2020.12.26|新規開業ノウハウ

スナック、キャバクラの開業に必要な資格、許可と内装について

スナック、キャバクラの開業に必要な資格、許可と内装について

「スナック、キャバクラを開きたい!どんな資格や許可がいるの?どんな内装にしたら良い?」という疑問にお答えする記事です。

結論から言いますと、スナック、キャバクラを開業するには、取得必須な資格2種類と、ある営業許可が求められます。

また、内装はコンセプトを細かく決めてからデザインを設計しましょう。
なぜなら『豪華絢爛な空間にしたい』や『VIP感が感じられる特別な空間にしたい』などのコンセプトが決まらなければ、統一感のない内装になってしまうからです。

そこで当記事では,
・スナック、キャバクラに必要な資格と許可
・スナック、キャバクラの内装デザインの決め方
・スナック、キャバクラの内装に合う素材や家具の決め方

を、お伝えしていきますね。

スナック、キャバクラの開業に必要な資格と許可について

スナック、キャバクラの開業に必要な資格と許可について

スナック、キャバクラの開業に必要な資格と許可(認可)は以下の通りです。

[必要な資格]
・食品衛生責任者
・防火管理者

[必要な許可、認可]
・食品営業許可
・風俗営業許可
・深夜酒類提供飲食店営業の許可

順に詳しくお伝えいたしますね。

スナック、キャバクラの開業に必要な資格

[食品衛生責任者]
◇どんな資格?
→・お店に最低1人はいなければならない
 ・食中毒を防ぐ、正しい方法で食事を提供するため(食品衛生法違反を起こさない)の管理者

◇どうやって取得する?
→各都道府県の保健所が主催の『食品衛生責任者養成講習会』(約6時間)を受講することで取得できる
参考サイト(東京都の場合)

◇なぜ必要なのか
→・お店で調理した食事の提供がある飲食店は全て必要な資格
 ・『食品衛生責任者』の資格がなければ『飲食営業許可』をもらえないから


[防火管理者]
◇どんな資格?
→・火災防止、または火災が起きたときに正しく人々を避難できる管理者 

◇どうやって取得する?
→消防署の『防火・防災管理講習』(約1日~2日)を受講することで取得できる
参考サイト

◇なぜ必要なのか
→・お店の収容人数(顧客+スタッフ)が30人以上の店舗の場合のみ必要
 ・火災を防ぐ、火災が起きた時の人々の命、財産を守るためにある

スナック、キャバクラの開業に必要な許可

スナック、キャバクラの開業に必要な許可

[食品営業許可]
◇どんな許可?
→食品、食事の提供があるお店なら必ず取得しなければならない許可

◇どうやって取得する?
→・『食品衛生責任者』の資格が求められる
 ・各都道府県の保健所に『営業許可書』などの必要書類を提出


[風俗営業許可]
◇どんな許可?
→顧客への接待サービスを提供するのに必要な許可

◇どうやって取得する?
→各都道府県の警察署に『許可申請書』と必要書類を提出


[深夜酒類提供飲食店営業許可]
◇どんな許可?
→深夜帯(0時~6時)に営業するスナックに必須

◇どうやって取得する?
→各都道府県の警察署に『許可申請書』と必要書類を提出

『風俗営業許可』と『深夜酒類提供飲食店営業許可』の両方取得は不可

『風俗営業』と『深夜酒類提供飲食店営業』を両方取得することは、原則でできません(2020年12月の現在)

なぜなら、『深夜酒類提供飲食店営業』の場合”一切の接待をしてはならない”と定められているからです。

もし、深夜酒類提供飲食店営業許可を警察署から取得した場合、深夜0時~翌朝6時の間は、
・カウンターを出て顧客の相手(接待)
・カラオケやデュエット、手拍子

などができませんので注意して下さい。

スナック、キャバクラの顔でもある内装は”ゴージャス感”か”VIP感”を演出しよう

スナック、キャバクラの顔でもある内装は”ゴージャス感”か”VIP感”を演出しよう

スナック、キャバクラの内装や雰囲気は”お店の顔”です。

”お店の顔”次第で売上、経営が大きく左右されてしまうことを心得ましょう。
いくら魅力的なスナックのママやキャバ嬢がいても、お店の雰囲気に違和感を与えてしまうと、リピーターになってくれません。

顧客が「安っぽいな、あまり豪華じゃないな…」と感じる中で、高級なお酒を飲みたいとは思いません。

コンセプトによりますが、スナックやキャバクラをオープンしたいのであれば”ゴージャス感”や”VIP感”を感じさせるような内装にしましょう。

スナック、キャバクラの内装に適した素材や家具の決め方

スナック、キャバクラの内装に適した素材や家具の決め方

スナック、キャバクラは飲食店でもあります。
結論、”掃除のしやすさ”や”管理のしやすさ”などの機能面も重視しましょう。

スナック、キャバクラに適した内装として
・壁材
・床材
・照明
・家具

に沿ってお伝えしていきますね。

スナック、キャバクラに適した内装①壁材

スナック、キャバクラに適した内装①壁材

1つ目は、壁材についてです。
壁は、目に入った時の豪華さや雰囲気が伝わる大きな要素になります。

・ウッドタイル
・蛇柄のクロス
・鱗のようなリブ材
・ウェーブ柄などの立体壁パネル

などが挙げられます。
色味や見た目の雰囲気は、コンセプトに合ったものを選びましょう。

スナック、キャバクラに適した内装②床材

スナック、キャバクラに適した内装②床材

2つ目は、床材についてです。
床材は、豪華さを感じられるものよりも、機能面を重視しましょう。

・大理石
・長尺シート
・磁器タイル
・フロアタイル
・モルタル、セラミックタイル

などが挙げられます。
掃除のしやすい、手入れしやすい素材を選ぶと管理が楽になります。

スナック、キャバクラに適した内装③照明

スナック、キャバクラに適した内装③照明

3つ目は、照明です。
抑えるべきは”明るすぎない”照明を取り入れることです。

[スナック]
・間接照明
・ダウンライト

[キャバクラ]
・シャンデリア
・ダウンライト
・装飾付きのランプ

など、スナックとキャバクラ、それぞれの雰囲気、コンセプトに合わせた照明を取り入れるようにしましょう。

スナック、キャバクラに適した内装④家具

スナック、キャバクラに適した内装④家具

4つ目は、家具類です。
家具類は以下のようなものを揃えましょう。

[ソファ、スツール]
・へたりにくい素材(革製など)
・シックさ、高級感を感じるもの
・丸みを帯びたきれいなフォルムのもの

[テーブル]
・ツヤ感を感じるもの
・高級感を感じる素材

コンセプトによりますが、オススメはクラシカルビンテージ風の家具が良いでしょう。
高級感を与えつつも、どこか馴染みのあるデザインだからです。

スナック、キャバクラの雰囲気を作り出す内装はこだわろう

スナック、キャバクラの雰囲気を作り出す内装はこだわろう

スナック、キャバクラの内装はお店の雰囲気を作り出す大きな要素です。

先程「スナックやキャバクラの内装は”お店の顔”」とお伝えしてきましたが、”顔”だけではありません。
雰囲気そのものが、顧客と働くスタッフたちが心地よく過ごせるための要素でもあります。

高級だからこそ、顧客もスタッフもいかに楽しく良く過ごせるか。
スナック、キャバクラの内装は”お店の顔”であると同時に”居心地の良い空間”にすることを心得ましょう。

スナック、キャバクラの役目は顧客に”特別な時間と空間”を提供すること

スナック、キャバクラの役目は顧客に”特別な時間と空間”を提供すること

スナック、キャバクラを開きたいお客様へ、必要な資格、許可と内装についてお伝えしてきました。

スナック、キャバクラ共に、夜間の接待やお酒の提供がある分、求められる許可が多数あります。
書類を提出したとしても、確認、再度提出など、何度も手間がかかることも多くあります。

大変な思いをすることがあるかもしれません。
どうかめげずに、お客様の夢のお店をオープンして下さい。

「資格や内装については理解した。でも内装デザインをうまく決められるかな…」

そのような疑問がさらに浮かぶのであれば、ぜひIdealにご相談ください。
Idealは、お客様が作り上げたいものを丁寧に形にしていきます。

与えられた空間を存分に活かすのはもちろん、お客様の希望や願いを根本から理解するのを前提に進めていきます。

また、お客様のタスクを最小限に抑えることが可能かもしれません。
『必要な手続き、内装デザイン設計、施工』までを代行することが可能だからです。

コンセプトを汲み取ることはもちろん、急な提案や変更にもできるだけ臨機応変に対応することがIdealの強みです。

お客様の理想とする魅力的なスナックまたはキャバクラが出来上がるよう、悩みや疑問点を一つ一つ丁寧に対応させていただきます。

まずは一度、ご相談してみて下さい。

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

監修者

IDEAL編集部

日本全国の美容室・カフェ・スポーツジム等の実績多数!
店舗づくりをプロデュースする「IDEAL(イデアル)」が運営。
新規開業、店舗運営のお悩みや知りたい情報をわかりやすくお届けいたします。

> IDEALの編集者ポリシー

店舗工事のご相談・お問い合わせはこちら

店舗作り、集客の
無料見積もり・相談をする