正しく認識することが優れたデザインに仕上げるひとつの方法とも考えることができます。

業種ごとに異なる優れたデザインの特徴

業種ごとに異なる優れたデザインの特徴

店舗デザインはそのお店の業種が持つイメージを膨らませることが重要なポイントかもしれません。

一般的なイメージとは敢えて異なるデザインにすることで他との差別化を図る方法もありますが、強いインパクトを与えることができる一方で飽きてしまうリスクがあることも無視してはいけません。

広く浸透しているイメージはありきたりでつまらないとネガティブに解釈することもできますが、なぜそのようなイメージが固定したのかを冷静に考えるのが優れたデザインにするための大切な考え方のひとつです。

多角的な見方で捉え、様々な可能性を考慮することでそのイメージが定着した理由を理解することができるかもしれません。定番と呼ばれるものは相応の理由があることを忘れてはいけません。

常に大勢の人が訪れ、売れ行きも好調な人気店の多くはその空間にいることが心地良い、もう一度訪れたいと思わせる秀逸なデザインになっている共通点があります。

家族世帯向けの店舗なら家庭的な温もりを感じさせるデザイン、シニア層向けなら淡い色合いで落ち着いたデザインなど同じ業種でも客層に合わせてデザインを決めているのが特徴です。

複数の異なる客層を相手にする人気店は一見すると淡白でありきたりなデザインになっている所が多いものの、決して無個性なわけではありません。

ありきたりにすることで想像の余地を残し、お店を訪れた客のひとりひとりが異なる雰囲気を感じるように工夫されていると言えるでしょう。

そのため、考え方や価値観が異なる大勢の人に受け入れられています。

店舗を構える業種は様々ですが、利用客の滞在時間で大別することができます。小売店など商品を販売する業種は短時間、飲食店やエステサロン、美容院などサービスを提供する業種は長時間の滞在になりやすい傾向があります。

利用客が店舗に滞在する時間もデザインの方向性を左右すると言えます。小売店は多くの客を相手にすることが多く、回転率を高くする必要に迫られます。

買い物が済んだら速やかに退店してもらう方が好都合なので、小売店のデザインは長く居続けることに違和感が生じるような、落ち着きにくいものになっている所が少なくありません。

その一方でサービスを提供する業種は楽しい気分で長く居続けてもらうことが重要になります。そのため、緊張せず穏やかな気持ちになるデザインが採用される傾向にあります。

店舗デザインは客以外にスタッフのことも考えて決める

店舗デザインは客以外にスタッフのことも考えて決める

来客数増加を見込めるデザインは業種ごとに一定の方向性があると言えますが、店舗にもっとも長く居続けるスタッフへ配慮することも忘れてはいけません。

デザインや装飾は店舗を訪れた客だけではなく、そこで働くスタッフにも影響をもたらす可能性は否定できません。

仕事へのモチベーションが大きく変わるかもしれないため、店舗デザインを決めたり装飾を施す際はその点を注意する必要があると言えるでしょう。

売り上げや来客数の増加を期待しつつ、店舗に居続けるスタッフが快適に働くことができるように気を配るのがデザインを決める際の大きなポイントと考えられます。

そのため、デザインや装飾については素人の直観ではなく、必要な知識を持っているプロの計算で決めるのが無難な選択になるでしょう。

プロのデザイナーへ依頼する場合、知名度や料金も選択肢に含まれますが、それ以上に過去の実績を重く見るのが賢明な判断と考えられます。

特に同じ業種の店舗内デザインをどれだけ手掛けているか、その店舗の売り上げやスタッフの定着率はどれほど変化したのかを把握することが良い結果を得るための条件と言われているので、安易に即決せず熟考してから決めるように心がけます。

また、相性の良し悪しもあるので他の店舗と必ずしも同様の結果になるとは言い切れません。流行や世間一般のイメージ、店舗で働くスタッフの意見など様々な点を考慮したうえで判断するのが賢明です。

店舗デザインの正解はひとつではない

世間一般のイメージを尊重しつつ、独自の個性を盛り込むのが他との差別化を図る方法です。

同業他社に埋没せず、自分だけの個性を表現することがその店舗の人気を上げる秘訣ですが、店舗デザインには決まった正解は存在しないとも言われています。

時代ごとの流行や店舗スタッフの仕事への意気込みなど、様々な要因が影響すると考えられているためです。安易な即決は避け、多角的に考えて決めることが重要と言えるでしょう。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする